人気ブログランキング |

タグ:清瀬市 ( 99 ) タグの人気記事

頑張った、みけ菜ちゃん(2019.5.26)

餌やりさんの経営するお店を住処にしていた看板猫の三毛猫みけ菜ちゃんは、お店の閉鎖で行き場を失いました。

更地になった店舗跡で声を張り上げて鳴いていたみけ菜ちゃん。

おうちがなくなっちゃったよ〜。
悲しいよ〜アオーン、アオーン。

行き場を失い、追い立てられ、行方不明になってしまったら、あの猫は今頃どこで何をしているのか、あの時、保護してやればよかったと、ずーっとずーっと後悔するに違いありません。 

保護します!と、手を差し伸べてくれたのは、今まで何匹もの猫を保護して看取り、きめ細かいお世話ができる猫の大ベテラン。安心してお任せできました。

そして、あっという間に、ゴロスリニャンコに大変身。

本日、譲渡会デビュー。
b0220664_21110463.jpg

ところが、緊張からか、最初から最後まで同じ姿勢でケージの奥でじっと気配を消していた、みけ菜ちゃん。

今日はご縁はなかったけど、

おうちに帰ってホッと一息。
b0220664_21145244.jpg
眠いにゃ・・・(写真撮影は保護主さん)

こんな日もあります。

また頑張りましょう!

by kiyoseneko | 2019-05-26 17:18 | 里親募集 | Comments(0)

5月定例会報告(2019年)

2019年「定例会」報告(5月18日 土曜日

 長い長いGWが終わりました。

 連休中は「高齢者が病院に行くことができず、困った」という話をいくつか聞きました。猫たちの受診や通院はどうだったのでしょうか。先月、話題になった病院一覧や休日受付の病院資料を広げずに済んだのならば、よかったです。

 さて、5月の定例会に集まったのは10名。たくさんの議題をこなしました。汗の季節、お疲れさま! 


◎検討・報告事項

1)会計報告について 

  (収入・支出報告)「新年度の予算を有意義に使いましょう」、と細かな報告。新年度早々、早速、医療費などの支出が続く。 


2)地域の学生の定例会見学について【6月予定】

  資料準備など・・・今後の参加は未定だが、見学からスタート。若いパワーとの触れあいに期待。 


)活動報告(市民・会員からの相談など) 

  ・子猫・・・住民の皆さんで子育ての見守り、里親探しへ。(2件)

  ・医療の必要な猫(中清戸など4件)や手術未確認の猫につい 

  ・置き去りにされた猫のその後について


4)行政とのつながりについて 

  ・行政(役所、ケアマネ、社協、生活支援コーディネーターなど)や動物愛護推進員との会合の報告 

   《高齢者の動物トラブルをめぐっての会合》・・・どんなニーズ?どんな助け合いができるのか?具体例など

 

5)他団体などの情報

  ①保護猫カフェねこかつ【川越】のtv番組取り上げやブログの紹介

  ②地域の情報冊子「りあん」の紹介

  ③「ねこ日和チャリテイコンサート」 6/30(日)13時~《新所沢公民館ホールにて》

  ④「飼い主のいない猫〔野良猫〕対策おはなし会」~狭山市~ 5/12の参加報告

    ・・・〔感想〕市民をはじめ、猫に関わる方々をつなぐ丁寧な準備の積み重ねによる充実した内容だった、など

  ⑤隣接市でのワナにかかった猫の救出と受診の報告

  ⑥緊急対応:近隣市(5市)の間で市を越えたボランティアさんの連携事例について


6)広報年間活動計画について

  ・広報テーマ、重点課題、イベントの内容計画とその準備日程、配布物などについて担当から提案。

   (具体的には、その都度、会員の意見交換により進めていく。)

  ・特に初めての「夏の体験ボランティア」イベントのねらい・内容・対象などの検討

  ・猫飼育初心者に向けたイベント用パンフレット作成について・・・カラー印刷で読みやすくできないか?(予算)→ 会の活動説明や飼い主のいない猫対策の説明・緊急行政連絡一覧・犯罪であることの説明手術助成などの基本的なパンフレット改訂版の作成検討と併せて、審議(内容・予算など)継続へ。

  ・各イベントの配慮点など(暑さ、掲示の仕方の配慮点・工夫など)

  ・犬の糞の始末や野良猫の避妊去勢手術の啓発のためのプレートの紹介【写真参照】


7)今月の「ねこみんタイム」

  『テーマ』・・・「猫を拾ったら、どうしますか?」(緊急対応1回目)

  (飼い猫?地域猫?地域の見守りは?拾得物届け提出は?子猫の場合は?医療・・など)

   参考資料: 会員が体験に基づき、個人用に作成した手順を図式化したもの。

  (スッキリ!)→実際は落ち着いて行動できないので、整理されていると参考になる


  次回テーマ(予定)は「緊急対応について」(2回目)・・・例)道路でケガをした猫を見つけたら?など体験交流

8)その他

  ・寄付でいただいた物品の有効活用についてなど


6月の定例会は、/15(土) 13:30開始です。  


(後記) 子猫誕生の季節、現場の報告を聞く。「広報活動で何ができるのか」・・・直ぐ目の前のことには役立たないかもしれない。だけど、数年後のためにできることはあるかもしれない。例えば、限られた予算の中でどんなパンフレットを作成すればいいのか、考え込む。今日は、広報活動計画を話し合いながら、顔や口調はどんどん固くなっていたかもしれない。たくさんの子どもたちが参加するイベントがこれから続いていく。子どもたちやその保護者にきちんと伝えることができるかな?猫たちや頑張り屋の仲間たちに「がんばれよ!」と言われているような気がする。 (文責:K・H) 


b0220664_21492992.jpg
b0220664_21463359.jpg
東京都の犬(飼い主マナー)、猫(遺棄違反・終生飼育・繁殖制限)のプレートです。
掲示する塀がない時は100均で購入したガーデンフェンスに固定すると意外に可愛いです。
小さなことですが、誰でもできる啓発ボランティアです。


by kiyoseneko | 2019-05-21 22:07 | 定例会・総会報告 | Comments(0)

子猫の季節(2019.5.17)


毎年5月過ぎから子猫の相談が寄せられます。

今年も例外ではなく、出産情報が入っています。

中でもショックなのは「餌をやっている猫が出産した」というパターンです。


猫に餌をやるなら不妊去勢手術を!!

・・・といい続けてきた猫耳の会。

この9年間が無駄だったような虚しさを覚えます。

広報や啓発が行き渡らない力不足を痛感します。

だから、もう一度、書きます。


外にいるメスの成猫は、ほぼ100パーセント妊娠します。
生まれてくる猫すべてに適切な世話ができないのであれば、
餌をやっている猫には、必ず不妊去勢手術をお願いします。


たぶん大丈夫、

子猫が生まれても育たない、

生まれたら役所が引き取ってくれる、

猫好きの誰かが飼ってくれる・・・・・。


このような他力本願は、もう、やめましょう。


清瀬市には、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術助成金があります!!
猫が増えすぎて、生活環境が悪化するのを防ぐため、
そして望まれない不幸な命を増やさないため。

飼い主のいない猫対策は、公益的な事業です。
猫耳の会は市の事業に賛同してお手伝いしています。
(当初は逆でしたが、今はこれで良いのです。)

それに、不幸な命は増やしたくないし、見たくないのです。

行政によって殺処分される猫のほとんどは、離乳前の幼い子猫です!!

この世に生を受けて数日~数週間の、可愛い盛りの無垢な子猫たちが、人の都合(収容の限界)で命を奪われ続けてきました。
この事実を、今一度、思い出していただきたいです。


「可愛い猫ちゃんに、いつもご飯をありがとうございます。

ご飯代、大変じゃないですか。

(うちにも猫が何匹もいて、大変なんですよ~)。

ところで・・・

猫が増えないように、手術していますか?」
b0220664_21490622.jpg
※ようやく目があいた子猫。爪はまだ収納できません。這うようにズリズリ移動します(イメージ写真です)


by kiyoseneko | 2019-05-17 23:11 | 地域猫・TNR活動 | Comments(0)

三毛猫「みけ菜ちゃん」里親募集!(2019.5.15)

久しぶりの里親募集です。

駅の近くで餌をもらっていた三毛猫さん。

餌やりさんの事情で取り残され、ある晩、悲しげに鳴いていました。

通りかかった方が不憫に思いました。

ここでよく見かけていた猫だったからです。

悩んで悩んで…保護を決意!!


最初は警戒していましたが、今はすっかりベタベタの甘えっこです。

名前も付けてもらいました。

みけ菜ちゃん♪
b0220664_21514619.jpg

路頭に迷う寸前、保護してもらった強運の子。
近々、譲渡会に出る予定もあるそうです。

どうぞ宜しくお願いします。


by kiyoseneko | 2019-05-15 21:12 | 里親募集 | Comments(0)

行方不明の地域猫を探しています(2019.5.12)

市内(元町)でアイドル的な存在として長年可愛がられていた猫が4月末、突然行方不明になりました。

名前は、ふくちゃん。
オス、去勢済み、10歳ぐらい。
b0220664_10224239.jpg

昨年9月、口内炎で食べられなくなり痩せてきたふくちゃん。餌やりさんに頼まれて病院に連れて行きました。キャリーからのっそり出てきたふくちゃんは意外にも悠々としていました。

でも元の場所に戻ってキャリーから出た途端、警戒するようにこちらをじーっと見つめていました。よほど嫌だったのでしょう。その後、病院に連れて行きたくても捕まらなかったそうです。
b0220664_10502798.jpg

餌やりさん達が薬を与えるなど、ずっとお世話をしていましたが、今度は目に怪我をしてしまい、また病院に連れて行こうとしましたがキャリーにも捕獲器にも入らず、仕方なく投薬だけ続けていたそうです。ようやく治りかけてきた矢先に行方不明になりました。

餌やりさんの話によると、見知らぬ女性が訪ねてきて、名前も名乗らず、ふくちゃんのことを聞いて行き、その翌日に居なくなったそうです。

ふくちゃんは、地域の人たちに見守られていた地域猫のような存在でした。

二人の餌やりさんの他にも、TNRの際にご寄付をくださった近所の方や、通りがかりの多くの方々に見守られながら穏やかに暮らしていました。

もし何らかの理由でふくちゃんを保護してくださった、あるいは行方をご存知の方がいらっしゃいましたら、ブログコメント(非公開で)、Facebookのメッセージ等でお知らせください。

現場に手紙やメモ等でも構いません。メールは、kiyoseneko33@gmail.com

怪我をしている猫を見て不憫だと思うのは当然ですが、長年、外の同じ場所に住む猫には、必ず世話している方々がいます。外部の人間にはわからないご近所同士の繋がりや事情があります。

みんなみんな、ふくちゃんのことを、本当に心配しています。よろしくお願いします。

by kiyoseneko | 2019-05-08 20:53 | お知らせ | Comments(0)

キジ白、身元不明猫について(2019.5.7)

10連休中の5月5日(日)夕方、「前日4日、庭にふらりと猫が来て、水も飲まず、うずくまっている」と通報がありました。

柄はキジトラで、足には白い毛が入っています。いわゆるキジ白。立派な体格で、尻尾は長い。

会長がすぐに病院に連れて行きましたが、入院2日後に息を引き取りました。明日8日、荼毘に付されます。

右耳の先に不妊去勢済みのV字カットがありました。痩せていなかったので、直前までどこかでご飯をもらっていたと思われます。

保護場所は中清戸3丁目。清瀬市立第五中学校近くです。

この猫にお心当たりのある方は、下記へお問い合わせください。
メール:kiyoseneko33@gmail.com
b0220664_21061456.jpg

by kiyoseneko | 2019-05-07 20:41 | その他 | Comments(0)

高齢チビちゃん手術に耐える(2019.5.6)

b0220664_10310856.jpg
15歳のチビちゃん。
口の中に腫瘍ができて食べられなくなり、通常であれば高齢だから・・と諦めるところですが、飼い主さんは諦めませんでした。

主治医の先生に相談して、詳しく診てもらえる病院を紹介してもらい、上顎の骨の一部を切除してもらったそうです。

大手術に耐え、飼い主さんの元に戻ってきました。

退院時には顔の左半分の毛が剃られ、痛々しい傷跡。ヒゲも無くなっていたそうですが、すっかり元気になって飼い主さんにしがみついている姿はとても愛らしかったです。

この飼い主さんは、外に来る猫数匹のお世話もしています。

近隣が住宅街なので猫を嫌がる人たちの迷惑にならないように、駆虫もしっかりしているそうです。

写真の三毛ちゃんは会ができた当初にTNRしてくれた猫。時々行方不明になるそうです。餌場が複数ある様子。長生きです。この目ヂカラ。メスなのに庭木にスプレーしたのを目撃(^^;
b0220664_10424557.jpg

下の写真は、外で生きる猫達のための駆虫薬だそうです。獣医さんに相談して、月一回、ご飯に混ぜ、それぞれの子に合った薬をあげているそうです。
b0220664_10435580.jpg

飼い猫でも、飼い主のいない猫でも、お世話している方が最善を尽くして可愛がっている姿を見ると、こちらまで心が温かくなります。

いつもありがとうございます。



by kiyoseneko | 2019-05-06 10:30 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

猫グッズのご寄付がありました(2019.4.24)

大切な愛猫を看取った飼い主さんから猫グッズのご寄付がありました。
キャリーバック2個、デオトイレ2個、デオシート、ウェットティッシュ、爪研ぎ、ペットシート、敷物4枚、水飲み、首輪です。
みんな新品のように見えます。
亡くなった黒猫ちゃん、8才で、癌だったそうです。

頂戴した品物は定例会で話し合って有効に活用させていただきます。

M様ありがとうございました。

ミーちゃん、最後までよく頑張ったね。お空から見ていてね。ありがとう。
b0220664_22371201.jpg

by kiyoseneko | 2019-04-24 22:24 | ご寄付・募金の報告 | Comments(0)

総会報告(2019年4月)

「平成最後の・・・」の文言には、もううんざりしている方も多いかもしれません。

そのような状況の中、「平成最後の」総会が4月20日(土)に行われました。参加者は13名と1名(開始前に挨拶だけの方)

目の前のお茶菓子に手を伸ばす余裕もないくらいにテンポよく、議事の検討が進みました。

今回は、その報告です。(会場:「きよせボランティア市民活動センター」)


◎総会次第から

(1)活動報告

①市及び市関連団体との協働による活動について

②飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費助成について

③猫相談受付・対応について

④TNRの手伝いについて

⑤資金調達について(募金箱など)

⑥広報活動について

⑦定例会・会員交流会

⑧他団体・個人ボランティアとの交流・情報交換について

⑨その他

⇒1年間の活動を振り返り、また、猫に関する相談の具体例やブログの活用や感想などの意見・情報交換


(2)決算報告

⇒支出に関する細かな明細・寄付や募金の年間一覧表などの資料を見て確認。


(3)活動計画案

⇒活動項目は、活動報告と同様。新しい活動について検討。・・・全項目、承認

①小学生を対象にした新しい取り組み

・清瀬市社会福祉協議会「きよせボランティア市民活動センター」のイベント「夏の体験ボランティア」活動団体として初参加へ。

 今回は目的・時期・参加対象・予算などの説明をきよせボランティア市民活動センター長や職員から伺い、イメージを共有。具体的な内容は今後検討していくことになった。親子を対象に啓発できる絶好の機会なので、有意義な場にしていきたい。


②広報活動への要望

・会報は、「飼い主のいない猫」に関する取り組みの記事だが「飼い猫」から問題が発生している状況を踏まえ、飼い猫(飼い主)を対象とした問題提起を強化した内容も必要ではないか。

多くの市民の目に留まるような場所でのインフォメーションも検討してはどうか。

・ブログで毎回、定例会の報告をしているが、郵送で報告をもらいたいという要望があるかどうかを確認し、必要があれば対応を考える。


③飼育放棄される猫にかかわる問題については行政と共に対策を協議していくことが今後も継続されていくという情報を受け、今後に期待したい。


(4)予算案・・・承認

 ⇒予算の振り分けの項目についての説明など


(5)新役員選出・・・案、承認


 …以上が簡単ですが、「『きよせ猫耳の会』第8回定例総会」の報告です。

◎懇親会

・・・「みんなで話そう!猫のこと・・・あんなこと、こんなこと・・・」・・・

2月から定例会の最後に会員アンケート集約でまとめられたテーマにそって「おしゃべり」の試行をしています。

今回は、その「ねこみんタイム」(猫のこと、みんなでミーティングタイム)3回目の実施でした。「テーマ」は、「動物病院について語ろう」(資料:「会員が利用してきた『動物病院一覧』」A4サイズ・3ページ)

 ⇒おしゃべり例の紹介

転院について意見交換・・・専門病院が良い場合もある(例:漏斗胸、鼻咽狭窄など)

往診送迎のある病院の例

料金の不安

野良猫に理解が深い病院

親切な病院

・・・動物病院との関わりは会員の皆が体験し、悩んできたことなので活発に情報交換ができました。


★次回の「ねこみんタイム」のテーマは緊急時の対応の体験情報交換」です。資料は、「もしも・・・の緊急の連絡先はどこ?行政編」清瀬Verです。(A4サイズ・2ページ 総会で配布)


「猫が死んだら」「死んだ猫を見つけたら」「虐待を見つけたら」「猫が迷子になったら」「飼い主のいない猫を見つけたら」など是非、次回も貴重な体験をお聞かせください。

◎その他

① 狭山市内で開催されるセミナー紹介:「飼い主のいない猫対策おはなし会」(5月12日)

② ボランティア保険の加入案内

③ 今年度の会費の納入について


《後記》

 *会員の最高年齢89歳。大先輩が総会に出席してくださいました。たくさんのことを拝聴したいと思いましたが、議題が多くて時間が無くたいへん残念でした。「以前は・・ね、『野良猫なんて病院に連れて来ないで!』」と言われた時代もあったの。変人扱いをされたのよ。」・・・そんなことを少し聞かせていただきました。

 他の会員の中にもそのような体験をしてきた人がいると思います。これから、猫をめぐる状況はさらに変わっていくのでしょうか。うか良い方向に向かっていきますように・・。ということで、次の課題(「飼い猫」対策など)をさらに考えていきましょうか。(k・H)

b0220664_15271530.jpeg
会にフードのご寄付を頂戴しました。S様いつもありがとうございます。総会当日、必要な猫達に分配いたしました。


by kiyoseneko | 2019-04-22 15:29 | 定例会・総会報告 | Comments(0)

住民とのコミュニケーション(2019.4.8)

昨年度末(2019年3月末)に発行した、きよせ猫耳の会会報。

セミナーに関する記事の中に「練馬区の地域猫ボランティアは登録制で、担当地区が割り当てられ・・・」と記載しましたが、やや誤解を招く表現であることに気づきました。

行政が担当地区を割り当てるわけではなく、ボランティアさんが担当地区を自己申告するのですね。
但し、住民とのコミュニケーションが十分取れないほど広範囲になる時は、ボランティアさんに無理をさせないための配慮なのか、却下されることもあると聞きました。

手術を始める前に、地域住民の十分な理解と同意を得る。
まさに、地域猫の根幹を成すものです。

ボランティアは、無理せず、自分たちができる範囲で、着実に活動することが大切なんですね。

確かに、自分が住んでいない地域で、いきなり地域猫活動はできません。
目に見えない人と人との繋がりや、地域における暗黙の了解。
これは外部の人間には絶対にわかりません。

目に見えないことが、実は肝心要であることは多いです。
地域猫活動に限ったことではありませんが、挨拶の順番を間違えただけで、すべてがうまくいかなくなることもありますね。

それが地域(人)と関わる怖さでもあり、面白さでもあります。

人も猫も、地域の中で、幸せに暮らせますように。

by kiyoseneko | 2019-04-08 12:55 | 地域猫・TNR活動 | Comments(0)