<   2018年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

カヤのこと(2018.9.28)

10数年前。
ある家の庭の縁石に雑巾。
いえいえ。
頭と前足をだらんと下げた、黒っぽい生後2ヶ月ほどの子猫が1匹。

それがカヤとの出会い。

その家は、不妊去勢手術もせずに猫を増やし続けていました。
その家の前では、猫がよく車に轢かれて死んでいました。
(その後、夜逃げ同然で猫をすべて置いて引っ越してしまいましたが、それはまた別のお話。)

死んでいると思って抱き上げた子猫。
ゆっくりした動きで頭を上げました。
その両目は真っ赤に腫れあがっていました。
b0220664_13204814.jpg
急いで動物病院に連れて行くと、「眼球破裂の恐れがあり、そうなったら眼球摘出」とのこと。
ひとまず目薬と抗生物質で様子を見るように言われました。

しばらくすると、片方の眼球の表面にぽつんと丸いふくらみができました。
なんだろう??と見た目の前で、パシャっと音が(したような気が)して、眼球から勢いよく水のようなものが飛び出しました。
眼球が破裂した!
痛みで死んでしまう!!

そう思いましたが、意外にも子猫は平気な顔。
病院に連れて行きましたが、眼球はちゃんと残っていました。
あの水のようなものはなんだったんでしょう??

その後、目薬をマメにさし続けました。
やがて濁っていた眼球がきれいに透き通ってきました。
一部、白濁が残りましたが失明せずにすみました。

カヤと名付けたメス猫は、家の中を縦横無尽に駆け回り、人間を柱か足場と見なして垂直にかけ上がるので、私の体は傷だらけでした。

そんなカヤも年を追うごとにおとなしくなり、美しい毛並みの猫になりました。
b0220664_13210616.jpg
それでも甘えん坊は相変わらず。

カヤを保護して1年後、その家の主は猫を置き去りにして引越していきました。
同じ場所から保護した花子が亡くなったのが昨年。

そして1年もたたないうちに、カヤが逝ってしまいました。
前のブログ「悪性リンパ腫と言われて」から10日後。7月11日の明け方でした。

昨年、肥満細胞腫を切除して安心していたのに。
こんどは腸に腫瘍がみつかり、転移もみられたので、積極的治療をせずに緩和ケアだけで看取りました。
強制給餌も受け付けず、最期までカヤらしく、可愛らしく、強気で、猫らしく。
病魔から解き放たれ、静かに旅立ちました。

[PR]

by kiyoseneko | 2018-09-27 13:29 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

新座市飼い主のいない猫(野良猫)セミナー決定(2018.9.24)

新座市内で増え続けている猫にお困りの方、不幸な境遇の猫に何かしてあげたいと思っている方、自治会・町会など地域課題の解決に関心のある方、猫が好きな方、嫌いな方・・・どなたでも参加できる飼い主のいない猫(野良猫)対策セミナーが、いよいよ、新座市で開催されます!

講師はNPOねこだすけ代表理事の工藤久美子さん、そして、練馬区で地域猫登録ボランティア制度を作った、元・練馬区保健所地域猫活動担当の石森信雄さん。奇しくも、清瀬の第1回セミナーと同じ講師陣です。経験豊富なお二人のお話から野良猫問題解決のための糸口が見つかります。何よりも、聞いていて飽きません。

新座市在住の方々による自主開催ですが、新座市も後援。
入場無料、予約不要。先着60名。


新座市のみなさま、今から予定をいれておいてくださいね!

b0220664_14323661.jpg

[PR]

by kiyoseneko | 2018-09-24 14:46 | お知らせ | Comments(0)

「◯◯したい」という相談に思う喜び(2018.9.23)

以前は多かった「丸投げ」される相談が、めっきり減っています。

「子猫が庭で産まれたから引き取ってください」「餌をやっていた猫が怪我したので治療してください」「死にそうな猫がいるからどうにかしてください」「引き取らないならそのまま放置します。猫を連れてってください」と、半ば脅迫、無理難題の「猫ボランティアなら〜してください」という相談が減り、最近は、自ら進んで動いてくれる方が増えてきました。

ボランティアだからやってくれるはずという考え方、ボランティアだからやらなければならないという思い込み。

依頼者がなにもかも任せてしまったり、ボランティアがなにもかも引き受けてしまうと、「できない部分だけをサポートしてもらう・サポートする」という、支援される側と支援する側のバランスが崩れて、一方的なものになってしまいます。これではボランティア活動ではなく、単なる下請けや使いっ走りです。

ここ数ヶ月、子猫が1匹で保護されるケースが続きました。いずれも、相談者が保護してくれたり、飼ってくれたり、餌やりしてくれたり、里親を見つけてくれたり。決して丸投げではなく、できることは自ら進んでやってくれました。

求めていた理想の形。
ごく一般の人が日常の中で出会った猫を助ける。空気を吸うように。当たり前に。

猫を飼ったことがなく、アレルギー持ちだという方が保護してくれた子猫。試行錯誤の中、2週間、お世話をしてくれました。途中、皮膚病も発覚して、その都度、会長に相談してくれたおかげで、適切なアドバイスが届き、その通りに動いてくださいました。素晴らしいですね。優しい方に保護してもらって良かったね。
b0220664_19124874.jpg

治療が終わって元気になりました。
そして家族として迎えてくれる人に出会えました。
b0220664_19125659.jpg



こちらは毎夜、1匹で鳴き叫んでいたという子猫のおちびちゃん。
b0220664_19171278.jpg
捕獲器を貸してくださいと頼みに来たので貸し出すと無事に捕獲してくれました。
さらに別の相談者が里親さんまで見つけてくれました。幸運の子猫。きっと幸せになれますね!

会では、長年にわたるノウハウの蓄積と会員間の連携によって、より適切なアドバイスができるようになってきました。

会もボランティアも、決して主役ではありません。不幸な猫を増やしたくない、野良猫被害をどうにかしたい、可哀想な猫を助けたい、そう思う方々へのサポートに徹し、これからも地道でも着実な活動を続けられたらと思います。

猫には必ず不妊去勢手術を。
その第一歩に、変わりはありません。


[PR]

by kiyoseneko | 2018-09-23 18:18 | 活動 | Comments(0)

段ボールアートの猫(2018.9.18)

b0220664_10141443.jpg

清瀬在住のAさんから、きよせ猫耳の会に、段ボールで作られた猫のオブジェをいただきました。

Aさんは趣味で始めた段ボールアートで象やキリンやサイなど様々な動物作品を作り、全て子供たちや公共施設に寄付している方です。

「猫は作ったことがなく、曲線を出すのが難しい」というAさんでしたが、わがままを言ってお願いしました。

とても個性的な可愛い猫の親子ができあがりました。

セミナーやふれあいまつり写真展などの受付に飾らせていただきます。

Aさん、本当にありがとうございました。

[PR]

by kiyoseneko | 2018-09-18 10:04 | ご寄付・募金の報告 | Comments(0)

9月定例会報告(2018.9.15)

♪「9月の雨」 ♪♪・・・。

  本日の会議参加者は、8名・・・♪♪。

議題にそって、報告いたします。

集合時間は会員の準備のための連絡事項です)


1】「市民まつり」について・・・10/21(日)会員集合8:30(けやきホール)

 ●日用品雑貨の献品協力のお願いについて

   衣類は新品、または新品同様(洗濯済み)

  紙の手提げ袋がありましたら、持参してください!


 ・値付けは、定例会(10/20)で行う

 ・チャリティが目的であることを明確にする(看板など 

 ・会場分担(①チャリティバザー会場 ②テント会場:相談活動・掲示説明・チラシ宣伝・募金)

 ・その他の準備:配布物の印刷と袋入れ(会のパンフレット、セミナー案内、去勢不妊手術助成金資料、ふれあいまつり宣伝) 300

 ・購入品確認、看板、掲示物(視覚に訴える掲示の工夫!捕獲器の紹介)


「清瀬市野良猫・飼い猫対策セミナー」について・・・11/3(土)会員集合12:30(健康センター)

 ・講師、テーマ、会場、ポスタ-、チラシ、配布物について・・・ポスターができましたら紹介致します。

 ・主催:清瀬市(水と緑の環境課)・・・協力:NPOねこだすけ」 と 当会


3】「ふれあいまつり」について・・・11/10(土)会員集合8:00(コミュニティプラザ音楽室)

・「清瀬の猫の写真展」の企画:新たに加える写真やコメント書きの確認。・・・新会員さん、「ガンバ!」

・話題になった「思い出の猫たち」については追加。

・ポスター:「なんでも猫相談コーナーあります」「チャリティバザー猫グッズコーナーもあります」なども入れる。

・掲示板:①市民向け、②当日会場用

・チラシ:③市民まつり配布(A4)300枚、④当日配布(A5)

  ・スタンプラリー:掲示がわかりやすいように、動線・パネル配置などの工夫をする

  ・こどもたちの興味を引く企画の工夫をする(絵を見て考える・捜すなど)

  ・感想コーナー:子ども向け、大人向けを配慮

・視聴覚企画の準備(DVD

・広報:まつりのウェブ寄稿について

・こどもや車いすへの配慮(見やすさ、通路など)

4】ボランティア保険(当日参加型)加入について・・・イベントごとに加入申し込み

※単発のイベントだけに参加する会員のため


5】会計報告について(収入・支出の報告)

  ・「どうぶつ基金」への寄付について

  ・イベントの会計精算など


6】会員アンケートの集約の活用について・・会員には、継続しての宿題があります!!

アンケートの回答として、会員の豊富な体験から5ページにわたるいろいろな情報や意見が寄せられました。

(会加入のきっかけ、猫の事故体験、脱走体験、医療情報、願いと夢など)

本日、感想の交流予定でしたが、イベント準備で時間切れとなり、11月に延期となりました。   

       

7】イベント紹介

①「ボランティア・市民活動フェア」 9月29日(土)10時~14時

  場所:きよせボランティア市民活動センター

  *清瀬市内のボランティア・市民活動団体がそれぞれの活動を展示等で紹介

   *テーブルマジック・活動ミニ体験・活動紹介・活動相談

*ミニバザー・ハンドメイド市・大学生による復興カフェなどもあります

 詳細は清瀬市社会福祉協議会HPへ→★きよせボランティア・市民活動センター


入間シンポジウム」 9月29日(土)14時~15時30分

場所:入間市民活動センター3F

●「人とねこが上手に寄添って生きるために~福祉の現場から~」

(1)多頭飼育崩壊飼育放棄の現状

(2)行政社協・市民ボランティア市民の連携

   (*詳細はブログトップページに掲載のポスター参照)


8市民からの相談などの報告 (9件)

TNR相談、②猫の脱走対応、③迷い猫、④病気の対応など


9】会員からの相談・・・猫の健康について(尿の異常・水分摂取)、冬支度など



・・・番外編(後記)・・・

 これから続くイベントの準備でしばらく忙しくなります。(頭は、大混乱中!)

市民の皆さんからの猫の相談も続いています。

仔猫たちの話題も続きました。

心配したけれどホッとした報告、つらい報告・・・など。

市民の皆さんの頑張り(猫の通院や保護)を聞いたりして励まされることもありました。

野良猫が減った、と言われていますが・・・でも、やはり、取り残されて戸惑う仔猫たちがいます。

どうしたら、そんな問題を減らしていけるのか、セミナーや広報の課題は続きます。

そのためにもイベント準備をがんばろう!

市民のみなさん、イベントに参加してみませんか。お待ちしています。(文:KH)  


[PR]

by kiyoseneko | 2018-09-16 04:30 | 活動 | Comments(0)

茶々復活⁉︎(2018.9.5)

完全に食欲をなくしてガリガリにやせ細ってしまった茶々。

もうこのまま・・・と考えていましたが、口元にフードを持っていけば食べるし、外で生き抜いてきたたくましさがあるし、まだやれることがあるのでは?と、思い切って距離を縮めてみました。

今まで食べたことなかったはずなのに。
ちゅーるが大好きでした。
b0220664_22054583.jpg

網に入れないでも、抱っこして簡単に点滴もできるようになりました。

もう少し、一緒にいられるかな。

唯一の問題は、トイレの中で寝るのがクセになってしまったこと。

それならと、寝床用のダンボール箱を入れたら、そちらをトイレにして、やっぱりそっちで寝てる。

不思議な茶々ちゃんです。

折しも、もともと茶々が住んでいて、飼い主さんがお亡くなりになった後、空き家になっていたおうちの取り壊しが始まりました。

みんな思い出と共に消えていきます。
茶々の小さな命の灯。
いずれ燃え尽きるにしても、
今は救いの光です。

[PR]

by kiyoseneko | 2018-09-05 21:54 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

今回の子猫里親募集について(2018.9.3)

ブログのトップページで里親募集している子猫たち。
改めてチラシを作りました。


b0220664_11095666.png

この子達は、ある区のホームレスの方が餌をやっていた母猫から生まれたそうです。
清瀬では、あまり見ない色柄の子もいますね。

オスのすばる君。
縞々模様が美しいグレー。
こげ茶の縞模様のキジ白ではなく、サバ白。

そして、キュートなまりちゃん。
この子は太い黒い縞模様。
アメリカンショートヘアっぽいです。

保護したのは、清瀬市内の方。
かわいそうな猫を見ると、市内・市外に関係なく保護するそうです。
今まで何匹もの猫を助けて、保護して、看取ってきたそうです。

その中には、先天的に前足が曲がって、どう見ても子猫サイズなのに、もう10歳近くの障害を持つ猫もいます。
惜しみなく愛情を注ぎ、仕事以外の生活のほとんどを猫のためにささげているそうです。

「健康な猫には、ちゃんと里親さんを見つけて譲渡したい」。
そう思って、地道に里親募集を続けているそうです。

他の団体にも協力してもらっているそうですが、最近は保護猫ブームで猫の数が多く、なかなか里親候補者が現れないそうです。

初めての人に対しては、ちょっとシャイなところもありますが、とても元気で良い子達です。
お目に留まりましたら、ぜひご連絡ください。
宜しくお願いします。

[PR]

by kiyoseneko | 2018-09-03 11:20 | 里親募集 | Comments(0)