<   2018年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

猫の出産が始まっています(2018.3.27)

先週、会長に相談がありました。
「アパートのベランダで子猫が生まれた」。

清瀬で子猫の相談は5月頃からが多いのですが、
温暖化で猫の出産が早まっているのかもしれません。

庭やベランダで猫が出産してしまったという相談は、しばしばあります。
ですが、母猫をTNRせず子猫だけの保護はしておりません。

母猫を先にTNRしても子猫は育つかもしれませんが、育たない恐れもあります。
子猫だけを保護すれば母猫はどこかに行ってしまうでしょう。

また、赤ちゃん猫を育てるには昼夜2時間おきの哺乳が必要です。
ずっと家にいて猫の世話をする専任のミルクボランティアは会にはいません。

様々な事情を鑑み、猫耳の会では次のようにお返事しています。

「母猫から子猫をとりあげれば、母猫はまた妊娠して出産してしまいます。」
「母猫が子猫を離乳まで育ててくれれば里親募集できるかもしれません。」
「子猫が離乳すれば母猫はTNRできます。」
「しばらくそのまま、見守ってやってくれませんか?」

猫に餌をやっている方へ、改めてお願いです。

猫への餌やりは違法ではありませんが、不妊去勢手術しなければ、メス猫は年に2~3回出産します。
1回の出産で2~7匹の子猫が生まれ、子猫もメスなら4~6ヶ月で妊娠可能です。

東京都は殺処分ゼロを目標にしていますが、世界遺産登録を目指す沖縄の奄美大島では、野良猫が増えすぎたため環境省が大量捕獲して、譲渡できない猫の殺処分を検討しています。前例ができれば、その動きは島しょ地域に限らず、全国に広がる恐れがあります。

どうか猫を増やさないで下さい。

清瀬市の猫たちの命運は、餌をやり、世話をしている方々の手にかかっています。
ためらわず不妊去勢手術をしてください。
きっと安心しますよ。手術の相談に来られる方は、手術を終えた猫が捕獲器から元気よく外に飛び出して行くと「これで安心して眠れる」と仰ることが多いです。

市には「飼い主のいない猫の不妊・去勢手術助成金」があります。
猫耳の会は、TNR(捕獲・手術・返還)のお手伝いをしています。
まずご相談ください。

清瀬の猫たちが、嫌われ者にならず、人と猫が穏やかに幸せに暮せるように。
よろしくお願いします。

写真は猫の不妊去勢手術をお願いするための試作ポスターです。イラストは「いらすとや」さんの無料イラストを使用しています。
b0220664_11040711.jpg

[PR]

by kiyoseneko | 2018-03-27 11:19 | 地域猫・TNR活動 | Comments(0)

東久留米HASさんがバザーのお知らせ(2018.3.26)

隣市の東久留米HAS(ホーム・アニマル・ソサエティ)さんがバザーを開催。
売り上げは、飼い主のいない犬・猫のために使われます。
b0220664_18004307.png
バザーのお知らせもご覧ください→HASブログ

[PR]

by kiyoseneko | 2018-03-26 18:01 | お知らせ | Comments(0)

きよせ猫耳の会 会報(第11号・2018年3月発行)

b0220664_13062302.jpg
b0220664_13133021.jpg
b0220664_13134328.jpg
b0220664_13140173.jpg



[PR]

by kiyoseneko | 2018-03-20 13:27 | 会報・チラシ | Comments(0)

2018年3月定例会報告

◎2018年 月 「定例会」報告 3月17日土曜日

卒園・卒業式のところもあったのか、それらしき装い、ファッションの街ゆく人たち。

春の花の色を楽しみながら、市民活動センターに集まった「定例会」参加会員は12名でした。


◎検討事項

1)「相談対応マニュアル」の作成に向けて

いろいろな相談に対応できるような「マニュアル」作成の検討

(市民自身ができること、やれること、活用できるためのテキスト)

     

* 「会員アンケート」で相談内容項目の集約・・・4月の総会でアンケート用紙配布

   (5月締め切り集約結果は後日報告

*アンケート内容: 

(これまで、各会員個人や会で受けてきた相談内容項目)⇒なお、会員の意見を聞く良い機会なので会の活動や会員間交流、情報交換のためになるような項目も入れた内容にする。どんな項目を入れるのか、話し合う。例)猫の家庭内事故、脱走体験交流など(アンケート A4・2枚)

     

2)総会に向けた準備 (臨時準備会)

・4月7日(土)13:30~ 市民活動センターにて

 役員だけでなく、準備の会議に参加希望者(会員)はどうぞご参加ください。

(内容: 活動計画・予算・会則の見直しなど)

3)「きよせの環境・川まつり」(7月21日)について

・来年度についても参加申し込みをする。 ただし、「いかだコンテスト」には参加しない。 

・テーマ、内容、場所・備品希望・スタンプラリーについて検討。

4)地域の猫の報告

  ・市役所から相談があった緑地保全地域での置き餌場所、その後について (マナーについての掲示や見守りを継続・・・その報告)

    ⇒今後も市役所と連絡を取り合いながらマナーのお知らせや不妊去勢手術のすすめの対策を実施する。猫が増えないように周囲の理解を得ながら、早急に対応する。

 ⇒今後に向けて、掲示物・配布物などについては会として統一していく。


5)広報誌について

   ・今年度最終号印刷終了(約400枚)。折り作業(全員で)。

   ・配布の分担(市役所、各地域センター・関係施設など)

6)会計報告について (収入・支出報告)・・・年度末会計に向けて


7)会員向け学習会

 ・例:TNRについて(捕獲器の使い方など)

 ⇒来年度の活動計画の中で具体的に検討へ。

◎その他

①3月11日(日)市内の追悼イベントの報告

3.11東日本大震災 被災者追悼キャンドル 清瀬から東北へ」

主催:NPO法人 清瀬市民活動の会  後援;清瀬市・清瀬市社会福祉協議会

 7年目の絆 駅前ロータリーに 700個のともしび!・・・メッセージや募金がたくさん集まりました。


②多頭飼い崩壊の猫たちその後の報告


《会員交流、そして、後記》

会員自身や身のまわりの猫の近況報告 

・複数飼いの猫の関係体験談

・猫の伝染病について ・・・などなど。

       

(後記)

いろんな場で猫のためにがんばっている人たちがいます。

私たちは清瀬という街の中の小さな集まりにすぎません。

いろんな立場、経験の方々とお話ししてみたいです。

「これが正解」はないかもしれません。

でも、なにか一歩すすめるかもしれません。

    

★新会報に今年度の活動のまとめや出逢った猫さんたちのレポートを掲載。

  市内の各地域センターや諸施設に置かせていただきました。

  興味ある方は、ぜひ、御覧ください。 (ピンクが目印!) ★★★

次回、2018年4月の定例会は、/21(土) 13:30開始です。

新年度のスタート!総会です。  (文責:k・H)


[PR]

by kiyoseneko | 2018-03-20 13:02 | 活動 | Comments(0)

「置き餌」はやめましょう(2018.3.4、追記あり)

猫について、会にはさまざまな相談が寄せられます。
中には「置き餌をしなければ、問題にならなかったのに」と思う相談もあります。

どうして置き餌がいけないのか、理由を並べてみました。

【人に迷惑】
①食べ残しが腐ったり、虫が湧いたり、ゴミが散乱して不快で不衛生
②他の場所から猫が集まってきて、糞尿被害、鳴き声がうるさい
③カラスやハクビシンが寄ってくる
④一部の方達が護っている貴重な野鳥が危機にさらされる(緑地保全地域など)

【猫に迷惑】
①古くなったり、虫が湧いたり、色々な猫が口を突っ込んだ餌は、猫の病気の原因になる
②別の場所からも猫が集まって縄張り争いが過熱する(もともと住んでいた猫が追い出される)
③カラスやハクビシンに猫が襲われる(ハクビシンは成猫も襲います)
④貴重な野鳥や小動物を狙う猫が嫌われ者になり、迫害される

つまり…
置き餌は「人にも猫にも大迷惑な行為」なのです。

さらに、私たちボランティアにも悩む事態が発生します。

置き餌を食べに猫が複数来ているという情報があっても、その猫たちがどこから通って来ているのかわかりません。
もしかしたら、近所の飼い猫が「自宅以外の場所にもご飯がある」と、置き餌の場所に出没している可能性があります

身元が分からない猫を、勝手にTNR(※)するわけにはいきません。
(※T=TRAP 捕獲・N=NEUTER 不妊去勢手術・R=RETURN 元の場所に返還)

飼い猫を勝手に捕まえたら大変なことになります。
(飼い主さん、どうか室内飼育を、あるいは首輪に名札を。飼い主の責任でお願いします。)

先日、庭で餌をやっている方から「首輪をした猫が餌を食べにきたが、どうしましょう」という相談がありました。
決まった猫にだけ餌をやっていれば、他から猫が食べにくることはありません、ましてや飼い猫。
案の定、置き餌をしていたそうです。(改善してくださいました)。

たとえ野良猫だと判明しても、捕獲器を危険と察知した猫は安全な餌場に移動してしまいます。
置き餌さえなければ、1つの餌場に「ひもじいよう~」と現れて、そこで捕獲することができます。

捕獲できず毎年出産を繰り返している猫というのは、周囲に知られざる餌場が複数あるのでしょう。
特に置き餌のある場所では猫の正確な数や毛色が把握できないので、お手上げ状態。
つまり…

置き餌は「飼い主のいない猫を増やしてしまう大きな要因のひとつ」です。

猫へ餌をやることが、法に触れるわけではありません。
やり方のルールやマナーを守らないから問題になるのです。

子どもにも理解できる単純なことですが、なかなかどうして、浸透していかない現実もあります。
「置き餌があるから生きていける猫もいる」という、暗黙の見逃しも原因と想像します。

そのような餌のおこぼれをもらう猫は一時的には救われます。
でも将来、ずっと幸せになれるのでしょうか?
マナーやルールを守る餌やりさんからご飯をもらったほうが幸せではありませんか?
(すべて仮定でしかありませんが。)

最期まで飼えないなら「飼わないことが愛情」であるように、
最後までマナーやルールが守れず、不妊去勢手術もせず、餌をやるだけなら、

「飼い主のいない猫に餌をやらないことも愛情」です。

誤解を招かないように再度、しつこく書きます。
餌をやること自体、いけないことではありません。
でも猫を嫌われ者にしてしまうような「置き餌」しかできないのであれば、
やらないほうが、人にも猫にも迷惑はかかりません。
(ちなみに…外の猫に一生餌をやり続ける自信が全くないので、私は外の猫に餌をやりません)

正しい餌やり方法ができないなら、それは猫への愛情ではなく、可哀想な猫に餌をやりたいという自己愛ではないでしょうか。そうではないとおっしゃるのであれば、正しい餌のやり方を会得して、不妊去勢手術をして、最後の最後まで猫の面倒をみてやってください。宜しくお願いします。

ところで…
正しい餌やりの方法とは??

セミナーを今まで7回開催してきました。
多くの方は既に御存知と思います。
ご自分で思い出して、考えて、実践してくださいね。
人も猫も幸せに暮らせる街でありますように。

追記:周囲に配慮した餌やりと置き餌の区別がつかないという方の為に、3年前に書いたブログへのリンクを貼り付けておきます。→
  (行政へ苦言を呈している箇所がありますが、今は市の担当の方々も替わっているのでお許しください)

[PR]

by kiyoseneko | 2018-03-04 13:54 | 活動 | Comments(0)