<   2016年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

年末雑感2016

今年も残すところ1日となりました。
会ができて6年。
個人的に活動を始めてからちょうど10年。

たくさんの方々の活躍で、清瀬市内の野良猫の数は劇的に減っています。
毎月のように見掛けた、路上に転がる猫の死体を、今はほとんど見なくなりました。

見た人たちが、すぐに役所に電話しているのかもしれませんが、
それもまた、広報や啓発のおかげだと思います。

人が倒れていたらすぐに通報するように、
猫だって倒れていたら、すぐに対応する。
そんな風に、市内は変わりつつあるように思えます。

もちろん、猫の絶対数が減っていることが一番の要因でしょう。

10年前に活動を始めた頃の猫たちが、そろそろ高齢となり、看取りの時期でもあります。
若いうちに事故や病気で命を落とす猫もたくさんいますが、それを乗り越えてきた猫は、屋外の過酷な環境でも10年以上は生きます。

外で生きる猫は、室内で飼われている猫に比べると、老化が早く、心も体もボロボロです。
たとえ保護できても、投薬も点滴も素直には受け付けません。
それでも、ずっと餌をやっていた猫であれば、せめて最期は室内で看取ってあげてほしいです。

餌やりさんも10年分、確実に年を取っています。
室内で飼えないから、外で餌をやっているのでしょうし、押し付けることはできません。

ただ、もしこれから、外で猫を世話しようと思う方がいるのであれば、10年後を想像してください。
そして、人にも猫にも、何が一番良いのかを考えていきましょう。

次の10年後なんて、どうなっているかわかりません。
世の中が、もっともっと変わり、猫を飼いたい人がすべてシェルターから譲り受けることができる。
そんな社会が当たり前であってほしいです。

猫は飼い主を選べません。
一匹一匹を大切に。

看取りもまた同じです。

今年は個人的に、つらい別れが重なりました。
ちょうど16年前に、わが家の子として飼いはじめた犬と猫が、順番に亡くなりました。
いよいよと覚悟を決めてからの日々は甘く、切なく、人間と犬猫という種族の隔たりを超えた毎日でした。

でも亡くなってしまえば、面倒な手続きもなく、遺産相続もありません。
ごくごく個人的な感傷が残るのみです。

ぽっかりと空いた心の隙間は埋まりませんが、いつもその子たちが眠っていた場所は、他の猫がさっさと占領しています。

10年前は「自分がやらなければ誰がやる?」と、使命感に燃えていました。
今は、たくさんのボランティアさんが我こそはと、次々と新たなコンセプトで活動を展開しています。
目的はただ一つ。それだけは見失わないように、ボランティア同士がぶつからないようにと願います。

年明け、1月8日には、清瀬市内のオリエンタルビル1階で、「にゃんだん邸と東久留米HAS共催」の譲渡会が開催されます。(⇒詳細はHASブログへ
※なお東村山のNPOキャットサポートさんの譲渡会は同会場にて、1月29日開催です。

また、1月22日(日)には、コミュニティふれあいネット(COFUNE)さんからのお誘いで、「私も先生!」プロジェクトとして、ワンワン柳瀬川の会の会長さんと共に、人と犬猫の共生・共存について、スピーチすることになっています(⇒詳細はCOFUNEさんのHPへ)。

今年お世話になった皆様に、心より、お礼を申し上げます。
来年もよろしくお願いします。
皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい。
b0220664_694075.jpg
もっとも思い出深かったチャコちゃん。色々なことを教えてもらいました(写真N.Yさん)
[PR]

by kiyoseneko | 2016-12-31 06:24 | その他 | Comments(0)

みんな頑張って生きている(2016.12.28)

いよいよ今年も残すところあと4日。

ときどき考えることがあります。
人はなぜ猫や犬を飼うのか。

おそらく、
猫や犬と共に生活していると、
人類が原始の自然の中で、身一つで生きていた記憶が蘇ってくるからだと思います。

現代社会の中で失われつつある、真っ直ぐな命のきらめきが、私たちの魂を揺さぶるのです。

今年出会ったすべての猫たちに、ありがとう。
(写真は出会った猫のごく一部です)

b0220664_13553195.jpg

b0220664_13573560.jpg


b0220664_13592334.jpg

b0220664_1401919.jpg


b0220664_1424353.jpg

b0220664_1462314.jpg

b0220664_1432432.jpg

b0220664_14233937.jpg

b0220664_14221479.jpg

b0220664_14254737.jpg
b0220664_1427549.jpg

b0220664_14272320.jpg
b0220664_14275281.jpg

b0220664_14321894.jpg

b0220664_14323872.jpg

b0220664_1433509.jpg

[PR]

by kiyoseneko | 2016-12-28 14:47 | その他 | Comments(0)

ありがとう、はなちゃん(2016・12・26)

久しぶりにはなちゃんに会いに行ったのは、預かり先が見つからない入院中の子猫2匹をSさんが保護してくれたのがきっかけでした。(そのときのはなちゃん⇒☆

あれからほんの数ヶ月。
元気そうに見えたはなちゃんが急に天に召されるなんて、思ってもいませんでした。
それはSさんも同じだったでしょう。

はなちゃんは腎臓の数値が悪かったけれど、命に関わるほどではなかったそうです。
急に具合が悪くなり、病院に連れて行ったら、「もしかしたら脳になにか問題があるのでは」…と。

でも「高齢(14才半)のはなちゃんにストレスのかかる様々な検査や治療を強いるのは、苦痛を与えるだけではないか」とSさんのご家族は考えました。

最後の22時間、Sさんのご家族は、はなちゃんに付っきりでお世話をし続けたそうです。

はなちゃん、安心だったね。
いつものおうちで、いつも傍にいてくれる優しいSさんが、ずっとずっと見守ってくれたんだものね。

愛らしい姿で私たちを和ませてくれてありがとう。
ゆっくり休んでね。

Sさん、本当にありがとうございました。
2年8ヶ月の間、はなちゃんは、Sさんのおうちの子で本当に幸せでした。
b0220664_2094964.jpg
b0220664_2025666.jpg

[PR]

by kiyoseneko | 2016-12-26 20:29 | 里親さんだより | Comments(0)

ご寄付・募金報告(2016年4月1日~11月10日)

報告が遅くなり申し訳ありません。
(お名前のイニシャルは「姓・名」の順です)
 
【寄付金】計772,600円
(明細)
4月1日 2,600円(H.T様)
4月25日 3,000円(Y.H様)
5月9日 10,000円(M.Y様)
5月19日 3,000円(N井様)
5月25日 3,000円(Y.H様)
5月26日 30,000円(T.Y様)
6月9日 10,000円(M.Y様)
6月16日 3,000円(K.K様)
6月16日 1,000円(N野様)
6月20日 1,000円(O.N様)
6月25日 3,000円(Y.H様)
6月26日 20,000円(T.Y様)
7月13日 1,000(O.N様)
7月16日 5,000円(M.K様)
7月25日 3,000円(Y.H様)
7月26日 20,000円(T.Y様)
8月18日 1,000(O.N様) 
8月22日 3,000円(M.Y様)
8月25日 3,000円(Y.H様)
8月26日 5,000円(M.M様)
8月29日 20,000円(T.Y様)
9月1日  10,000円(M.Y様)
9月10日 1,000円(O.N様)
9月17日 30,000円(U.K様)
9月25日 3,000円(Y.H様)
9月26日 20,000円(T.Y様)
10月12日 1,000円(O.N様)
10月15日 3,000円(U.k様)
10月〃  2,000円(I.Y様)
10月〃  2,000円(M野様)
10月〃  20,000円(I.K様)
10月24日 5,000円(M.Y様)
10月25日 3,000円(Y.H様)
10月26日 20,000円(T.Y様)
11月10日 2,000円(O.N様)
11月10日 500,000円(S.Y様)


【募金】計117,495円
(明細)
5月2日 9,903円(かぶら屋秋津店様)
5月31日 11,670円(かぶら屋秋津店様)
6月30日 25,828円(かぶら屋秋津店様)
7月14日 1,864円(焼き鳥・野島様) 
7月16日  416円(キャロット様)
7月22日 2,717円(ボンボンガトー様)
7月23日 2,823円(きよせの環境・川まつり会場)
8月1日  14,955円(かぶら屋秋津店様)
8月31日 8,334円(かぶら屋秋津店様)
9月30日 7,375円(かぶら屋秋津店様)
10月16日 17,816(市民まつりフリマ会場・テント会場)
10月31日 13,794円(かぶら屋秋津駅店様 )


【総合計890,095円】

いつも沢山のご寄付・募金をありがとうございます。
今年度に入り、飼育放棄された猫の相談等が重なり、今まで以上に出費が多くなりました。
予算が尽きるまでやるしかないという所まで追い込まれていましたが、皆様からの温かいご支援のおかげで今後も継続した活動が可能になりました。心より御礼申し上げます。

これからも宜しくお願いいたします。

※クラウドファンディングでのご支援については、後日報告いたします。

[PR]

by kiyoseneko | 2016-12-26 09:51 | ご寄付・募金の報告 | Comments(0)

がんばれジャス君(2016.12.18)

b0220664_23485445.jpg

いつの頃からか、近所で見掛ける長毛の猫。もう10年近くになるでしょうか。

どこでご飯を食べ、どこをねぐらにしているのか、全くわからないけど近所にいる。
そんな猫が、ジャス君でした。

ジャス君と名付けたのはYさん。
「ゴージャスのジャスなの」って。

名付けるだけではなく、庭で餌付けして捕獲して、自費で去勢手術までしてくれました。手術済み野良ちゃんの印「耳先さくらカット」も病院で入れてもらいました。

リリース後のジャス君は、少しはおとなしくなったけれど、相変わらず、悠々と近所を徘徊。流れ者のオス猫が来ると、容赦なく撃退。最近見ないなぁと思うと、忘れた頃に、また見かけるジャス君。

このまま、ずーっと外にいるのだと思っていました。

そんなジャス君も、だんだん食べられなくなって、痩せてしまいました。
b0220664_23485534.jpg


そして今年になって、通りかかった子ども達が「なんだあれ?バケモノ⁉︎」とびっくりするほど、大きな毛玉が出来ました。尻尾が3本に見えます。
b0220664_18043209.jpg

b0220664_23485550.jpg


取ってあげたいけど、人に触らせる猫ではありません。去勢手術以来、捕獲器を見るだけで何日も餌を食べに来なくなるほど警戒心が強い猫なのです。

毛玉姿の写真を、いつもお世話になっている動物病院の先生に見てもらいました。

長毛種にはポコポコと丸い毛玉が出来ますが、ジャス君のような毛玉は、口内に炎症のある猫が毛づくろいをすると、ベトベトした唾液が糊のようになって固まってしまうのだそうです。 自然には取れませんって。

意を決してYさんはジャス君を病院に連れていくことにしました。頭の良いジャス君を再び捕獲するには時間がかかりましたが、病院と約束したその日に見事に保護する事ができました。

現在、ジャス君の入院は2週間以上になります。血液検査の結果、猫エイズに感染していることがわかり、口の中には肉芽腫ができていたそうです。

「痛かっただろうね、もっと早く保護してあげていれば」とYさん。

人間だったら小さな口内炎でも痛くて食べられなくなるのに、猫は我慢強いのです。

入院以来、自力で物を食べず、さらに痩せて下痢が続きました。強制給餌でかろうじて持ちこたえていたそうです。

今は自力で食べられるようになりましたが、今度は発熱が続き、FIP(伝染性腹膜炎)の疑いもあり、検査したところ伝染性腹膜炎を引き起こすコロナウィルス陽性。陰転を目指して現在、インターフェロン投与が続いています。

がんばれ!ジャス君。
(写真撮影、N.Yさん)
[PR]

by kiyoseneko | 2016-12-18 23:48 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

猫の腎腫瘍(2016.12.10)

16歳の老猫が慢性腎不全で、歳のせいだから仕方ないと諦めていましたが、左側の腎臓に腫瘍があることが、今週月曜日にわかりました。

急に痩せたので、おかしいとは思っていました。

毎月触診してもらっていたのですが、おそらく、腫瘍が急激に大きくなったのでしょう。痩せてる割にはお腹が張ってきたので変だとは思っていたのです。

腎臓に針を刺しバイオプシーをすればガンの種類が特定でき、リンパ腫なら抗がん剤適用で効果があります。3〜4ヶ月、普通にご飯を食べて過ごせる可能性があります…と。

最初は少しでも望みがあるのならと思いました。ところが血液検査の腎臓や赤血球の数値があまりにも悪く、ああ、これはもう週単位で覚悟しなければならないなと、はっきりとわかりました。

先生も「この腫瘍がなんなのか。知りたい気持ちがあっても、猫にとって痛い針を刺されて、その上、毎週の抗がん剤や血液検査の繰り返し。ある程度良くなっても3〜4ヶ月ということが、この子にとって幸せかどうか…」と。

もう何もしないという決意を伝えました。先生は「後悔のないようにね…」と。

実はこの時もまだ迷っていました。
もしかしたら、少しでも楽になるのではないか、奇跡でも起こって治るのではないかと。

自宅点滴を毎日、腎臓が悪くなると胃が荒れるので胃薬。そして2週間の抗生物質の注射を入れてくれました。

「あとは、してあげられることはないかしら」と、本当に優しい先生。

2週間後に抗生物質の効果が切れた時、もし少しでも回復していたら、また病院に連れてこようと、その時は少しの希望を持っていました。

でも、もう無理みたいです。

日に日に、状態は悪くなっているのでしょう。それでも昨日は、少しは食べました。

今日は水を飲むのがやっとです。
呼吸もやや、荒くなっています。

昨日は、高いところにある猫ベッドに登りたがるそぶりを見せました。

ずっと、うちのボス猫でした。
上げてやると、安心したようにそこに横になり、部屋全体を見下し、眼光だけは鋭く。

無理やり食べさせたり、無理やり延命することなく、ボスとしてのプライドを尊重してやりたいと考えています。

でも涙が止まらないのはなぜだろう。

b0220664_15302637.jpg

水を飲もうとして、じっと考え込んで、飲まない。以前も腎不全末期の猫が同じ状態でした。死期が近いのかもしれません。

b0220664_15302757.jpg

苦しいのでしょうか、何度も姿勢を変えます。でもじっと私の顔を見てくれます。

私も。ストレスがかからないように、そっと見守ります。本当の老衰ではないから、最期は苦しむんだろうな。その時が目に見えるようで、本当につらい。



[PR]

by kiyoseneko | 2016-12-10 14:42 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

昨年度の引き取り頭数(2016.12.4)

平成27年度の清瀬市から動物愛護相談センターへの持ち込み頭数は成猫1匹、子猫1匹で計2匹でした。成猫は傷病で通報により、また子猫は拾得者からの通報で収容されたようです。いずれも清瀬市は関わっていない(連絡を受けていない)案件とのこと。
2匹ぐらいならなんとか助けてやりたかったなぁと思いますが、この数字には、路上等で亡くなっていて市が収容した猫は含まれません。市内にいる、全ての猫を保護して飼い主が見つかれば良いですが、それはまず不可能です。無理な保護は不適切な飼養にも繋がり、人も猫も不幸な状態に陥る危険があります。

野良猫の絶対数を減らすこと、それには徹底した不妊去勢手術しかありません。

また動物愛護相談センターに収容された猫、特に乳飲み子のほとんどは殺処分であることをどうか知っておいてください。
[PR]

by kiyoseneko | 2016-12-07 11:17 | お知らせ | Comments(0)

講演会「牛を生かす意味」に行きました(2016.12.4)

所沢市小手指駅前の市民ギャラリーで開催された希望の牧場代表、吉沢正巳氏の講演会。

食用の牛を育てて出荷することが畜産農家のはず。食用にならない牛を生かし続けることになんの意味があるのか。
b0220664_11083109.jpg

b0220664_11083217.jpg

b0220664_11083396.jpg

b0220664_11083477.jpg


原発が爆発して放射能が降り注いだその時、現場では何があったのか。その場にいた吉沢さんだから語れる緊迫した物語がそこにありました。

2時間立ちっぱなしの演説。
講演会前にも、小手指駅前で街宣したというので、なんともパワフルなおじさまです。行動あるのみ!行動せよ!と、かつての学生運動を彷彿とさせますが、真っ直ぐな情熱と信念には揺るぎがありません。

「オレは牛飼いだから、牛と生きる」
「被爆した牛は原発事故の生き証人」

怒りの中に、悲しみでもなく、寂しさでもない、どうしようもないやるせなさが入り混じっていました。その話を聞きながら、今まで感じたことのない思いにとらわれました。

「希望の牧場」という命名も、必ずしも明るい未来を思い描いたものではなく、原発によって故郷を奪われた「絶望」への、痛烈なアンチテーゼのようです。

最後に生活クラブの支部長さんの挨拶の言葉が、講演を聞いたすべての人の気持ちを代弁していました。

「大きな宿題を課せられた気がします。」

b0220664_11083402.jpg

被爆牛を扱った週刊誌の記事と、希望の牧場発行のBECO新聞。

b0220664_11083530.jpg

吉沢さんを主人公にした絵本(森絵都さん作、吉田尚令さん絵、岩崎書店発行)にサインを書いてもらう時に、吉沢さんに牛の寿命を聞いたら「15年ぐらい」だそうです。ですが配合飼料で肥育する必要がないので、牧草を食べて20年ほど生きる牛もいるのだそうです。「こうなると、もう牛の動物園だな」と、とつとつと話してくれました。笑って良いのか、泣きたいのか、自分でもよくわからない気持ちになりました。


[PR]

by kiyoseneko | 2016-12-05 10:07 | Comments(2)

講演会「牛を生かす意味」のお知らせ②

講演会のお知らせ追加情報です。
当日券あります。 予約不要、ぜひたくさんの方々にお越しいただきたく、よろしくお願いします。
b0220664_01145458.jpg

b0220664_01145555.jpg


缶バッチは1個100円。
プロのデザイナーさんとアマチュアの作家さんが無償でデザインしてくれたそうです。これらの売り上げもすべて牛たちの餌代の資金になります。どうぞよろしくお願いします。
[PR]

by kiyoseneko | 2016-12-03 01:07 | お知らせ | Comments(0)

講演会「牛を生かす意味」のお知らせ

東日本大震災から、来年でまる6年。まだ余震が続き、その度に大丈夫かと危惧する声が上がります。

人間は避難して、動物たちは置き去りにされたという現実。

被爆した牛達は、殺処分される運命でした。

その牛達を今でも生かし続けている方がいます。

なぜ? なんのために??

知りたい方は、ぜひ講演会にお集まり下さい。

私もよくわかっていません。

真実を知りたいです。

b0220664_10293951.jpg
b0220664_10294977.jpg


主催者の一人は、チャコちゃんを看取ってくれた猫耳の会の会員さんです。
会員になるずっと前から、このような活動をしていました。
何ヶ月も前から、吉澤さんを呼ぶという話は聞いていました。
それだけの月日をかけて準備した講演会です。
ぜひお運び下さい!
[PR]

by kiyoseneko | 2016-12-01 10:31 | お知らせ | Comments(0)