<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

勝手に応援!川越の里親会(2016.4.30)

b0220664_1742592.jpg

明日5月1日(日)、小江戸川越で犬猫譲渡会が開かれます。

主催は川越の保護猫カフェのねこかつさん(ブログは→ここから

おっちゃんことオーナーのUさんは、猫の保護と譲渡に力を入れて…清瀬にまで猫のレスキューに来てくれた正義の味方、誰がなんと言っても我らがヒーローです。でも最近お疲れ気味みたい…無理しないでください。

川越の蔵里(くらり)で開かれる譲渡会。
ねこかつさんは、ご自分が保護猫でいっぱいなのに、他の団体さん優先で譲渡会に出してくれると聞きました。他を差し置いても、まず自分のところの猫を出したいのはずなのに…どこの猫でも幸せになってくれればいいよって、どこまでお人好しなんですか??でもだからこそ、応援したい人たちがたくさん集まるのでしょうね。

明日は犬の譲渡はなくて、猫ばかりだそうです。
またたび家のグッズも出店するそうです。(またたび家のブログ→ここから
チャコちゃんの保護でご自分もいっぱいいっぱいのはずなのに、清瀬からYさんが販売のお手伝いに行くそうです。私も行けたらちょっとでも顔を出したいな。川越、好きだし…うちの犬の具合次第。

小江戸川越、GWに観光がてら、みなさんぜひ蔵里にお立ち寄りくださいね!
西武新宿線、本川越駅から徒歩3分です。
[PR]

by kiyoseneko | 2016-04-30 18:06 | お知らせ | Comments(0)

チャコちゃんの面会に(2016.4.28)

今朝、家を出るまで、病院から電話がなければ良いなぁとそればかり考えていました。

Yさんと一緒に病院に着くと、いつもの可愛い看護師さんがチャコちゃんを連れてきてくれました。

ニャーオと鳴いて、箱座りにはならず立ち上がろうとするので、「入院した時より元気になってるね!」とYさん。
(※「箱座り」とは「香箱を組む」とも言いますが、ネコの座り方の呼称。足を全て身体の下に入れて頭だけ持ち上げた座り方。具合が悪い猫はこの姿勢でじっとしている事が多いです。瀕死になればぐったり横たわってしまいますが、その前段階。)

それでも丸一日、静脈からの点滴でも数値は改善せず、御飯も食べようとしません。体温も相変わらず低いのです。

一時的に改善はあっても、予後は厳しいだろうと思われますが、と言って、まだ完全に諦めるには早すぎます。

何を食べて生きていたのか、部屋にネコのトイレもなく、チャコちゃんはお風呂場で用を足していたらしいのですが、チャコちゃんのように室内に閉じ込められたまま、飼い主の入院、入所と同時に具合が悪くなり、亡くなる猫も多いのでしょう。憐れとしか言いようがありません。

せめてほんのひとときでも、退院して、猫らしい生活をさせてあげたいです。
b0220664_14372141.jpg
b0220664_14372161.jpg





[PR]

by kiyoseneko | 2016-04-28 14:20 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

常に前向きで!(2016.4.27)

市内の12匹多頭飼育のレスキューに来てくれたボランティアの中に、「またたび家」のベテランボラさんがいました。

若くて美しい女性。フルタイムで働いているのに、休みの日はすべて猫のボランティアだとか。
いったいいつ休んでいるの?と心配になるほど。
でもその熱意が素晴らしく、お話を聞くだけで元気が出ました。

またたび家さん。
代表の方は、野良猫専門の動物病院を開設し、TNR活動を推進しています。
お会いしたことはありませんが、お名前はよく耳にします。

本日のブログを見たところ、多頭飼育崩壊現場のことが書かれていました。
保護しなければならない猫が多数。必要備品が足りないそうです。
ホームページ→ブログをぜひご覧ください。

危機に瀕している猫を理屈抜きに助けようという前向きの姿勢に心打たれます。
[PR]

by kiyoseneko | 2016-04-27 23:42 | その他 | Comments(0)

高齢の飼い猫の保護は難しい(2016.4.26)

他人が長年育ててきた猫を保護するのと、屋外で身ひとつで生きてきた野良猫を保護するのとは、同じ猫でありながら、まったく違うことを改めて感じています。

つい5日前までさほど深刻ではないと思っていたチャコちゃん。今日、Yさんが様子を見に行った時、窓際に敷かれたマットレスの上でじっと箱座りしたままで反応は鈍く、抱き上げると冷たかったそうです。

急いで病院に連れて行くと体温は34℃。
そのまま入院となりました。

動物病院の先生も、今まで何匹もの動物を保護してきたYさんも、そして私も、5日前のチャコちゃんが急にこのような状態になるとは想像もできませんでした。

5日前に何があったかといえば、飼い主さんが初めてのショートステイに入った直後でした。

それまで紡いできた飼い主さんとの生活が一変したストレス。既にギリギリまで悪くなっていた腎臓が、日を重ねるに連れて耐えられなくなったと考えられます。

そういえば…と思い出す過去の出来事があります。

我が家の近くで、急に飼い主さんが入院した後に残された高齢の猫は、1週間後に亡くなりました。もともと室内外出入り自由の猫でしたが、近所の人が様子がおかしいと言うので見に行くと、すでに虫の息で、見ている目の前で息を引き取りました。

猫は家につくと言いますが、決してそれだけではないのです。

やはり飼い主が元気で家にいてこその飼い猫なのでしょう。

たとえ誰かに育てられた飼い猫であっても、病歴や通院歴はもちろん、食べ物の好み、好きな遊び、どこを撫ぜると喜ぶかとか…事前に情報があれば、また別なのかもしれませんが、通報を受けた時、飼い主さんとの意思疎通は不可能である事が多いのです。

チャコちゃん。
5日前に助けてあげたら…と悔いが残ります。今はチャコちゃんの生命力に賭けるしかありません(T_T)

以前からYさんが話していた事があります。今うちにいる子たちを見送ったら、感染症の子、高齢で行き場のない子たちだけを専門で預かる看取りババアになろう…と。私も!…と手を挙げます。

まだずっと先の事でありますように。
チャコちゃん。がんばれ。







[PR]

by kiyoseneko | 2016-04-27 02:53 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

ご寄付・募金報告(平成28年1月~3月末日)

2016年1月~3月末日までに頂戴したご寄付・募金です(平成27年度分)。
(お名前のイニシャルは「姓・名」の順です)
 
【寄付金】計37,500円
(明細)
1月25日 3,000円(Y.H様)
2月17日 1,000円(N.M様) 
2月25日 3,000円(Y.H様)
3月17日 20,000円(I.K様)
3月25日 3,000円(Y.H様)
3月28日 7,500円(I.K様)


【募金】計31,359円
(明細)
2月1日  9,311円(かぶら屋秋津店様)
2月29日 13,141円(かぶら屋秋津店様)
3月18日 3,215円(秋津駅前 焼き鳥・野島様)
3月31日 5,692円円(かぶら屋秋津店様)

合計 68,859円

いつも沢山のご寄付・募金をありがとうございます。
時代の変化と共に、人と猫との幸せな共生とは何かを常に追究しながら、今後も活動を継続していきます。
平成27年度中に、ご支援いただいた皆様に心より御礼申し上げます。
これからも、きよせ猫耳の会を宜しくお願いいたします。
[PR]

by kiyoseneko | 2016-04-24 13:07 | Comments(0)

平成27年度会計報告

平成27年度 きよせ猫耳の会 決算報告
【収入の部】
1.前年度繰越金 352,539円
2.会費 76,000円
3.寄付金(募金) 393,952円
4.雑収入 71,009円
5.受取利息 98円
6.市不妊去勢手術助成金 80,000円
合計・・・・・・973,598円

【支出の部】
1.不妊去勢手術助成金 42,500円
2.不妊去勢手術助成金(会員) 38,040円
3.TNRに伴う医療費 50,872円
4.不妊去勢手術費 152,600円
5.保護猫初期費用助成金 55,120円
6.運営費
・印刷製本費 8,390円
・消耗品費 3,857円
・交際費 7,277円
・通信費 0円
・運送費 4,924円
・燃料費 19,700円
・諸会費 5,000円
・役員活動費 30,000円
・雑費 26,108円
7・活動費 30,000円
8.振込み手数料 0円
9・予備費 139,800円
合計・・・・・・614,188円

差し引き残高 359,410円 は次年度に繰り越し
[PR]

by kiyoseneko | 2016-04-24 12:38 | 会計報告(年度) | Comments(0)

平成24年度~26年度会計報告

総会資料にすべて掲載、公表していたのですが、ブログへのアップを怠っておりました。
ここにまとめて平成24年度~26年度までの会計決算報告を記載します。

◎平成24年度 きよせ猫耳の会 決算報告
【歳入の部】
1.前年度繰越金 253,646円
2.会費 23,400円
3.寄付金(募金) 368,909円
4.雑収入 83,350円
5.預かり金 8,500円(アーティスト協力者・売上金)
6.受け取り利息 41円
合計・・・・・・737,846円

【歳出の部】
1.運営費 
・印刷製本費 8,299円
・消耗品費 3,090円
・交際費 4,620円
・通信費 0円
・運送費 4,430円
・諸会費 11,500円
・雑費 2,205円
2.活動費 23,000円
3.助成金 220,500円
4.振込手数料 3,150円
5.子猫保護・初期費用 58,500円
6.預かり金支出 8,500円
合計・・・・・・347,794円

※差し引き残高 390,052円 は次年度に繰り越し



◎平成25年度 きよせ猫耳の会 決算報告
【収入の部】
1.前年度繰越金 390,052円
2.会費 32,300円
3.寄付金(募金) 363,614円
4.雑収入 22,811円
5.受け取り利息 96円
6.市不妊去勢手術助成金 97,500円
合計・・・・・・906,373円

【支出の部】
1.不妊去勢手術助成金 241,000円
2.不妊去勢手術費 202,600円
3.保護猫初期費用助成金 35,000円
4.運営費
・印刷製本費 12,199円
・消耗品費 1,101円
・交際費 6,180円
・通信費 0円
・運送費 1,270円
・諸会費 8,000円
・雑費 5,500円
5.活動費 23,000円
6.振込み手数料 0円
7.予備費 16,819円
合計・・・・・・552,669円

差し引き残高 353,704円 は次年度に繰り越し



◎平成26年度 きよせ猫耳の会 決算報告
【収入の部】
1.前年度繰越金 353,704円
2.会費 77,800円
3.寄付金(募金) 388,470円
4.雑収入 48,070円
5.受取利息 102円
6.市不妊去勢手術助成金 82,500円
合計・・・・・・950,646円

【支出の部】
1.不妊去勢手術助成金 167,000円
2.不妊去勢手術費 223,936円
3.保護猫初期費用助成金 79,320円
4.運営費
・印刷製本費 12,756円
・消耗品費 864円
・交際費 4120円
・通信費 1,968円
・運送費 1,304円
・燃料費 26,700円
・諸会費 5,000円
・雑費 17,219円
5.活動費 36,412円
6.振込手数料 0円
7.予備費 21,508円
合計・・・・・・598,107円

差し引き残高 352,539円 は次年度に繰り越し
[PR]

by kiyoseneko | 2016-04-24 12:26 | 会計報告(年度) | Comments(0)

アニマルクラブ石巻のパネル展で(2016.4.22)

昨年のふれあいまつりで集めた応援メッセージ。アニマルクラブ石巻さんへ届けました。

その応援メッセージも含めて、現在、仙台の地下道でパネル展が行われているそうです。

アニマルクラブ石巻の代表の阿部さんと交流のある会員Yさんを通じて写真が届きました。いつもありがとうございます!
b0220664_00572384.jpg
b0220664_00572486.jpg

b0220664_00572462.jpg

↑清瀬の皆さんが心を込めて書いてくれたメッセージ。宮城県の皆様に見てもらうことができました。

アニマルクラブ石巻さん、ありがとうございます。

アニマルクラブ石巻のホームページはこちら

[PR]

by kiyoseneko | 2016-04-22 23:48 | お知らせ | Comments(0)

熊本県被災ペットにご支援を(2016.4.20)

震災直後からFacebookなどでペット連れ避難受け入れの情報発信をしていた熊本の竜之介動物病院。ホームページで支援を呼びかけているそうです。ホームページはhttp://www.ryunosuke.co.jp/

朝日新聞にも掲載されたので、どっと支援が集まり、必要物資は刻一刻と変わると思われます。マメにホームページチェックをお願いします。

さらに。
今日初めて知った事ですが、同行避難と同伴避難は別だとの話をFacebook上で読みました。
同行避難施設でも、飼い主と同伴できるとは限らず屋外に繋がれるケースも。当然共に室内で過ごせると考えて避難してきた飼い主さんのショックはいかばかりか。

理想は共に室内に。それを目指したのが、この竜之介動物病院だそうです。
先見の明のある、素晴らしい先生ですね。
[PR]

by kiyoseneko | 2016-04-20 04:34 | お知らせ | Comments(0)

平成28年度総会 開催(2016.4.17)

熊本県周辺での大地震でお亡くなりになった方々とご家族、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

地震に驚いた犬や猫が脱走して行方不明になっているという情報がSNSなどで拡散されています。

避難所で同行避難している犬や猫への必要物資は足りているのでしょうか。せっかく避難しても熱中症で亡くなる犬もいるそうです。環境の激変は人にもペットにも苦痛です。心配です。

そんなニュースが気になる中、4月16日(土)午後1時半から清瀬市民活動センターで、平成28年度総会を開催しました。出席16名。

1.開会あいさつ
2.議長選任
3.平成27年度報告
4.平成27年度決算報告
5.平成28年度活動計画案
※平成28年度活動計画への修正動機案審議
6.平成28年度予算案
7.平成28年度役員
8.議長解任
9.閉会
b0220664_13151897.jpg

5年間の地道な活動の甲斐あって、市内には野良猫がずいぶん減りました。これからも気を緩めることなく、地域猫活動やTNRを進めなければなりません。

しかし社会の変化が大波のように押し寄せてきます。野良猫のTNRだけだった会の活動にも変化が必要です。人と猫との幸せな共生とはなんでしょうか。

以前から、会の中でも話し合われていました。「もっといろいろな活動をしたい」「多くの人が自主的に参加できる場を作りたい」「一人一人が得意なことを発揮できる会にしたい」…。理想はあっても具体案はなかなか出ませんでした。勇気を持った会員さんの提案が、地域猫とはかけ離れていると、今はまだ実現は難しいと却下されることが多かったのです。

6年目に入り、会の基礎はできています。猫耳の会は法人でもなければ、お役所でもありません。

ここに、ある会員さんから寄せていただいたメールがあります。心に響く言葉が散りばめられています。(一部略)

「その時、その時で精一杯の協力をするのがボランティアの仕事だと思います。初めから活動を縮めるよりもその時できることを積極的にやっていれば自然に人材や資金も集まってくるような気がします。」

心から共感します。

[PR]

by kiyoseneko | 2016-04-17 04:00 | 活動 | Comments(0)