<   2016年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

年度末に(2016.3.31)

猫のボランティアを名乗る人達が、ここ数年で急に増えてきました。

地域猫が世の中に認められ、こっそり猫にエサをあげていた人たちが表に出てきたのでしょうか。それとも新世代ボランティアが育ってきたのでしょうか。

それでも5、6年前は、まだまだ市内は野良猫だらけでした。過去の慣習のまま、隠れてエサをやる人がほとんどだったからです。餌をやる人と、それを迷惑に思う人との間で、時には陰湿な、時にはあからさまな攻防が繰り返されていました。

今年度は、野良猫に餌をあげている方々に向けてのお願いが市報に初めて載りました。「餌をやらないで」ではなく「置き餌をしないでください…」です。この違いがわかる人、また、市報にこの記事が載る重要性を深く考える人は多くないかもしれませんが、ようやくここまで来たと密かに感動しました。

年度末から新年度は、お世話になった担当課の方々の定年退職や異動があり、寂しさが募ります。Y課長補佐、W課長、ありがとうございました。本当にお世話になりました。

きよせ猫耳の会は新年度から6年目を迎えますが、本来の意味での地域猫は未だに市内に広がっていません。

高齢化が進み、町内のまとめ役である自治会や町会がどんどん減っていること、大きな畑は宅地になり、それまで清瀬とは縁もゆかりもない世代がどんどん増えていること。

野良猫が生きる場所も、ますますなくなっていくかもしれません。そうなれば地域猫活動そのものが無用となります。(そうであって欲しいのですが…)

本来の意味での地域猫とは「自治会や町会の承認を得て、地域住民に周知して、トイレを設置し、餌の時間を決めて、片付けて、掃除して、限られた数の猫たちを最後の1匹がいなくなるまでまで町内で世話をする」事です。今の清瀬でこのような地域猫活動は、集合住宅以外ではまず不可能だと思います。

ですが、限りなく地域猫に近い活動なら、どこでも十分可能です。

近所にくまなくチラシを配布、餌をやっていそうなお宅に戸別訪問、餌やりさんかそれに代わる人に協力を求め、確認できる限りの付近の猫たちをすべてTNR。野良猫が減って文句を言う人は、ほとんどいません(中には、かわいい子猫がいなくなるじゃないの!と怒る人もいるようですが、飼えもしない子猫を増やすことに執着する人の言うことは聞けません)。

そして、あくまでもその地域に住む人が活動の主体です。

ボランティアが、餌やりからTNRまで、何もかもやってしまうと、一時的に野良猫が減っても、何か問題が起きた時には「うちの猫じゃないもの。ボランティアが来てやってくれるでしょう?」と、地域住民の依存度が高くなってしまうのです。

昨年、介護職員初任者の研修を受けたとき、講師の先生から何度も何度も言われた事があります。

「ヘルパーとして派遣された家では、決められた内容の支援や介護以外は、やってはいけません。なぜなら、もし、あなた以外のヘルパーがその家に派遣された時、そのヘルパーはこう言われるでしょう。『前に来てくれた人は、頼めば何でもやってくれた。どうしてあんたはやってくれないのか…』と。ケチだ杓子定規だ何だといわれても、決められたことをきちんとやっていくうちに、必ず信頼は得られます。むしろ、その場限りやご機嫌取りで動くヘルパーは、いずれ信用されなくなります。」

地域猫ボランティアが信用第一である点は、同じです。

地域猫に関する会としての活動方法と活動内容をきちんと定めて、それ以上の事をやるのであれば、個人活動としての自己責任。それは最初からの会の決め事でした。そうしていかなければ会を維持することはできませんし、もし猫耳の会が動かなければ、捕獲や病院への送迎など現場のTNR活動をやる人がいなくなり、市の助成金も活用されなくなってしまいます。助成金を使う人がいなくなれば、助成金制度そのもののも廃止になるでしょう。

多くの人たちの思いや願いが結晶となってできている猫耳の会です。これからも、着実に地域猫活動やTNRが続けられますように!






[PR]

by kiyoseneko | 2016-03-30 19:07 | Comments(0)

猫は家屋を破壊する(2016.3.30)

どうでもいい話。

長年猫たちが愛用している天井突っ張り式キャットタワーが古くなったので解体したら、天井に穴が…(・・;)
b0220664_11583023.jpg

グラグラする割に倒れないなぁと思ってたけど。最初から組み立て方を間違えていたらしい。

猫が原因で家屋の破壊がこれ以上進むのは、さすがにマズイ。

人と動物の地域での共生の前に、我が家での「心地よい共生」が先かも。

老犬の粗相が続いて和室の畳も腐ってきた…いよいよ本気でリフォームしないと。時間がないなんて言ってる場合じゃない⁉︎

行き場のないたくさんの猫を保護してきたボランティアも、地域猫活動が進めば、保護しなければならない猫は減ります。これからは、そういう世の中でありますように。

さあ、掃除、掃除!
[PR]

by kiyoseneko | 2016-03-30 11:44 | Comments(0)

5年前の話し合い(2016.3.29)

最近ようやく少しずつ、溜まりにたまった資料の整理を始めました。
すべて猫関係。ダンボール5箱分ほど。

一気に捨てるつもりが、ついつい読みふけって、なかなかはかどりません。

会の前身である「飼い主のいない猫を考えるおしゃべり会」。
野良猫について、関心のある人たちを市内から集めて、ただおしゃべりするだけの会。
活動センターの協力で実現できました。

その時のメモが出てきたので読んでみたら、参加者の発言に次のようなものがありました。
「猫好き、猫嫌いな人、両方いる。『猫嫌いの人は話をきかない』など、決め付けるのは良くない」。

5年前に、すでにこのような冷静な意見が出ていたのですね。
言いたいことを言う。納得いくまで話し合いを繰り返す。互いの立場や意見を尊重する。
猫耳の会の基礎は、最初からあったのでしょう。

「第一回飼い主のいない猫を考えるおしゃべり会」の写真。活動センターのパソコンに残っていたそうです。
懐かしいですね。
b0220664_093487.jpg
b0220664_013216.jpg

[PR]

by kiyoseneko | 2016-03-30 00:22 | その他 | Comments(0)

街は変わり、猫は戸惑う(2016.3.23)

b0220664_20104707.jpg

b0220664_20104731.jpg

10年前、初めて複数の猫たちをまとめてTNRした思い出の場所。古い森のようだったのに、いつの間にか更地になっていました。

近所の人の話では、古い木が根こそぎ倒される音は、まるで悲鳴のようだったそうです。

ここで生まれ育った猫たちは、その間、どうしていたのでしょう。何を見て、何を聞き、何を感じていたのでしょう。

10年前、ここは通りかかる人たちが気まぐれで餌を置いていくため、子猫がどんどん増えていました。遠くから自転車でやってくる人もいました。

チラシを張って協力を求めたら、5人の餌やりさんが連絡をくれました。地主さんに挨拶して、みんなでお金を出し合って、必死でTNRした日々が夢のようです。

子猫のうち、里子に出せる子はすべて出しました。

コンクリートの高い塀。
猫たちがここに乗って、いつもご飯を待っていましたっけ。

深夜12時過ぎ、お母さん猫が車に轢かれて死んでいる!という悲痛な連絡を受けて、急いで駆けつけたこともありました。顔は血だらけ、抱き上げた時はすでに硬直して冷たくなっていたね。思い出すと、胸の奥がチクリと痛くなります。

10数匹いた猫も数匹になりました。幸い、まだ当時の餌やりさんたちが通っているそうです。地主さんの家もあるので、広い庭に居場所はあるようです。

街が形を変えると、猫の居場所も、猫の動きも変わります。時が移り、世代交替で、広い敷地が売却されたり、自然がなくなっていくのは仕方ない事かもしれませんが、哀しい思いをする猫がこれ以上増えてほしくありません。

猫に餌をやるなら不妊去勢手術を。
その願いは変わりません。
10年前から、ずうっと。


(追記:4月17日 会員さんからの報告では、市内の数箇所で同じように広大な敷地が開発されて、ハクビシンの目撃情報が増えているそうです。玄関を開けると、塀の上にハクビシンが乗って排尿していて、驚いたそうです。ハクビシンも猫も同じ生き物ですが、ハクビシンは駆除対象動物、猫jは愛護動物。複雑な気持ちになりますね)
[PR]

by kiyoseneko | 2016-03-23 19:09 | Comments(0)

今年度最後の定例会でした(2016.3.21)

3月19日(土)、今年度最後の定例会を市民活動センターで開催しました。
出席者10名+ゲスト1名。

1.会報発行について
今年度の会報を予定通り発行することができました。
会報の目的、対象者、内容などについて、広報担当が話し合い協働作業をすすめてきました。
会員以外に、市のご担当のS様にも原稿をお願いしました。お忙しい中、原稿をお寄せ頂き本当にありがとうございました。制作の最終段階でドタバタしましたが、内容的には満足のいくものとなりました。
会報は会員全員に配布のほか、水と緑の環境課や各地域市民センターなど公共施設に順次、置かせてもらう予定です。見かけたらぜひ、お手にとってご一読ください。宜しくお願いします。

2.総会について
創会当初は、野良猫の不妊去勢手術を中心とした会の目的をとにかく理解してもらいたい、認めてもらいたいという必死の活動で、周囲もやや引き気味の目線だったように思います。
5年目となる今年度は「運営役員+現場スタッフ+企画・広報サポーター体制」が出来上がり、さらに会員同士の協力と、猫を心配するたくさんの人や行政のご理解のおかげで、今まで撒き続けてきた種が少しずつ芽を出し始めてきました。まだまだ大きな収穫ではないかもしれませんが、おごることなく、これからも一歩一歩、進んでいければと思います。役員改選後、新体制での活動は4月から2年目を迎えます。会の活動は、時代の流れやニーズに柔軟に対応しながら変わっていく必要があります。総会は、昨年度の振り返りであると同時に、新年度の活動内容や方針を決める大切な場です。会員や賛助会員のご出席・ご臨席をお待ちしております。

3.現場からの報告
最近、市役所経由での相談が増えてきました。大変好ましいことだと思います。
数年前まで、「市はどうせ何もしてくれない」「エサやりがバレたら叱られる」「猫が処分されてしまう」という声が多く聞かれました。相談が入るということは、それだけ多くの方々が市に信頼を寄せ始めているということです。もちろん、市から会への丸投げでは困りますし、こちらで対応できない相談もあります。それでも、住民・行政・ボランティアの役割分担がうまくいけば、三者協働の地域猫活動が根付き、人も猫も共に住みやすい町になっていくはずです。そのための協力を猫耳の会は惜しみません。

4.会計報告
さまざまな活動の資金源である会の財政は、多くの方々に支えられています。
市の助成金が一切なかった頃、野良猫の不妊・去勢手術代の一部は会が助成しており、それ以外の目的に利用する余裕はありませんでした。今では、市が出せない手術費用を会で助成したり、TNRする猫のための簡単な医療費を、会から支払うことができるようになりました。さらに被災地支援など、活動の幅が少しずつ広がっているのはすべて、会のために心を寄せてくださる方達からの温かいご寄付のおかげです。本当にありがとうございます。今年度の会計報告は総会後にお知らせいたします。

5.その他
東京都が発行したシニア世代のパンフレットや、会の公式HPについて話し合いました。

さらに、ある市場調査のため猫耳の会から話を聴きたいという方がゲストとして定例会に出席してくれました。営利だけが目的では協力できませんが、事情が少し違ったので、最後はがんばってほしいと思いました。
いろんな形で、人と猫が幸せになるのは良いことです。以前、新宿区の高木さんが話していた、第3の猫ボランティアの風が、ここ清瀬にも漸くやってくるのかもしれません。

[PR]

by kiyoseneko | 2016-03-21 12:56 | 活動 | Comments(0)

猫の出産が始まります!(2016.3.17)

一番嫌な季節になりました。
猫の出産シーズンです。
他の地区ではすでに子猫が生まれているところもあるそうです。

先日、市内で迷子になっていて見つかった猫さん。大怪我の上に妊娠していました。怪我だけでもつらいだろうに、体内に新しい命を抱えて、どれほどの苦痛だったか。

飼い主には最期まで飼いきれない猫を生み出さないように繁殖制限をする義務があります。

猫を飼うということは命を預かることです。1匹の猫があっという間に20匹以上になった現場を何度も見てきましたが、あなたは大丈夫ですか?

子猫は誰かにあげればいいとか、外に放せばいいとか、どんな色の子猫が生まれてくるか楽しみとか…そんな安易な事は決して考えていないとは思いますが。

ある現場では、生後2ヶ月ほどの1番愛らしい時期に、子猫たちがあっという間に感染症にかかりバタバタと亡くなりました。1匹の仔猫は畑の中で泥だらけになりながら嘔吐と下痢を繰り返し、助けようと近づいても必死で逃げていきました。その姿が今でも目に焼き付いています。(翌日、近所の家の庭で亡くなっていたそうです。)

そこの餌やりのおばあさんは「また誰かに毒をもられた」と言っていました。違います。間違いなくパルボウイルスによる大量感染死です。なぜなら、1匹だけこちらで保護してワクチンを打ち、事情があっておばあさんにお返しした子猫だけは何事もなく元気だったからです。

外には猫の命に関わる目に見えないウイルスや、ノミ、ダニ、条虫、回虫などの寄生虫もたくさんいます。車や電車による事故はもちろん、絶対にあってはならない事ですが、動物虐待を趣味とする人たちの犠牲にもなり得るのです。

どうか、目の届かない数になるまで猫を増やさないでください。最期まで世話ができる数を守ってください。

それには、不妊去勢手術しかないのです。

猫に餌をやるなら不妊去勢手術を、飼い猫野良猫にかかわらず、です。

清瀬市には、朝も夜もなく、野良猫の数を増やさないために必死で市内を駆け回っているボランティアがいますが、餌をやっている人や飼い主が、不妊去勢手術を怠って猫が増え続けたのでは追いつきません。

手術をするのに抵抗がある方も、一度、手術をすればホッとなさるでしょう。

ちなみに、我が家の猫たちはすべて若いうちに不妊去勢手術を済ませていますが、10歳以上の猫たちも大変元気です。発情のストレスがなくなり、室内で安心して暮らしているからでしょうね。中には野良猫出身の成猫もいますが、冬には布団にもぐりんで甘えてきます。

猫とはそういう生き物です。

庭で野良猫に餌をやっている方はもちろん、発情期の興奮から脱走して行方不明になる飼い猫を生み出さないためにも、どうか早めに不妊去勢手術を。よろしくお願いします。
[PR]

by kiyoseneko | 2016-03-17 10:19 | お知らせ | Comments(1)

5年目の3.11(2016.3)

昨日は東日本大震災から5年。

14時46分、追悼キャンドルの準備をしているボランティアさん達と共に、職場で黙祷を捧げました。

夕方から夜まで清瀬駅前で追悼キャンドル。
社協の皆さんも一緒に被災地支援の募金。

j:comの生中継もあり(インタビューに応じていたのは91歳のボランティアの大先輩)、たくさんの方たちが募金や献灯に立ち寄ってくれました。

関東も今に大震災が起こるかもしれない。我が身に降りかかってこなければ、本当の傷みはわからないのだと思います。

それでも、節目ごとに被災地に思いを馳せ、祈りを捧げる。大切なことだと思いました。
b0220664_12165983.jpg



[PR]

by kiyoseneko | 2016-03-12 09:17 | Comments(0)

怪我をした三毛猫を探しています(2016.3.10)

本日無事保護の連絡がありました。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

b0220664_22304712.jpg
3日ほど前から、行方不明の三毛猫。飼い主さんが探しています。

b0220664_22334745.jpg

一昨日、怪我をした三毛猫がいるとの情報がありました。情報元の人が撮った写真です。照合したところ、同じ三毛猫だということがわかりました。

大怪我をしているなら、できるだけ早く飼い主さんに連絡して、病院に連れて行ってやりたいと思います。見かけた方は、きよせ猫耳の会へメールでご連絡ください。よろしくお願いします。
kiyoseneko33@gmail.comまで。
[PR]

by kiyoseneko | 2016-03-10 22:47 | お知らせ | Comments(0)

多摩地区にようやく地域猫の波(2016.3.7)

昨日、東村山市の地域猫活動セミナーに出席しました。

清瀬市も後発ですが、東村山市はすでに地域猫活動がうまくいっている他市区を参考に後発の利点を活かし、東村山にぴったりの制度を立ち上げました。

初めてのセミナーでもあり、80名以上の出席。素晴らしい盛り上がりでした。

セミナー後の懇親会にも少しだけ顔を出させていただき、東村山市役所の担当の方々からもお話を伺う事ができました。特に書類作成など煩雑な仕事が増える事がわかっていながら、できる限りボランティアが利用しやすい形で活動ができるような制度にしたというお話が一番心に残りました。

NPOねこだすけさんのホームページをご覧いただくとわかりますが、今月は東村山市に始まり、国分寺市(12日)、小金井市(13日)、八王子市(21日)、小平市(27日)と多摩地区の地域猫セミナーが続きます。

多摩地区の皆様、地域猫に関心のある方はぜひ、どこかのセミナーを覗いてみてください。大抵は事前申込不要ですが、念のため、それぞれご確認ください。

地域猫に関してですが、先発地区である23区内では新たな課題も発生しつつあるようです。

地域猫活動の理念はそのままでも、社会情勢や人々の考え方の変化に伴い、既存の制度が変わる事を余儀なくされる。そんな変化のように見えます。

清瀬はまだまだこれからですが、地域猫活動が市内に根付いても、その上に胡座(あぐら)をかくのではなく、世の中の動きを常に見ながら変革を重ねていかなければならないと、そんな事もふと思いました。

また空前の猫ブームと言われていますが、ブームなるものには必ず仕掛け人がいます。なぜこんなに猫ブームと言われているのか、それをしっかり考えていかなければ、不幸な猫はますます増えるばかりです。

慎重に先を見据えていきましょう。
(3月8日、修正済み)
[PR]

by kiyoseneko | 2016-03-07 10:39 | その他 | Comments(0)

東村山市の地域猫活動セミナーは明日!

再び応援宣伝!
明日、3月6日(日)午後1時半から、東村山で初の地域猫活動セミナーが開催されます。

天気が少し心配ですが、東村山市の皆さん、近隣の皆さん、ぜひお集まりください!
b0220664_08412608.jpg


[PR]

by kiyoseneko | 2016-03-05 08:36 | お知らせ | Comments(0)