<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

車に轢かれた猫(2015.11.30)

車で走行中、前の車が次々とハンドルを切って何かを避けて進んでいる。

視界が開けた途端、目に飛び込んできたのは、道の端に横たわるぐんにゃりした猫。

周りに人が数人いて、覗き込む女性に向かって猫は上半身だけをもたげてニャアと鳴いたように見えた。

まだ生きてる!

急いで近くの駐車場に停まり、タオルとペットシーツを持って駆け寄ったら、すでに女性2人がひざ掛けに猫を包んで運んでくれていた。

どうですか?と聞くと、もうダメみたいと。みるみるうちに瞳孔が開いてしまったと。

そっとひざ掛けを開くと、キジ白で尾が長い若い猫。骨格ががっちりしてたので、多分オス。でも優しい顔、大きなメスかもしれない。首輪も耳カットもなし。ついさっきまで生きていたのに。温もりが悲しくて、少し涙が出た。

女性2人の他に、もう一人若い男の子が立っていた。たまたま通りかかったら、猫がはねられた瞬間を目撃したのだという。何事もなかったようにクルマは走り去ってしまったとか。

女性2人は憤慨していた。
どうしてそんなことができるの?と。
そう言いながらも役所に電話をしてくれていたので、あとはお任せして帰ってきた。

場所は東村山のシマホの立体駐車場を出て右折、餃子の王将の駐車場の前の道路。

もし、この付近で、キジ白の長尾の猫をお探しの方がいましたら、東村山市役所にお問い合わせをお願いします。

優しい人に看取ってもらってよかった。
勇気ある女性2人と、見守ってくれていた男の子に感謝。


[PR]

by kiyoseneko | 2015-11-30 20:14 | その他 | Comments(0)

東久留米のHAS 年内最後のバザー(2015.11.28)

お隣りの東久留米では、20年以上に渡って活動しているHASという動物愛護団体があります。

猫耳の会ができる前は、HASの現代表が清瀬市内の猫のTNR相談を一手に引き受けてくれていました。爆発的な野良猫の増加が食い止められていたのはHASのおかげなのですが、今となっては一部の人しか記憶していないでしょう。

そのHASさんは定期的にバザーを開催していますが、年内最後のバザーが開かれます。

12月13日(日)午前10時から午後3時まで。
会場は東京都東久留米市金山町1-6-15、駐車場はありませんので近隣のコインパーキングをお使いください。

詳細はHASホームページをご覧くださいね。よろしくお願いします。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-11-28 04:39 | お知らせ | Comments(0)

活動へのお誘い無事終了(2015.11.26)

市民活動センターでの活動発表とお誘い発表無事終了いたしました。

活動内容は多岐にわたっているので、すべてを20分で話すなど不可能。

ほんのさわりだけの、猫耳の会らしい控えめな発表でしたが、とても良かったと思います。

①会の創設までの経緯②現場の活動内容③地域の住民同士の交流を生み出した地域猫活動の実践。

地域猫活動が人と人を結びつける活動だということが、聞いているみなさまに伝わったとすれば幸いです。

これからも地道に活動していきましょう。
よろしくお願い致します。
b0220664_18374001.jpg

b0220664_18374075.jpg

配布資料の一部。犬は行政によって保護収容されるのに、猫は負傷収容しかありません。データからいろいろ見えてきます。
さらに殺処分されるのは離乳前の子猫がほとんどであることから、殺処分されるのであれば、生まれないように不妊去勢手術をしましょうと声を大にして言いたかったのですが、それは12月5日のセミナーで講師の方々が熱く語ってくれるはずです。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-11-26 17:59 | 活動 | Comments(0)

本日、ボランティア市民活動へのお誘い(2015.11.26¥

本日午後1時半より、市民活動センターでボランティア市民活動へのお誘いという催しがあります。
地域通貨ピース、コミュニティふれあいネット(COFUNE)、最後に、きよせ猫耳の会が発表を行います。

会長をはじめとする役員や会員4、5名で猫耳の会の活動をアピール。一緒に活動してくれる人が少しでも増えるといいのですが。

猫の活動というと、多くの人は、捨てられた猫を保護して飼える人を探す活動という、いわゆる保護活動を思い浮かべるようです。それはできない、うちは猫は預かれない、無理無理、と最初から拒否感を示す人が多いです。

猫耳の会ではそれは会の活動のメインではありません。

行政も住民も我々ボランティアも一緒になって、野良猫に不妊去勢手術をおこなって数を減らしましょうという活動です。

結果、保護しなければならない猫や殺処分される猫がゼロになり、住環境も良くなり住民間のトラブルもなくなります。

そのためのお手伝いというか、人と人を上手につなぐためのボランティアを私たちは行っています。もちろん実際に現場に出向いて、猫を捕獲したり病院に搬送したりもしています。

一般の猫とはなんの関わりもない方々が、どんなことを知りたいのかな?とも思います。私たちの活動をアピールするだけではなく、疑問質問にもきちんとお答えできればいいなぁと考えています。


[PR]

by kiyoseneko | 2015-11-26 10:08 | お知らせ | Comments(0)

老化のせいと決めつける前に(2015.11.19)

わが家の15歳の愛犬が、急に老け込み、家中いたるところに排泄するようになりました。一日中、玄関で寝ていて声をかけても無反応。散歩は行きたがらず、何をするにも億劫そうです。

犬に関しては素人同然なので、犬を飼っている人達に聞くと、皆さん口を揃えて、うちも同じ、年をとれば犬はそうなるとおっしゃる。

老化現象ならば仕方ないと、一旦は思いましたが、15年間残したことのないフードが、ある日お皿に残っていたのを見て考えました。もし、万が一、別の病気が隠れていたら…。

たまたま近くに全身の健康診断をやってくれる小さな病院があるので預けてみました。

2ヶ月前、別の病院で診てもらった時は、血液検査の結果から肝臓が悪いと言われていました。でも病院が変われば、先生の見立てが全く違うことがあるのは、何度も経験済みです。それでもきっと、さほど変わらない診断だろうと軽く考えていました。

なのに…。

①脾臓に腫瘍(超音波検査)
②副腎が腫れている( 超音波検査)
③腎臓の数値が悪い(血液検査)

先生と頭を突き合わせて検査結果を見ながら、さてどこから治療に取り組みましょうかと長々とした話し合いになりました。

飲水量の増加、頻尿、荒い息、脱毛、無気力、さらに副腎の腫れを見る限りにおいて、老犬に多いクッシング症候群の可能性が高いので、まずそのための検査を行いましょう、腎臓は補液(点滴)で当分、様子をみましょう。費用としては、いくらぐらいかかります…。

いきなりたくさんの病名を突きつけられて動揺していた私に、大変わかりやすく、親身になって今後の治療方針を説明してくれました。

それが1ヶ月前。
いまは、わが家の犬は以前より元気になりました。家族が帰宅すると吠えたり、私の顔を見ると以前と同じように、歩いてついて回るようになりました。

あのまま放置していれば、そのまま気力も体力も落ちて、亡くなっていたかもしれません。

犬も高齢になれば、そのまま死なせてやった方が幸せだという考え方もあると思いますが、それでも、少しでも症状が緩和できて、1ヶ月でも1週間でも数日でも、生きていることがうれしいと感じてもらえた方が、飼い主も犬も幸せだと思うのです。

まだまだ今後の闘病は続きます。
年が年だけに、さほど長い闘病にはならないでしょう。

それでも私の思い込みだけで、放置しなくてよかったと、今は心から思っています。

ロッキー、もう少しだけ。
一緒に頑張ろうね。
b0220664_11290604.jpg








[PR]

by kiyoseneko | 2015-11-19 10:40 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

動物愛護推進員、再任面談(2015.11.9)

3年ごとに更新の東京都動物愛護推進員。
今は2期、6年目で、来年度はどうしようかな?と思いましたが、まだやりたいことが残ってるので、都庁まで再任面談に行くことにしました。

ここ数ヶ月、ゆっくり休む暇もなく、我が家の高齢犬猫の症状に気が抜けない、そんな日々が続いたためか、完全に体をぶっ壊して、今日は熱っぽい。でも風邪薬とドリンク剤と気力で乗り切りました。

面談では、この3年間でやってきたこと、次の3年間で何をしたいか?こまってることは??などなどを、それぞれ順番にフリートーク。
みなさん頑張ってるなぁ、すごいなぁ、と勉強させてもらって帰って来ました。

私としては、もう猫耳の会という会の基礎は築いたのだから、あとは今までやってきたことを、地道に続けていくだけ。

その中に、この前のふれあいまつりでのような、いつもとは違ったイベントを盛り込み、人と人との付き合いを大切にしながら、活動していければいいかなぁと思います。

肩肘はらず、マイペースで。
真面目にコツコツやっていると、誰かがどこかで見ててくれるものです。認めてもらえなくても、自分に恥ずかしくない活動を。


b0220664_16235133.jpg

都庁25階。1階エレベーター前でセキュリティのための書類を書かされました。オリンピックが近いからかな?厳重警戒体制のようです。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-11-09 15:24 | 活動 | Comments(0)

ふれあいまつり終了(2015.11.7)

きよせふれあいまつり、終了しました。
3階まで人を呼び込めるか??の心配は杞憂に終わりました。

来場者350名以上。
会員の知人友人、近隣市からも地元で活動している猫ボラさんたちが顔を出してくれました。差し入れのお菓子等もありがとうございました。

b0220664_18135803.jpg

清瀬高校1年生のボランティアお二人がスタンプラリーを手伝ってくれました。ありがとうございました!
b0220664_18135800.jpg

b0220664_18135998.jpg

なんだ!この可愛さは!
今回、パネル展示をしてくれたYさんがお友達のお花屋さんに頼んで特別に作ってもらったアレンジメントを飾ってくれました。猫が耳カットされてます!
b0220664_18364237.jpg

市民まつりにも来てくれた女の子2人。
熱心に展示を見て、感想をぎっしり書いてくれました。ありがとう!セミナーでも待ってるよ!
b0220664_18364281.jpg

真剣に説明を聞く来場者の方。
b0220664_19185570.jpg

色々な人たちが真剣に見てくれました。
b0220664_19185652.jpg

動物を捨てないでほしい。野良猫をふやさないでほしい。その思いを多くの方々に。
b0220664_18364373.jpg

狭山市、所沢市、東村山市のボラさんたちが、野良猫の不妊去勢手術のための助成金の実現について、真剣に話し合っていました。やり方はそれぞれでも、思うところは一つ。
b0220664_18364375.jpg

b0220664_18364325.jpg

b0220664_18364467.jpg

展示パネルがたくさん。充実の内容です。
b0220664_18364437.jpg

DVDを真剣に見る方々。
b0220664_18364573.jpg

b0220664_18364561.jpg

パネル展示とDVD上映許可を下さったアニマルクラブ石巻へのメッセージ。こんなにたくさんの方々が記入してくれました!
b0220664_18364567.jpg

ふれあいまつり終了後、片付けていたら、こんな子どものイタズラを椅子の上に発見!誰だ!可愛すぎるぞ〜。

いろいろありましたが、無事終了しました。ご協力、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!


[PR]

by kiyoseneko | 2015-11-07 17:58 | 活動 | Comments(0)

ふれあいまつり、ぜひご来場を!(2015.11.6)

明日はきよせふれあいまつり。
猫耳の会は午前10時から午後2時まで、コミュニティプラザひまわり3階の音楽室でパネル写真展示とDVDミニ上映会を開催します。

パネル展示はNPOアニマルクラブ石巻に保護された東日本大震災被災動物たち。そして写真集「捨猫」の写真。

DVD上映は全編55分のDVDを10時、11時、12時、2時の4回放映します。つまり流しっぱなし。途中入室も退室もできます。お気軽におたちよりください。

またふれあいまつり全体で行っているスタンプラリーにも参加しています。

スタンプラリーのゴール地点の隣が猫耳の会の部屋ですので、ぜひ最後にお立ち寄りください。展示を見て、感想を書いていただければスタンプを押しますよ!
よろしくお願いします。
b0220664_20440640.jpg

b0220664_20440755.jpg

展示の一部です。ぜひ会場でゆっくりご覧ください。


[PR]

by kiyoseneko | 2015-11-06 20:27 | お知らせ | Comments(0)

きよせふれあいまつりで猫耳の会は…(2015.11.5)

毎年参加させていただいている、きよせふれあいまつり。
今年は当初、参加を見合わせようか??と考えていました。

ふれあいまつりは、福祉まつりからの流れを受け継ぐイベントです。
そもそも福祉とは何でしょう??

福祉、特に市が関係するイベントであれば、あくまでも「人の福祉」の問題であろうと思うのです。
そこに、「野良猫に不妊去勢手術を!!」を、活動の第一目的にしている猫耳の会が参加することに、ずっと違和感を抱いていました。(地域猫活動は環境問題だと言い続けていたのですから)

野良猫の不妊去勢手術、または地域猫活動とは、猫の幸せを最優先する活動ではありません。
あくまでも主役はそこに住む人間であって、増えすぎた猫は糞尿や鳴き声等で住人に迷惑をかける存在であるという理由から、猫そのものには何の罪もないのに、捕獲され手術されなければならない、猫にとっては、まことに迷惑極まりない活動なのです。私たちは、心を鬼にして、それに取り組んでいます。猫嫌いな人も町には沢山住んでいます。その人たちの側にたって、猫を擁護する人たちと意見を交わさなければならないときもあります。

愛護は胸に秘めて、です。

でもどうしてもつらいこともあります。
猫には何の非もないのに!なぜ???と泣きたくなることもあります。
心のバランスが、時として崩れます。

福祉とは幸せの追求。
だったら、私たちが心の中に秘めている本当の思いを、年に1回だけ、ふれあいまつりでだけ、思い切り解放しても良いのではないか?と思いました。

賛助会員のYさんは、ずっとずっと前から、個人的あるいはお友達と共に、東日本大震災被災地等の動物を保護している団体の支援を続けていました。被災地動物の写真展や映画会を市内や近隣市で開催するなど、清瀬市内でしか活動していない私にとって、心の窓を大きく開いてくれる存在でもあります。

Yさんのご協力を得て、今回、上映会、写真展を開催できることは、5年目を迎えた猫耳の会にとって、新たな1歩であろうと思います。

猫が可愛い、かわいそう…涙を流しましょう。
目を背けても何の解決にもなりません。
現実を知って、前を向き歩いていきましょう。

ふれあいまつりへのご来場、お待ちしています。
猫耳の会は3階の音楽室(エレベーターでも上がれます)。
木製の床と壁の落ち着いた空間です。
おまつりの喧騒に疲れたら、写真パネルや上映会をボーっと見ながらどうぞゆっくりお過ごしください。

ご来場、お待ちしています。

きよせふれあいまつりHP
きよせふれあいまつりブログ


b0220664_14583070.jpg


b0220664_14444294.jpg

[PR]

by kiyoseneko | 2015-11-05 15:01 | 活動 | Comments(0)