<   2015年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

シマ三毛ちゃん(2015.5.28)

里親募集中です
b0220664_2013982.jpg
わが家の近所で友人が保護。今日一緒に病院に連れて行きました。見せてもらったら、すごくちっちゃい。怖かったのかぷわっ、シャーっと頑張って威嚇してたけど、全然怖くないんだよ。可愛すぎて。
(お見合い予定あり。撮影Y.Nさん)

保護してくれて本当にありがとう。
自分が住む地区に野良ちゃんがウロウロしていたら、気になって仕方ない。

近所の猫の顔はほぼ把握していても、流れ込んで来る猫すべてはわかりません。

こうやって小さな子猫を大きくなる前に保護して、1匹でも野良猫を減らしていくことは地域猫活動の一つの役目なのだと思います。

里親さんが見つからないかもしれない…と恐れていては前には進めません。

いつだったか動物病院で会った猫ボラさんは、白血病とエイズのダブルキャリアの猫を、もうすぐ里親さんにお届けするのよ、と話していました。本気で里子に出すつもりがあれば、もらってくれる人は必ずいると断言していました。

できれば保護しなくて済むようにTNRを徹底しても、漏れは必ずあります。その時どう対応できるかは、これからも考えていかなければならない課題なのかもしれません。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-05-28 19:45 | 活動 | Comments(0)

子猫がいっぱい(2015.5.28)

今年の春は静かでした。
ここ10年、毎年GWには必ずといって良いほど猫の問題が起こりましたが、今年はありませんでした。

いずれ来るだろうと思っていたら案の上。
3匹の母猫と10匹以上の子猫がいる現場があるとの情報が会長に入ったそうです。
まあ、順当な数でしょう。そのままにしておけば、来年にはあっという間に30匹越え。
近所の人が心配して連絡くれたそうです。

捨て猫が多いからとか、今までも交通事故で死ぬ猫が多くて増えなかったとか、忙しくて暇がなかったとか、不妊去勢手術をしなかった理由は、あるある、です。清瀬市に限らず、猫を増やした人の理由は大体どこも一緒です。

さらに共通しているのは、猫を増やす行為が、近所への迷惑とは思っていないということ。
何度でも言います。野良猫を増やすことは、社会への迷惑行為です。

今回の話を聞いたすぐあと、北海道で3匹の飼い猫から100匹以上の猫を生ませて殺している人が動物虐待で逮捕されたというニュースが飛び込んできました。
毎日新聞のウェブサイトより)

なぜ人は、何度言ってもわからないのでしょうか?
ついこの前も千葉県で高校教師が生まれたばかりの子猫を土に埋めてバッシング受けたでしょう?
動物愛護法はどんどん変わってきています。時代が違うのです。

普通に考えればわかりますよね。

手術しないで餌だけやれば、増えるでしょ?
その増えた猫を、どうするつもりだったのでしょうね。
猫は野生動物じゃないのです。そのまま野に放しても生きていけないんですけど。

とりあえず、3匹の母猫を手術するしかありません。
そこからスタート。

人がいれば、必ず問題は起こります。
すべての問題がなくなることはありません。
それは仕方のないことです。自分だって、いつなんどき、当時者になるかもしれません。

でもそうならないように、気をつけることはできます。

猫がいて、人がいれば、猫の問題は人と密接に関係した形で起こります。
何度でも言います。

野良猫問題は人の問題。個人的な趣味の世界ではありません。
社会全体で考えて行かなければならない問題です。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-05-28 16:12 | Comments(0)

ねこあつめ(2015.5.27)

b0220664_10541118.jpg
有名アプリ、ねこあつめ。課金せずにどこまでいけるかチャレンジ中。室内飼育のストレスを解消しております。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-05-27 10:51 | Comments(0)

猫ボラってなんだろう?(2015.5.23)

猫のボランティアって、なんだろうと時々考えます。

猫が可哀想で、猫を助けてやりたいと思う人たちの活動も猫ボランティア。

野良猫が増えすぎて困っている人たちを助けるために動くのも猫ボランティア。

もともと個人的には後者の立場で活動していたことを、最近、思い出しました。

庭で餌をやっている猫が増えすぎて困っている。近所で増えた猫が亡くなったり虐待されているのを見るのが辛い。電話の向こうでそんな「痛切な思い」を吐き出してくる相談者さんたち。

それに共感し、こんな自分でもできる事があるのなら…と始めたボランティア活動でした。

そうやって相談を受けた現場の猫が可哀想だとか、可愛いとか、そんな気持ちを持ったことはあまりありません。

必死の思いで連絡をしてきた方々こそが、その猫達へ誰よりも愛情を注ぐ人達だったからかもしれません。

猫のボランティア活動がつらいと思った時、自分は猫を助けるのではなく、猫に困っている人を助けるのだと頭を切り替えてみるのがいいのかもしれません。

地域猫活動は人の側に立った活動かもしれませんが、結果的に、猫によるトラブルをなくし、身近に猫がいることを許容してくれる人達を増やし、最終的には猫が可愛いがられて一生を過ごせるような街づくりに繋がるのだと思います。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-05-23 16:20 | 活動 | Comments(0)

清瀬のバラ園(2015.5.21)

b0220664_055678.jpg
b0220664_055749.jpg

秋津駅から徒歩5分。住宅街の片隅にバラ園出現。

行きたい行きたいと、ずっと思っていて、今日、やっと。

と言っても閉園時間直前だったので外から見ただけ。

この暑さで盛りは過ぎていますが、まだまだ見事です。

実はこの場所、以前は野良猫がとても多く、今でも時々、周辺地域から猫の相談が入ります。もともとあった空き家が撤去され、若夫婦が始めた花卉農家だそうです。

夢がありますね。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-05-21 21:41 | Comments(0)

認知症サポーター養成講座((2015.5.19)

5月末に市内で認知症サポーター養成講座があるそうです。

猫のボランティアとは関係ないように思えますが、以前、こんなことがありました。

ある高齢の女性から、猫が家に入ってきて困ると相談を受けました。

いつも犬の散歩で前を通るお宅だったので、直接尋ねてお話を聞きました。

内容は奇妙なものでした。

毎晩、猫がどこかから家に侵入してくる。家の隙間を塞いだけれど、壁の中から出てくる。足元で猫が遊んでいるので捕まえようとすると時計に化けるから捕まえられない。どこに行ったかと思って探すと、ハンガーに掛けた服の中にもぐって遊んでいる。10年ぐらい前に飼っていた猫が戻ってきたに違いない。生後6ヶ月ぐらいの小さな猫で…。

聞きながら冷や汗。
「そうなんですか〜。それは困りましたね〜。また何かあったら、そうですね〜、市役所に相談なさるといいかもしれません」と言って、何がなんだかわからなくて、ただ怖くなり、逃げるように帰ってきました。

その後、人から聞いてわかりました。
認知症には、実際にはないものが見えたり、聞こえたりする症状があるのだとか。

それを知っていれば、全く違った受け答えができたかもしれません。その女性がもっと安心できる対応ができたかもしれません。

認知症サポーター養成講座は、認知症という症状、認知症になった方々と家族への理解を深めるための講座だそうです。良い機会なので講座を受けてみようと思っています。

興味のある方は地域包括支援センターまでお問い合わせください。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-05-19 18:25 | 猫と福祉 | Comments(0)

モコちゃん無事帰る(2015.5.17)

b0220664_2172481.jpg
写真の猫はモコちゃん。22歳。飼い主さん宅から脱走して、危うくそのまま命を落とすところでしたが、奇跡的に助かりました。

いきさつはこうです。
ある男性が、先週金曜夜、コンビニに立ち寄ったところ、駐車場で何かをじっと見ている女性発見。そこには小さな猫。

女性は動けなくなっている猫の様子を1時間も見守っているということでした。

男性は最近知り合った動物ボランティア宅に猫を助けてやって欲しいと駆け込みました。それが賛助会員のYさん。

どこで知り合ったかというと、2ヶ月前。Yさんがある人から頼まれたTNRのために捕獲器を設置した家のお婿さんが、その男性だったというわけ。

Yさんの咄嗟の判断で、その男性に車を出してもらい夜間救急の動物病院へ。1時間も見ていた女性は立ち去ってしまったそうで…。

小さいので子猫だと思ったら、体重わずか1.6キロの老猫。腎不全。

入院と、退院後は毎日の点滴で通院。

その話を昨日、Yさんから初めて聞きましたので、猫耳の会に報告したところ、K副会長が思い当たるケースありということで、あちこち走り回ってくれました。そして、ついに飼い主が見つかりました。

金曜の午前中に家から脱走し、飼い主さんは必死になって探していたそうです。見つかったと聞いた時、飼い主さんは力が抜けて泣き崩れてしまったそうです。

22歳のモコちゃんの大冒険は無事に終わりました。自宅からコンビニ駐車場まで数百メートル。老猫モコちゃんには途方もなく長い距離だったでしょう。

たくさんの人たちの優しい気持ち、命を繋ぎたいという必死の思い、損得勘定抜きの勇気ある行動のおかげで、モコちゃんは、22年間生活を共にした飼い主さんの元に帰ることができました。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-05-17 21:00 | 活動 | Comments(0)

5月定例会(2015.5.16)

天気が不安定な中、5月定例会を開催しました。

出席8名。7月の川まつり、その他イベントについて話し合いが行われました。

次回定例会は6月20日です。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-05-16 23:55 | 活動 | Comments(0)

アニマルホーダー(2015.5.13、2016.2月更新)

あまり聞きなれない言葉かもしれません。アニマルホーダー。

ホルダー(holder=所有者)ではありません。
ホーダー(hoarder=貯蔵者、秘蔵者、物を溜め込む人)です。

アニマルコレクターとも言います。
要するに犬や猫などの動物を、病的に溜め込む人のことです。

これを最初に研究発表したのがアメリカの博士です。アニマルホーダーで検索すれば詳しく載っています。その後、いろんな人たちが同じような事例を載せています。

どこの自治体にも一人や二人、そのような人がいるそうです。清瀬市も例外ではありません。

その多くが、ゴミ屋敷とも言えるような、非常に不衛生な環境に暮らしています。これからの季節はノミ、ダニ、ハエ、ウジ、悪臭などなど。近所からの苦情で発覚することも多いそうです。

飼っている動物が病気や怪我をしても治療せず、不妊去勢手術もしないので繁殖を続けて、次第に血が濃くなります。感染症が広がっていることが多いので、亡くなる動物も多いです。遺体は室内に放置、あるいはそこらの空き地に埋めるかゴミ袋へ入れてゴミとして…。

そのような環境で飼われる猫は不幸だと、私たちは思います。でも当の本人は誰よりも愛猫家だと自負しているので、他人の話は聞きません。自分に飼われている猫はどの猫よりも幸せだと思っています。そして都合が悪いことは、全て他人の責任と考えます。

ここから猫を救出しようとしても飼い主の怒りを買うだけで逆効果になります。

そうなんです。
アニマルホーダーは精神疾患です。

猫だけを救っても、また猫を集めて来るのでなんの解決にもなりません。

市内でも同じです。
猫の数が減ったのでしょうか、市内の餌場に子猫を求めて出没するホーダーさんの姿が目撃されています。(市内の餌やりさん達。どうかご注意を。優しい外観に騙されないでください。猫を渡す時は必ず飼育環境を自分の目で確認してください)

今、陽の当たらない部屋に囲い込まれて飼われている猫達が絶対的に不幸なのかどうかはわかりません。

もしこの猫達を連れ出すことができても、また新たな猫をどこかから連れて来るのであれば、問題の解決にはならないでしょう。

いろいろと悩みます。

この人に飼われている猫達を幸せにしてやるには、まず、飼い主さん本人の心の問題をどうにかしなければならないと考えた時、これは猫ボランティアの役目ではないし、個人的にどうにかできる問題ではないことに気づきました。

その人と仲良くして、猫の餌を差し入れして、徐々に猫の飼い方を改善してもらって…と方策を練っても、その人の生活全体をサポートすることにはなりません。はっきり言って、そこまでその人のこと好きじゃないし責任も負えません。

以前、ある飼い主の相談に行った時、たとえ猫の問題だけであっても関わらない方がいいですと、専門家に言われたことがあります。生半可な気持ちで関わると、とんでもない目に合うよと、注意を促してくれたのだと思います。

でも想像することはできます。

普通の社会生活から疎外されていると感じる人達。

猫を所有することで人としての自尊心を保っているのだとしたら、今、囲い込まれている猫達は、その人の心の縮図。もしかしたらその人自身。

でもそんな小道具みたいに飼われている猫達はモノではありません。生きているのです。その猫達のことを考えると、つらくて悲しくて…。

だからこそ、これは本当は、社会全体で考えていかなければならない問題ではないでしょうか?
b0220664_11500065.jpg
NPOねこだすけさんから頂戴したチラシです。適正飼養ができない多頭飼育には行政からもぜひ対策を(追記)

[PR]

by kiyoseneko | 2015-05-13 10:32 | 猫と福祉

役員交流会(2015.5.8)

昨夜は新旧役員でお疲れ様会。
会の役員は面倒な印象がありますが、たまにこういった息抜きもします。(楽しそう〜と思う方は次の役員改選ではぜひ立候補を!)
大抵はこのお店。
b0220664_144062.jpg
秋津駅またはJR新秋津駅からすぐの場所。小さな居酒屋さんですが外席で立ち呑み客が出るほど人気のお店。店長さんをはじめとするスタッフが若くてハキハキしてて実に気持ち良い。
お勧めは黒おでん。串焼き。もつ煮。個人的には椎茸のフライとパリパリキャベツも。安くて美味しい。お勧めです。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-05-08 19:20 | その他 | Comments(0)