<   2015年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

年度末に(2015.3.31)

今年度もいろいろなことがありました。年度末になってバタバタとたくさんのことがありました。

b0220664_23543161.jpg
今年度最後に手術した猫。緊急でしたが間に合いました。

b0220664_23543281.jpg
半身不随のミミ君。本日34日ぶりに退院。膀胱を圧迫して尿を出し切る介助が日に2回は必要です。保護した人たちは、その手法を完全にマスターするまで毎日通院して指導を受けました。1日30分から1時間。その粘り強い努力に頭が下がります。病院も、よくぞご指導くださいました。

b0220664_23543331.jpg
助からないだろうと思っていた、ちび助君。下痢も止まり元気いっぱい。フラフラふらつくのは治りませんが、薬で様子を見ながら。本日診察。体重ようやく2キロ。去勢はまだできません。ガブガブかじる癖は相変わらず。ステロイドは当分継続するようです。

b0220664_23543397.jpg
迷子の黒龍くん。たくさんの方々のご協力で、各方面へ情報拡散しました。こういう時こそボランティア仲間の存在が何よりも心強いのです。飼い主さんはご夫婦で深夜まで自転車で駆け回り捜しまわっています。一日も早く見つかりますように。

その他、いろいろありますが、正直言って今は落ち込みがひどいです。

三者協働、官民協働ってなんでしょうか?本当に可能なのでしょうか?

市役所の人事異動のたびに、また同じことの繰り返し。それが風通しをよくするということなのはわかります。

土台ができて、さあ今からと思っていました。地域猫活動を拡げる夢を描いていました。行政側に理解してもらうには、どうしたら良いのでしょう。

そんなに大げさなこと?と言われるかもしれないけど、TNRのその先に、地域猫活動を拡げること。それができなければ、一人で捕獲器を持って駆け回っていた時代と何も変わりません。

何もかも思い通りになったら、それはそれで、つまらないことかもしれません。課題と試練を与えられて。

新たな年度の幕開けです。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-03-31 21:18 | 活動 | Comments(0)

迷子猫、情報提供のお願い(2015.3.26)

b0220664_23345327.jpg
3月22日(日)朝9時から行方不明です。

・名前 こくりゅう(黒龍)
・オス 2歳 未去勢
・首輪 赤黄緑のしましま
・名札 オレンジ
 電話番号・黒龍・♂ と記載あり
・白黒 ハチワレ
・尻尾は 1か所 中央少し折れているが長い
・白い部分の毛が少し長いので、顔が大きく見える
・鼻が長い

小金井街道沿いの中里2丁目セブンイレブンを中心に、周囲一帯にチラシ等で目撃情報を求めているそうです。

時々、リードをつけて金山の公園までよく散歩していたので、そちらに行く可能性もあります。

目撃した方、保護した方がいらっしゃいましたら、ぜひお知らせください。よろしくお願いします。

連絡先:kiyoseneko33@gmail.com
[PR]

by kiyoseneko | 2015-03-26 23:25 | お知らせ | Comments(0)

ベエーヤン(2015.3.25)

b0220664_17564972.jpg
片目のない、でっかい猫。もし目の前に突然現れたら、しかもフラフラしてて今にも倒れそうだったら。

保護できますか??

いつも保護猫の治療でお世話になってる病院で、この猫と、保護したボランティアさんに会ったのは先月。

すんごい猫を保護して、ただものではないと思って遠くから見てて、待合室に2人きりになったので話しているうちに、隣市のボランティアさんだとわかりました。

活動場所を聞いてみると、あれ?清瀬の近く、というか、市内の公園??

ここには以前から活動しているボランティアさんがたくさんいると聞いていました。

もしかしたらSさん?と言うと、ビックリした顔になりました。

うちの会員さんを通じて、名前だけはお互いに知ってたんです。不思議な巡り合わせ。

その後、おうちの子になったそうです。このご面相では里親は難しいものね、私は可愛いと思うけどね(^o^)

ベエーヤンは、誰かに去勢されたあと、おそらく当日、麻酔が切れる前にリリースされ、フラフラしていたということがわかりました。保護日には雨が降っていましたので、保護されなかったら命を落としていたでしょう。

多数の野良猫を一気に手術する現場では、費用も時間も掛けられません。その弊害として術前検査は省略。術後翌日にはリリース。基礎疾患を持っている猫だと麻酔などの影響で、術後具合が悪くなることがあり、本当に稀なことですが亡くなることも確かにあるそうです。

ベエーヤンを診察治療した先生は、野良でも飼い猫でも、術前の最低限の検査はするそうです。そして、よっぽど検査結果が悪ければ手術は見合わせる、メスであれば抜糸まで終わらせてからリリース許可を出すそうです。

「野良ちゃんで、一匹一匹をそこまでできない事情はわかるけれど、せめて術後2日ぐらいはケージで保護して、ご飯を食べさせてからリリースしてほしい」。その先生からの切実なお願いでした。

実際には難しいことですが、襟を正し、心に刻みましょう。前向きに。

Sさん、先生、ありがとうございました。ベエーヤン、良かったね。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-03-25 16:14 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

東村山市の地域猫対策予算実現!

この前の定例会で東村山市在住の会員からも話が出ていましたが、清瀬市に隣接する東村山市では「地域猫対策支援事業費」の予算が通過したそうです。

東村山市は清瀬よりもずっと広く、至る所に野良猫がいます。

10年ぐらい前、清瀬市内に住むボランティアさんは、多摩湖方面にまで毎晩バイクで通っていました。多摩湖付近はタヌキなども多く子猫が食べられてしまうそうです。あまりにも悲惨なので、全て自腹でTNRをしていました。現場を一緒に見たこともありますが、不健康そうな猫がウロウロしていました。そこも随分、猫が少なくなったそうです。

私もサイクリングロード沿いや、西武園近くの東村山市側のお宅からの相談で、何度も現場に通い、TNRのお手伝いをさせていただきました。その後、猫耳の会の運営に奔走することになり、清瀬市内での活動しかできなくなっても、時々、東村山市内から困っていると相談を受けました。当時、東村山市は、野良猫問題は動物愛護相談センターの管轄だからと、全く無関心でした。

でも、東村山市内のボランティアさんたちの声が届いたのですね。昨年の清瀬市内での猫対策セミナーには東村山市から3名の担当の方がお見えになっていました。ようやくここまで来ました。本当に嬉しいことです。

当会のSさんも市長に手紙を書いたり、議員さんに働きかけたり、地道に市に訴え続けてきました。本当に良かった。

多摩地区にも地域猫対策が広がりますように。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-03-24 08:22 | お知らせ | Comments(0)

地域猫勉強会のお知らせ(転載)

コメント欄にお寄せいただいた情報です。そのまま転載させていただきます。

お忙しいと思いますが、院内集会にお越しください!まだまだ半分位しか席が埋まってないようです。

3月26日(木)
場所:参議院会館   国会議事堂前駅近く
第一回 動物愛護法に関する院内勉強会 300人収容(ラッシュジャパン助成金事業)
テーマ <地域猫> ^-^
☆一部
   13時半~15時 映画上映「みんな生きている」~飼い主のいない猫と暮らして~
   参議院議員、弁護士、福島瑞穂先生、ラッシュジャパン代表ご挨拶

☆二部 15時15分~
   京都市動物による迷惑等の防止に関する条例についての報告。
     16時~
      1.飼い主のいない猫問題 NPO 法人ねこだすけ
      2.行政と民間の連携の好例 (石川県、立川市の愛護活動家より報告)
      3.地域猫対策における獣医師の役割 (獣医師の意見)
      4.大学地域猫の取り組み (筑波大学地域猫サークル顧問よりお話)
      5.被災動物猫のTNR (活動家からの話)
      6.TNRと地域猫と動物愛護法 (元新宿区職員)

       パネリスト、弁護士、活動者等。
 
途中入退場可。無料、カンパ制。なるべく予約お願い致します!!
主催 全国動物ネットワーク  こちらのHpから予約できます。http://animalnetwork.jimdo.com/
共同主催 the ペット法塾
協賛  犬猫の処分ゼロを目指す動物愛護議連連盟、日本動物福祉協会、栃木支部 、(有)テス
スポンサー   (株) ラッシュジャパン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ラッシュジャパンは女性にはお馴染みですが、動物実験反対で
動物実験のない化粧品等を取り扱っています。
宜しくお願い致します。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-03-24 00:14 | Comments(0)

東所沢セミナー参加(2015.3.23)

b0220664_937571.jpg
昨日開催された東所沢セミナーにお邪魔させていただきました。

とこ猫にネットと共催の東所沢飼い主の居ない猫を考える会。当会の会員でもあり、地元に住んでいる素晴らしい女性が、地元のボランティアさんたちと共に立ち上げた、これからの会です!

チームSLPの田矢さんのお話は実体験がメインなので、とても分かりやすくためになります。皆さん真剣に聞き入っていました。

実は会場に来る途中、猫を見つけて追いかけてるうちに道に迷ってしまいました。その時、声をかけて案内してもらった近所の人とお話をすることができました。

猫が多くて困っている、それと同じぐらいゴミの量に困っているとのこと。

来る途中、道路沿いの植え込みには、通行する車から投げられたとおぼしきゴミが散乱。ほとんどがお弁当の空き容器や残飯。一匹の猫がモグモグ何かを食べていました。(お腹こわすよ!)

もしこの近所で地域猫活動をするのなら、まず、ゴミの不法投棄の取り締まりだろうと感じました。現に真昼間からゴミを食べに来る猫の姿があるわけです。目立ち過ぎる。

清瀬も一時期、同じような状況がありました。TNRをしていたある餌場はゴミだらけでした。猫の様子を見に行くたびに、私もゴミ拾いをしました。そこでの餌やりさんも、深夜、餌をやるたびにゴミを集めてくれました。誰も見てなくても、そのような積み重ねは大事です。

10数年ほど前、とある掲示板に、清瀬の奴らは民度が低いと、清瀬の人が自虐的に書き込んでいたことがあるそうです。

その頃の清瀬は野良猫は多い、捨て猫も多い、さらにゴミも。川の中にソファやバイクや自転車やエアコンの室外機が投げ込まれていて、清瀬の外からの不法投棄かもしれませんが、ずっと放置され、それはそれは、ひどい状態でした。

町がすさめば、人の心も荒みます。

つい最近でも、当会の会員が通勤途中に生ゴミを食べている猫をよく見かけるので気になるという話が出ました。猫はもちろん気になりますが、その前に、ゴミを直接漁ることができる状態が問題だろうと思います。

その後、清瀬市では、心ある方々がなんとかしようと立ち上がり、川の掃除や町の掃除を始めてから、徐々に改善されてきました。野良猫対策もその延長線上で、地域の生活環境改善として認めてもらえたのだと思います。

埼玉県では今年度から県内の指定地域で、野良猫不妊去勢手術への助成金がおりるようになりました。所沢市は、これからますます頑張ってくれると期待しています。

東所沢の会員からのメールによると、掃除はしているそうです。45リットルごみ袋が毎回満杯。ご苦労様です。そのゴミと野良猫被害の二重苦を背負う地元住民のために、今の活動は必ず役立つと思います。批判と応援の狭間に立つボランティアは一番大変ですが、頑張ってください。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-03-23 08:52 | 環境 | Comments(3)

26年度最後の定例会でした(2015.3.22)

昨日21日、今年度最後の定例会を市民活動センターで開催しました。出席12名。

1.猫現場からの報告。
今年度依頼のあった猫の捕獲搬送がほぼ終了。捕獲搬送は、現在わずか2名でおこなっています。自らの時間を犠牲にしての、まさにボランティア活動です。両名の頑張りで、2月から3月にかけて20匹近くの猫の手術が終わりました。市の助成金で足りない分は、会からの助成金でまかないました。本当にお疲れ様でした。
2.会計報告
猫の手術費用以外にも、資料や会報の印刷代、コピー代、猫の保護費、ご寄付や募金など、こまごまとした出入金管理を一手に引き受ける会計の仕事。おかげで会の運営はスムーズです。資金繰り表や助成金の支出実績一覧により、いつどこで、何のためにいくら支出して残高はいくらか等、定例会に出席した会員には一目でわかります。大変助かっています。
3.国分寺セミナー報告
セミナーで学んできた通り、地域猫対策とは「地域による猫対策」であり「地域猫という猫を作り出すための活動ではない」と伝えると、会員の誰もが「それなら人にも説明し易いし、理解を得られ易い」と納得してくれました。猫耳の会が目指すところは、地域猫対策に基づく地域猫活動なのだから、常にそれを念頭に置いて動いてもらいたいとお願いしました。
4.保護猫報告
先月、会員が団地内で保護した猫が半身不随で入院中です。地域猫活動中、猫が病気や負傷で動けなくなったら、結局誰がが引き受けざるを得ません。猫を増やした結果がそうした形で戻ってくるわけですが、当の餌やり人は既におらず、なんの因果関係もない人たちが尻拭いをするケースがほとんどです。「これをきっかけに団地内で何かが変わって行くように働きかけたい」と、保護した会員はあくまでも前向きです。会としても応援を続けます。
5.会報発行について
今年度は一度も会報の発行がありませんでしたので、慌てて急いで作りました。会員には全員配布。また各地域の 市民センターなど、公共の施設に置かせてもらう予定です。ぜひお手に取ってご覧ください。
b0220664_11331552.jpg

来年度4月18日(土)は総会となります。
妄想でも夢物語でもいいから様々なアイデアを出して、みんなで楽しく語り合い、少しずつ実現して行こうよと、具体案を出してくれる方々が一般会員の中から出てきました。
来年度は役員改選で新体制となります。
活動が今まで以上に盛り上がるように、後方支援策として、一般会員による活動を補強したいと考えています。
これからも変わらず、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-03-22 10:18 | 活動 | Comments(0)

子育て支援からの学び(2015.3.16)

昨日、市内で子育て支援活動をしているNPO法人2団体の活動報告&発表スピーチを聞く機会がありました。

保育ボランティアさんたちの熱を帯びた口調から、その切実さ、懸命さが伝わり、涙が出そうになりました。

あれ?感じたことがある熱っぽさだと、途中で気づきました。

猫対策セミナーの空気と似ている…。

子どもと猫との違いはありますが、護らなければならない存在であることに共通するものがあるのかもしれません。

「子育て支援とは、子どもたちだけに目を向けるのではなく、子どもたちを取り巻く家族への支援が大事」という内容の話が、どちらの団体からも出ていました。

地域猫活動は、猫だけではなく、猫を取り巻く人々や環境、地域社会にも目をむけなければなりませんので、やっぱり、どこか子育てと似ているようにも思えます。

時々、猫から全く離れたボランティア活動に参加したり、講演会を聞くようにしています。すると不思議なことに、共通する問題に辿り着くことがあります。

真剣に活動しているボランティアさんたちからの学びを、気づきを、これからも大事にしたいと思います。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-03-16 23:18 | その他 | Comments(0)

被災動物支援の映画上映会

お詫び:15日(日)です。土曜ではありません。お間違えのないように。申し訳ありませんでした。

4年前から被災動物たちへの支援を呼びかけている動物ボランティアYさんからの情報です。

明後日3月15日、練馬区民 産業プラザにて「犬と猫と人間と2」上映会とトークショー&支援物産展などが開催されます。

日時:2015年3月15日(日)開場10:00、上映会12:00〜13:45、トークショー14:15〜16:15
場所:練馬区民、産業プラザ3階coconeri
参加費:1000円(中高生500円)

物産展は10時から17時まで!
練馬区北口からすぐです。池袋線沿線の方々はぜひお運びください。

主催:練馬映画上映グループ うーぴー
協力:「犬と猫と人間と2」わたしとあなたにできることプロジェクト
後援:市民ふくしフォーラム


b0220664_8473684.jpg

b0220664_8473764.jpg
カラーチラシがなくてごめんなさいとYさんから(^^)スキャナーなくてそのまま写真掲載ですみません。出勤前に慌てて撮ったもので‥m(_ _)m
[PR]

by kiyoseneko | 2015-03-12 07:07 | お知らせ | Comments(0)

3.11 追悼

b0220664_2121563.jpg
b0220664_21215740.jpg
b0220664_21215862.jpg
本日は祈りの日でした。
午後6時から7時まで、清瀬駅北口のロータリーにて、東日本大震災でお亡くなりになった方々への追悼の祈りをこめて、100本のキャンドルに火が灯されました。(清瀬市民活動センターと社会福祉協議会の共催)

4年前の傷跡は今もなお深く、大切な家族や親戚、友人を失った方々の悲しみに私たちは思いをはせ、心の中で寄り添うことしかできません。

天国にいる方々に、清瀬から祈りが、届きますように。
[PR]

by kiyoseneko | 2015-03-11 20:43 | その他 | Comments(0)