<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2014年11月定例会

11月15日(土)午後1時半~活動センターで定例会を開催しました。出席者12名。
内容は以下の通りです。
1.市民まつり(フリーマーケット)の反省
2.きよせふれあいまつり展示の反省
3.今後の予定について
4.里親募集中の猫たちについて
5.「会としてのTNR」、「依頼された猫の搬送、手術の際の承諾書の必要性」について
6.会の活動について
7.電話、メール相談について
8.その他

先月から、「月刊きよせねこ」と題して、かなり詳しい定例会のレジュメを作っています。
(個人名や相談場所が具体的に書かれているため、正会員だけの配布となっています。)
今まではレジュメも作ったり、作らなかったりで、なかなか手が回りませんでしたが、捕獲搬送、会の運営など自主的・積極的にやってくださるスタッフが増えて、実現することができました。

さらに、このレジュメに書かれている現場スタッフの活動内容を見て、ここに書かれていることの一部でもお手伝いできるかもしれないと、他の会員さんたちに思っていただけるようになってきたように感じます。ようやく今までの会の活動に「奥行き」を持たせることができそうです。「広げる」とますます大変になるのでやりませんが、「奥行き」は大事だと思っています。

実は以前からとある「場作り」のためのメールマガジンを購読しています。
ついこの前、「他の会員さんがお客さんになっていないか?」ということが書かれていてハッとしました。
何かを決めようとして、みんなで話し合おうとしても「よくわからないから、お任せします」と言われる。
ありましたよね、これ。会員の客体化、というのだそうです。客体化がすすむと、会員離れが加速する。

自分でどんどん動けるスタッフはいいのです。
それができずに迷い、悩んで、自分には何ができるのかしら?何か会のために役に立ちたいのに、と思い悩んでいる会員さんもいるということです。ですがそこに無理やり意見を求めたり、仕事を押し付けたりすることはできません。客体化を主体化に変える。強要せずに。

報告ではなく、できるだけ相談。
たとえそこで何も決まらず、結局役員同士の話し合いで決めることになるにしても、他の会員さんに相談するという手間を省いてはいけないということです。
猫の活動は急を要することがあり、事後報告が多くなります。仕方ない面もあるのですが。

相談するにしても、会の中でどのような事案が問題になっているか、どのような活動が実際に行われているのか、活動している会員がどのような考えで動いているのかなど、他の会員さんたちにも詳細を情報公開していく必要があります。

定例会に出席する方々に「猫耳の会は自分たちの会」であると思ってもらえるように、レジュメ作り、その他、がんばります。まだまだ4年目、紆余曲折あると思います。これからもよろしくお願いいたします。
[PR]

by kiyoseneko | 2014-11-17 11:48 | 活動 | Comments(0)

この猫知りませんか?シャム猫風(2014.11.14)

b0220664_3323751.jpg

b0220664_332375.jpg
本日、市内のある場所から、家の前に衰弱したシャム猫風の猫が1日中座り込んでいて、気の毒になって保護したが、家には猫が1匹。小さい子供もいて、これ以上は…と相談がありました。

どうやら飼われていたもののようです。長期放浪したのか脱水状態でした。
お心当たりの方、ぜひご連絡を宜しくお願いします。

もし捨てたとしたら絶対に許せません。人に飼われていた猫が外で生きて行くことは困難です。飢えと渇きと不安と危険の中で、猫は何も言わず、じわじわと迫り来る死を受け入れているように見えますが、それがどんなに苦痛か想像したことがありますか??どうぞご自分に置き換えてみてください。

今回、優しい方に保護してもらって、暖かい室内でどんなにかホッとしているでしょう。

ですが保護した側は、これからのことを考えなければなりません。惨めな猫を保護したはいいけれど、元飼い主も里親も見つからず、持て余してしまう。優しい気持ちが一転、後悔と怒りと悲しみに変わります。飼育放棄する人は、そんな気持ちを想像したことがあるのでしょうか?

猫は一度責任を持つと決めたら、最後まで飼いましょう。看取る覚悟で。

無責任飼い主ゼロが、殺処分ゼロに繋がって行きます。

もしこの猫を引き取って最期までお世話していただける方がいましたら、宜しくお願いします。血液検査の結果、エイズや白血病は陰性。ただし腎臓、肝臓機能がやや落ちていますので、若くはなさそう。子猫とは違いますので、10年20年は無理ですが、最後の幸せな時間をこの猫に与えていただけませんか?

ご連絡お待ちしています。
kiyoseneko33@gmail.comまで。メールにてご相談ください。
[PR]

by kiyoseneko | 2014-11-14 23:37 | お知らせ | Comments(0)

寄付・募金のご報告(2014.7月19日~10月31日))

今回から少し形をかえて日付順にご報告させていただきます。
(お名前のイニシャルは「姓・名」です)

【寄付金】 計 56,038円 
(明細)
7月19日 3,500円(K.M様)
7月19日 5,000円(T.M様)
7月19日 10,000円(Y.N様)
7月25日 3,000円(Y.H様)
8月25日 3,000円(Y.H様)
9月6日  10,000円(O.S様)
9月6日  1,000円(I.T様)
9月20日 10,000円(S.Y様)
9月25日 3,000円(Y.H様)
9月27日 3,000円(O.S様)
10月25日 3,000円(Y.H様)
10月31日 1,538円(S.T様)

【募金】 計 52,891円
(明細)
7月26日 6,305円(きよせの環境・川まつりにご来場の皆様)
7月31日 16,167円(かぶら屋秋津店様)
8月29日 12,239円(かぶら屋秋津店様)
9月30日 10,833円(かぶら屋秋津店様)
10月19日 7,347円(きよせ市民まつりフリマ会場にご来店の皆様)

合計 108,929円

皆様からの温かいご支援に感謝いたします。
清瀬市の助成金はすでに予算限度額に達していて、今後の不妊去勢手術費用は当会からの助成金一本となります。メス8,000円、オス4,000円(いずれも上限)として助成を継続いたしますので、ご安心ください。
これからもご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
[PR]

by kiyoseneko | 2014-11-13 10:13 | ご寄付・募金の報告 | Comments(0)

ふれあいまつり終了(2014.11.8)

b0220664_18363537.jpg
ふれあいまつり終了しました。
今年は2階の大きな会議室に他の市民活動団体やボランティア団体と共に展示とスタンプラリーを行いました。
かなりの余りスペースがあったのだから、もっと何かできたかもしれません。来年はどうなるでしょう??

天候も予報ほど悪くはなく、1階のバザーやフードコーナーは大賑わい。2階の展示コーナーは、昨年の賑わいには及びませんでしたが、猫の活動や猫の耳先カットの意味を「初めて知った」と何人もの人に言っていただけたから、これで良いのかなぁと。小さな小さな草の根運動です。地道な活動です。
b0220664_18363768.jpg


猫を飼いたい、近所の猫のことで話したい、住民間のトラブルをどうにかしたい、という相談がありましたが、ゆっくり話を聞くことはできませんでした。電話があれば対応いたします。少しでも当会の活動が解決の糸口になればと思います。
今回、ふれあいまつりの実行委員会に出させていただいたり、多くの方々とお話しができて大変良い経験になりました。
お世話になった多くの方々へ、本当にありがとうございました。
[PR]

by kiyoseneko | 2014-11-08 18:15 | 活動 | Comments(0)

きよせふれあいまつりに参加します!(2014.11.8)

本日11月8日(土)午前10時から午後2時まで。
清瀬市のコミュニティプラザひまわり(旧清瀬東高校)にて、ふれあいまつりが開催されます。
猫耳の会は2階会議室1で展示とスタンプラリーを行います。
ぜひお越しください。

ふれあいまつりHPはこちら
ふれあいまつりブログはこちら

お待ちしています!
[PR]

by kiyoseneko | 2014-11-08 00:21 | お知らせ | Comments(0)