<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

みんなで育てる(2014.4.28)

b0220664_8194758.jpg

捨てられた子猫。スクスクと大きくなっています。便秘気味で短い間に2回も病院に運び込み、浣腸が必要でしたが、2匹とも頑張って生きています。

まだ乳離れしていない子猫を育てるのは本当に大変です。

保温、数時間おきの哺乳、排泄を促すための刺激。常に子猫を意識して生活しなければなりません。

この子猫たち、現在、3人の育ての親がいます。仕事、家事、ボランティア活動、自分の家の犬や猫のお世話。みんなそれぞれ忙しい中、先週は1〜3日ずつの子猫育てシェアリング。

何の心配もなく、赤ちゃん猫の育児を任せられるほど動物の扱いに慣れたボランティアさんが同じ町内に何人もいるって、よく考えるとすごいことです。

小さな子猫は抵抗力がなく、元気と思っていても急に亡くなることもあります。その時はその時。誰のせいでもなく、子猫の運命。それは最初からの共通認識です。いろんな犬猫たちの生と死を見つめて来た人達だからこそ持っている覚悟です。

子猫を病院に持ち込んだご夫婦は、子猫が助かるようにと、ミルクと哺乳瓶、点眼薬の費用を負担してくださいました。ありがとうございました。

中には猫を病院に入れたまま、それっきりの人もいます。動物病院はボランティアで病院を経営しているのではありません。タダで犬猫を受け入れていたら、キリがありませんので、引き取りを断るのが普通です。それを一晩、預かっていただいたこと、いつも無理を言ってご迷惑おかけしています。ありがとうございます。

また私たちボランティアは、ほとんどが私費。金銭的には猫耳の会の会員であれば止むを得ず保護した猫1匹あたり5000円の補助はでますが、それを超えた分はすべて自己負担です。さらに猫の保護は自己責任。会は猫の引き取りや預かりをしていません。

猫を拾う人。
診察を受け入れる病院。
預かる決意をするボランティア。

みんなの少しずつの負担が、子猫の命を繋ぎます。この責任を覚悟を持って自覚するか、しないかは、人それぞれです。強制はできません。

一番の犠牲者は捨てられた子猫。

一番無責任なのは、子猫を捨てた人。今頃スッキリしていると思う(−_−#)
[PR]

by kiyoseneko | 2014-04-28 07:10 | 活動 | Comments(2)

おもちちゃん改め、ミミちゃん(2014.4.25)

ご報告遅れていましたが、今年1月末に保護した子猫。
b0220664_118565.jpg

保護した時点で発情しており、すぐに発情が終わって再発がないので、まさかとおもっていたら妊娠判明。可哀想でしたが、病院に手術をお願いしました。

その後、大変良いご縁があり、無事にAさんのお宅に家族として迎えていただきました。

お餅みたいに白くてモチモチした猫なので、仮の名前でおもちちゃんと呼んでいましたが、「猫耳の会から来たから、ミミちゃん」と里親Aさん。嬉しくて涙が出ました。
b0220664_118661.jpg
可愛い鈴をつけてもらい、広々としたおうちを駆け回る元気なお姫様になりました。

あのまま外にいたら、わけもわからず本能のままに、子猫が子猫を産む事態に。

これで良かったのだと、思いたいです。
どうか幸せに。
仲介してくださったTさん、本当にありがとうございました。
[PR]

by kiyoseneko | 2014-04-25 00:21 | 里親さんだより | Comments(0)

捨て猫違反は罰金刑です!(2014.4.21)

b0220664_1136553.jpg
清瀬市内のご夫婦から昨日連絡がありました。所沢市内のある公園のトイレの前、コンクリート道路の上をもぞもぞと子猫が2匹で這っていたそうです。そばにはスーパーの袋。そこから這い出てきたのでしょうか?目立つ場所に、わざと置かれたように思えたそうです。

この公園の近くでは、知り合いのボランティアさんが野良猫の不妊去勢手術をしています。連絡をとったところ、子猫を産むような雌猫は、今はこの公園にはいないと、お返事いただきました。

たまたま当会会員も近くに住んでいるので、所沢市役所、警察署に届けてもらうようお願いしました。

こんな小さな子猫を捨てたのは誰ですか?まだお母さん猫の温もりと哺乳が必要な子猫なのに、母子を引き離したのはだれですか??

昨夜〜今朝の寒さでは、間違いなく命を落としていたでしょう。子猫を取られた母猫は授乳する子猫がいなくなり、オッパイが張って、鳴き続けているのではないでしょうか??

昨年から施行されている改正動物愛護法により、捨て猫は100万円以下の罰金刑。改正前の倍額になっています。動物虐待や殺傷についても、法律はかなり厳しくなってきていますが、人の意識はまだ以前のまま。

もっと積極的な広報が必要です!

飼い主のいる、いないに関わらず、猫の遺棄は犯罪です‼︎‼︎‼︎(♯`∧´)

子猫が大きくなって自立できるまで、見守ってやれば済むことです。

もし飼っていた猫、あるいは餌をやっていた猫が産んで捨てたのだとしたら、無責任極まりない、恥ずべき行為です!

すごく怒っています。
[PR]

by kiyoseneko | 2014-04-21 11:07 | 活動 | Comments(0)

平成26年度総会開催(2014.4.19)

本日、午後1時半から、清瀬市民活動センターにて、総会を開催しました。

総会といっても、賛助会員を合わせても28名の小世帯。17名の過半数以上の出席があり、滞りなく議事進行が行なわれ、活動報告、決算報告の後の会則改定案、活動計画案、予算案において一部修正はありましたが、すべて承認となりました。当会の賛助会員でもあり、隠れ?猫好きの市議会議員S女史にもご出席いただきました。ありがとうございました。

昨年度と一番大きく違うのは、猫を車で運ぶボランティアには、会からガソリン代の補助がでること。猫フード3缶ぐらいは買えるかしら??ほんの少額ですが、車で猫を運べる人が限られており、負担が大きいことを考えると、必要な補助だと思います。

基本はみんなボランティアですが、猫という命あるものを扱うには、それなりの出費や責任やストレスがどうしても発生します。会で承認されたものについての助成や補助は、会員さんたちに遠慮せずに請求してもらい、少しでも負担を減らして次に繋げていければと考えています。

総会終了後は、「いぬとねことにんげんと」という子ども向きに編集されたダイジェスト版映画をみんなで鑑賞。

20分程度の短いものですが、胸に抱いた感想は人それぞれ。犬や猫たちの置かれている現実を見据えつつ、私たちには何ができるのかを真剣に考えていければと思います。

そのあとは懇親会。個別の猫についての話題で盛り上がりました。

さあ、いよいよ動き出します。
今年度もよろしくお願いします。
[PR]

by kiyoseneko | 2014-04-19 18:00 | 活動 | Comments(0)

所沢・自治会の猫セミナー(2014.4.13)

b0220664_1964772.jpg
所沢市のある自治会で、猫セミナーが開催されるというのでお邪魔してきました。なんとこの自治会、所沢で今年度から始まる地域猫対策のモデル地区第一号。年間40万円×3年間を上限とする予算が県からおりるそうです。
b0220664_1964898.jpg
NPOねこだすけの工藤さんの基調講演と、住民の方々を中心とした質疑応答。県議会議員、市議会議員さんも出席。個別の具体的な質問が飛び交うのは、小さなセミナーならではです。

自治会主体の猫セミナーには、初めて参加しました。終始和やかな雰囲気で、野良猫に餌をやること、不妊去勢手術をすること、耳カットをすることが当たり前のように語られていることに驚きました。

と、思っていたら、とこねこネットのSさんからお話がありました。この自治会住民の半分は地域猫活動に反対だったそうです。クレームも多く、当初は大変だったそうです。やっぱりそうですよね。

それを前自治会長さんが、自分が悪者になってもいいからと猫対策を進め、自治会費から16匹分の猫を手術。その実績を買われてモデル地区の予算がおりたそうです。まだあと50匹、手術を必要とする猫が町内にいるということです。
b0220664_1964936.jpg

セミナーの合間に、3匹の猫が外を通りました。猫が多いことがよくわかります。

清瀬市とは、川を挟んだお隣の地区ですが、橋を渡って猫が行き来することもあると思います。所沢市でも地域猫対策が本格的に始まったことは、清瀬市にとっても大変喜ばしいことです。

清瀬では、今まで3回の猫セミナーを開催してきましたが、今年からは市内の特定地域だけの猫セミナーを開催したいと考えています。またNPOねこだすけ工藤さんにはお世話になります。どこの地域になるかは、今からのお楽しみということで^o^

所沢のボランティアさんたち、大変お疲れ様でした。埼玉県でも東京都でも、どこでも、人と猫が幸せに暮らせますように!
[PR]

by kiyoseneko | 2014-04-13 18:38 | 活動 | Comments(0)

悲喜こもごも(2014.4.12)

我が家の末っ子猫「ももこ」のお母さん猫がなくなったと連絡がありました。会員のGさん宅の縁側下で発見されたときには、すでに冷たく硬くなっていたそうです。とても可愛い猫だったそうです。死因は不明です。悲しいです。
b0220664_21445722.jpg
下の写真がももこ。お母さん猫の死を知ってか知らずか、今日のももこは、とてもおとなしく過ごしていました。
b0220664_21445718.jpg
悲しいニュースとは別に、Gさん宅の近所で増え続けていた猫たちは、無事、全て手術が完了したそうです。すでにお腹が大きくなっていたメス猫もいて、餌をやっている人がいるのに捕獲の意思がなく、このままでは間に合わずに生まれてしまうかもしれないと半ば諦めていました。

この現場には3年以上前から関わっていましたので、すべて手術が済んで私もホッとしていますが、一番ホッとしたのは、ご近所に理解を求めるために実名で手紙を配布し、餌やりの人を励ましつつ手術を進めてくれたGさんでしょう。

矢面に立ち、ご近所からの風当たりが強くなり、大変なプレッシャーだったと思います。勇気と行動力に敬意を表します。本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
[PR]

by kiyoseneko | 2014-04-12 20:49 | その他 | Comments(0)

思い出の猫(2014.4.7)

b0220664_11391085.jpg
先日、実家から、昔飼っていた猫の写真をもらってきました。

クロとカメ子の兄妹。
クロは15歳、カメ子は21歳でもうとっくに亡くなっています。

もともと姉が大学時代に男子学生達に手荒に扱われていた子猫2匹を見かねて連れ帰ってきたのです。

ヒゲを切られたり、ガムテープでぐるぐる巻きにされたりということもあったそうです。学生運動も盛んな時代。エリート(死語?)揃いの大学でしたが、当時の学生はそんなもんでした。

そのせいか2匹は最初全然懐かずに、何度も噛みつかれひっかかれました。そこらじゅうに粗相するので、ついに母が怒り爆発で、保健所に連れて行く決断。大泣きして止めたのを覚えています。

結局、姉も私も2匹を実家に残したまま嫁いでしまい、なんだかんだと文句を言いながら、2匹を最期まで看取ってくれたのは両親でした。

初めて飼った猫は忘れられません。
私がキジ白猫が大好きなのは、この2匹のことが、いつまでも心に刻まれているからだと思います。

皆さんの心にも、忘れられない猫が住んでいますか?
[PR]

by kiyoseneko | 2014-04-07 11:23 | その他 | Comments(0)

じいちゃん猫と水飲み場(2014.4.5)

b0220664_21164360.jpg
我が家の最高齢の猫は今年で14歳。腎臓が少しずつ悪くなっています。最近やたらと膝に乗りたがります。高い場所に登ることが苦手になりました。時々、背骨や関節に沿ってマッサージをしてやります。人間も体をほぐすと血液やリンパの流れが良くなって元気になりますが、猫も同じみたいです。

腎臓が悪い猫は水をがぶ飲みしますので、いろんな場所に水飲み場を作っています。昨日、水飲み場がいくつあるか改めて数えてみたら、狭い家の中に7カ所ありました。容器だけでも10個と、電気式のいわゆるファウンテンタイプが2個。毎日洗って新しい水に取り替えてやってます。猫の数が多いこともありますが、飲みたいと猫が思った時に、すぐそばに水飲み場があるかないかは、猫の健康維持に大きく関わってくるのではないかと思います。猫は水道をひねって、自分で水は飲めません。好きな場所、好きな容器も、猫それぞれ好みがあります。逆を考えれば、気に入らなければ水を飲むのを我慢してしまいます。

溜まり水や風呂水を飲むのが好きな猫もいますが、やはり毎日容器をきれいに洗い、新鮮な水をたっぷり入れておくのが一番良いようです。

ご飯を食べずに嘔吐を繰り返すようなら点滴が必要ですが、まだそこまでいかずに維持できているので、せめて口から入るものには、充分気をつけてあげたいですね。水は命の支えです。
b0220664_21164730.jpg
↑ファウンテンタイプと小さな器
b0220664_21164896.jpg
↑キッチンのシンク脇
b0220664_2116482.jpg
↑階段の隅
b0220664_21164962.jpg
↑2階の書棚の前、などなど
[PR]

by kiyoseneko | 2014-04-05 20:21 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

1〜3月までの寄付•募金報告(2014.4.2)

いつもたくさんのご支援、本当にありがとうございます。
以下、会計からの報告がありました。

平成26年1月~3月分の寄付金・募金の実績を下記の如くお知らせします。


1月分 寄付金 合計 16,000円
[明細] 
寄付金 U.Y様(10,000円) 、I.K様(3,000円)、 Y.H様(3,000円)

  
2月分 寄付金・募金合計3,000円
[明細]
寄付金   Y.H様(3,000円)


3月分 寄付金・募金合計27,634円
[明細]
寄付金   Y.H様(3,000円)
募 金   かぶら屋様(24,634円)

以上、ご報告いたします。
                           

                                      
 
[PR]

by kiyoseneko | 2014-04-02 18:28 | ご寄付・募金の報告 | Comments(0)