<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

でんちゃん(2012.5.23)

でんちゃん、お試し保育が2週間から3週間に延期。
犬との相性が、いまひとつ平行線とのお話。

でも、お互いにリラックスしてるように見えますね。
窓一枚隔てていますが、本当に相性が悪ければ、姿が見えただけで吠えたりうなったりするはず。

良いお返事をいただけますように。
b0220664_20435780.jpg

[PR]

by kiyoseneko | 2012-05-23 20:44 | その他 | Comments(0)

第5回環境フェア(2012.5.22)

5月20日(日)神山公園(児童館ころぽっくる)にて環境フェア開催。
b0220664_20592586.jpg
天候に恵まれて快晴。気持ちの良い1日でした。
b0220664_2131672.jpg

一時は参加が危ぶまれましたが、エントリーが一番遅くなったため、本部テントの中に入れてもらうことができました。「水と緑の環境課」と「きよせ猫耳の会」が並んで書かれている看板に感無量。

開会式が終わり、和やかなムードでチラシや会報などを配布していたら、突然「文句を言いに来た」という男性が・・・。「近所に猫を増やしている家がある。子猫も生まれている。玄関前にフンをされる。こちらは大変迷惑しているのに、お前達はこんな会を作ってふざけたことをやっている。けしからん!!!」。怒られちゃいました007.gif

結果から先に書きますと、最初は猫のことで苦情を言いに来たこの男性、最後には当会の会員と、なぜか太陽光発電の話題で盛り上がり帰っていきました017.gif

これはすべて市役所のKさんのおかげです。猫対策の大切さを、順を追って説明していただき、最初は固かった男性の表情も徐々に和らぎ「オレだって猫がきらいなわけじゃない」と。
本当にありがとうございました。もし捕獲・手術の必要があれば、お手伝いに駆けつけます。

b0220664_22421686.jpg

副会長Kさんは仕事で参加できず。でも彼女が作ってくれたポスターは(NPOねこだすけさんのものを流用させていただきました)大変よく目立ち、役に立ちました。

その他、猫が迷子になったという相談もありました(本日、その猫は見つかったと相談対応したTさんから連絡あり。)また「うちの猫は年中発情している」「猫に牛乳を飲ませて大丈夫?」「黒目川沿いにも耳カットした猫がたくさんいるよ」など、猫話をしに声をかけてくださった方たち、楽しかったです、ありがとうございました。

亡くなったOさんの猫を保護してくださったTさん、Hさんもお顔を見せにきてくれて嬉しかった。ありがとうございます。

市議会議員の皆さまも、お立ち寄りいただきました。
S.Tさん、猫対策を真剣に考えてくださってありがとうございます。
S.Aさん。お忙しいところお立ち寄りくださってありがとうございます。
真っ先に、募金箱にお金を入れて下さったのはS.Nさんでした。本当にありがとうございました。

健康推進課のMさん、飲料の差し入れ、いつもありがとうございます。
水と緑の環境課、部長さん、課長さんをはじめ、職員の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。

朝一番から参加した会員Tさん、Kさん、Iさんお疲れ様でした。
Tさんも、昨年に引き続き、お茶の差し入れありがとうございました。
竹丘のTさん、梅園のKさん、そして東村山からお手伝いに来てくださったSさん、大変お疲れさまでした。おかげさまで、交替しながら環境フェアを楽しむことができました。

募金総額は6,816円でした。温かいお気持ち、励ましのお言葉に心より感謝いたします。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-05-22 23:13 | 活動 | Comments(2)

5月定例会(2012.5.21)

お知らせ遅くなりました。
5月19日(土)午後1時半~、5月定例会が開催されました。出席13名。

今回は、翌日の環境フェアについての話し合いがメイン。
初参加・入会希望者が2名。ありがたいことです。
「いつも来られるかどうかわかりません。」
「お手伝いもどこまでできるかわかりません。」

それでも良いのです。外の猫を2匹手術して世話している方も入会。
猫を守り、毎日餌を与えるだけで大変に違いないのですから。

猫のことで悩み、真剣に考えているもの同士が集まって、ああでもない、こうでもないと自分の胸のうちをさらけ出せる場所。ただし、感情を抑えて冷静に。お互いの立場を尊重して。それが猫耳の会です。

ただ、最近よく考えるのは、また、NPOねこだすけの工藤久美子さんがよく話していることでもあるのですが、「猫の問題は環境問題なのか、愛護問題なのか?」ということです。
心の中では、その二重構造に大変なストレスを感じることがあります。

「人間なんてどうなっても良い。猫だけが可愛い」と、言えたらどんなに楽でしょうね。
でも実際には猫も可愛いけれど、自分の家族や友人・知人だって大切。ご近所づきあいも大切。
見知らぬ人が道端で倒れていたら、しらんぷりして通り過ぎるなんてことはできません。
猫が倒れていても、それはできませんが・・・007.gif

心のバランスをとりながら、話し合い、活動していくことは実際大変なことではあります。それは強さなのか、弱さなのか。矛盾を抱えているのが人間なんじゃない??と開き直ることで、やっとこ、前に進んでいる状態です。とはいえ、猫耳の会は、今までもこれからも、環境問題として猫を考えるボランティア団体です。

そんな中、5月20日の環境フェアで、ちょっとした問題発生!?

最近、ひっぱり気味ですみません。環境フェアの様子はまた明日!
[PR]

by kiyoseneko | 2012-05-21 16:04 | 活動 | Comments(0)

相談2つ(2012.5.16)

今週2つの電話相談がありました。

①小学校の登下校“見守り隊”をしている男性から。
「近所の小学生が捨て猫を見つけて『どうにかしてほしい』と頼まれた。その子とその子の母親と3人で現場に行き、ダンボール箱に入った3匹の子猫を保護。誰かが飼ってくれると思っていたが、20人に電話してすべて断られた。団地住まいの上、家族が病気で医者から動物飼育は禁止されている。飼うことはできない。もとの場所に戻すことも考えたが、小学生の優しい気持ちと子猫の今後を考えるとどうしても外に放すことはできない。何か良い方法はないだろうか」

②東村山市の女性から。
「捨てられて衰弱していた猫に、昨年から3~4人でかわるがわる餌やりしていたが、いつの間にか自分一人になってしまった。このまま外で餌やりを続けたいが、今日突然、近くの家のご主人から、『5月末まで猫をどこかに連れて行かなければ、保健所に連絡して殺す』といわれた。あまりにも突然のことで動揺している。どうすればよいのでしょう」

電話を下さった方たちは、真剣に猫のことを考え悩んでいました。

このような電話を受けたとき、みなさんだったらどのように応じますか。

実際にどう答えたか、解決したのかどうか??
どちらの電話も30分以上の長話。
書くと、さらに長くなりそうなので、またいつか。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-05-17 21:38 | 活動 | Comments(0)

フラワーコンテスト(2012.5.13)

毎年恒例、清瀬市フラワーコンテスト。
清瀬駅前西友側、「きよせ猫耳の会」と表示されたプランター。
ぜひ見に来てください!!
b0220664_0364057.jpg
みんなでわいわい、レイアウトを確認。植えつける花の高さ、位置を真剣に考え中。

b0220664_0431643.jpg
完成!!バックの緑の草は、Yさんが昨年から育てていた猫草。

計画から花の買出し・選択、植栽と3日間がかりの大仕事でしたが、出来上がった作品にみんな大満足の1日でした。

Yさん、Tさん、Kさん、Iさん、お花の買出しに車を出してくださったIさんのご主人、そして植え付けの手伝いにきてくれた、いつも頼りになる男性メンバーのTさん、本当にお疲れ様でした。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-05-14 00:55 | 活動 | Comments(2)

まんまる困り顔の猫(2012.5.11)

b0220664_938292.jpg
保護されたばかりの猫。先住猫に「遊ぼう~」と誘われて、困った顔。
“小耳折れ耳”丸顔&まるっこい手足で、洋猫の血が混じっているようです。

一旦室内に保護され、駆虫等が終わっていたものの、一晩だけ外に出てしまったため、最初からやり直し。今日は検便予定。体調が不安定のため、里親募集は健康診断をきちんとしてから、また改めて034.gif
[PR]

by kiyoseneko | 2012-05-11 09:39 | 活動 | Comments(0)

駐車場の三毛ちゃんその後(2012.5.8)

副会長Kさんと、預かりのHさんの元で元気に過ごしている三毛ちゃん
駐車場にいた時の悲しげな顔とは大違い。

保護された外猫は薄汚れ、不信感に満ちた卑屈な眼つきの子が多いのですが、保護されているうちに、毛艶はピカピカ、表情まですっかり変わってきます。
それは室内飼育や美味しいご飯だけではなく、愛情たっぷりというお薬のおかげでもあるのです。

駐車場の三毛ちゃんは、保護されたあとも、ずっとお腹がゆるくて、どうしても治らなかったのですが、病院で検査したところ、以前は出なかった条虫が出ました。ドロンタール錠を飲んで、徐々に落ち着いてきたそうです。

今月15日からトライアルが決定。
とっても可愛らしく、いかにも三毛猫らしい三毛ですね。
Kさん、Hさん、ありがとうございます。三毛ちゃんにかわってお礼を言わせてね。
b0220664_13352913.jpg
保護当初よりもふっくらしましたね。美猫さんです。きっと幸せになれるでしょう。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-05-09 13:40 | 活動 | Comments(0)

ソマリ・ジョン君決定(2012.5.7)

飼育放棄されたソマリのジョン君。
わが道をグイグイ行くやんちゃ猫で心配していましたが、彼の全てを受け入れてくれるSさん宅に正式譲渡決定となりました。

わが家にいる間は気づかなかったジョン君の異常な口臭と糞臭を、お試し保育期間中にSさんママからご指摘いただいたときは、クサイ猫なんて嫌われてしまう・・・と出戻りを覚悟しました。

が、「口が臭くても、もし慢性疾患が見つかっても、ジョンはうちの家族、何があっても、ぜひこのままうちの子にしたい」と一昨日お電話いただき、涙が出るほど、うれしくて、うれしくて。

スリスリどころかグリグリと足元にまとわりついてくるので膝カックンになってしまうことも、寝息が大きくてフガー、ブヒブヒとうるさいことも、ソファーに体を長く伸ばして寝るため、人が座る場所がなくなることも、入ってはいけない部屋に扉を開けて入ってしまうことも、食べ物に異常に執着するためフードの与え方に工夫しなければならないことも、何もかもすべて、「全然気にならないし、苦にもならない。ジョン君から幸せをもらっている」と天使のようなお言葉。(ちなみにSさんママはホンモノの白衣の天使です。)本当の猫飼いとは、このような方のことかもしれません。

どうかジョン君を幸せにしてやってください。存在感があまりにも大きくて、わずか2ヶ月の保護期間でしたがこちらも情が移り、別れはつらいのですが、ジョン君の幸せはSさん宅にあると確信しています。猫カフェから元飼い主宅、元飼い主宅から我が家へ、そしてやっと彼の終着地点に到達しました。ジョン君、もうどこにも行かなくて良いんだからね。優しいご家庭で、どうかゆっくり過ごしてください。
b0220664_23253321.jpg
Sさん宅に移動して1週間後に送っていただいた写真。このリラックスぶりは・・・。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-05-08 23:35 | その他 | Comments(0)

2012.4月寄付金報告(2012.5.7)

4月のご寄付は以下のとおりです。(ご寄付いただいた方のイニシャルは「姓・名」)
合計32,000円
K.M様、Y.H様、ソマリ里親S.M様、メインクーン里親様

本当にたくさんのご寄付をありがとうございます。
これからも不幸な猫を救い、これ以上増やさないために、皆さまからの温かいお気持ちを真摯に受け止め、大切に使わせていただきます。

4月は募金箱の回収をしていないため、5月分とまとめて来月報告いたします。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-05-07 16:20 | ご寄付・募金の報告 | Comments(0)

でんちゃんトライアル中(2012.5.7)

飼育放棄された3匹の猫のうち、一番小さかった子猫でんちゃん(電池が切れそうな玩具のように鳴くので、保護主の副会長Iさんの娘さんがつけた名前)、やさしい里親さんの元でトライアル中です。副会長Iさんからのメール。

「でんちゃんは元気にしています。毎日Aさん(里親さん)から連絡が入ります。だいぶ慣れたらしくお腹撫でてもらってゴロゴロ喉鳴らしたりボールを追いかけて部屋中走り廻るそうです。
わんちゃんとは生活時間が違うのでまともに会ってないそうです。Aさんは「いいとこどりしてしまって、いいんでしょうか?」って言ってますか、私はありがたく思っているので、ぜんぜんです。このまま正式譲渡になるといいなと思います。」

でんちゃんは、一番小さかったので、お世話が大変でした。
一晩中鳴いていたり、元の飼い主宅ではご飯があまりもらえなかったらしく、Iさん宅の猫さんたちのご飯のお皿にすべて顔をつっこみにいったり。猫缶の空き缶を引っ張り出して、なめていたりもしたそうです。それを迷惑がるどころか、Iさんは「つらい思いをしていたのだから」とやさしく許してくださいました。動物を飼うということは、面倒を背負い込むことでもあります。でも、それを面倒だとは思わず、動物の立場になって考えることができる人、そういう人こそ、本当の動物好きなんだなあと、Iさんを見ているといつも思います。
b0220664_0462415.jpg
里親さん宅に到着したときのでんちゃん。緊張気味でしたが、今は遊んでもらって楽しく過ごしているようです。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-05-07 00:48 | 活動 | Comments(0)