<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

悲しい連絡(2012・3・29)

庭に来る猫の世話をしていたご婦人Oさんが亡くなったと、連絡がありました。独り暮らしでした。近県に住んでいる娘さんが訪れて発見したそうです。

Oさんとは、昨年、飼い主のいない猫対策セミナーの相談会で初めて会いました。
母猫・子猫、計3匹。これ以上増えないように手術してやりたいと大変熱心に捕獲の手伝いをしてくれました。近所に声をかけ、車が駐車できるように取り計らってくださいました。そのおかげで、安心して捕獲をおこなう事ができました。先日、会にもご寄付をいただきました。その後、母猫は行方不明に。子猫2匹の世話をずっと続けていたそうです。

まだ70代でお元気だったのに。
穏やかで優しい方でした。悲しくて、言葉になりません。
残された猫たちも、どうしているのでしょう。
猫を通じて知り合ったご高齢者が亡くなり、猫が残されるケースはこれで3回目です。最初と二番目の猫たちは、近所の人から餌をもらい、今でも元気でいます。

今回はどうなるのでしょう。
手術してくださったOさんの気持ちを考えると、あの子猫達が安心して暮らせる場所を見つけられますようにと願わずにはいられません。近所の猫好きさんたちが、今後、どうしようかと考えてくれているそうです。
b0220664_230657.jpg
b0220664_2361695.jpg

どこにいるの?お腹空いてない?不妊去勢手術をするのは、あくまでも人間の都合。生殖能力を奪われ、さらに飢餓に苦しむのでは、猫に、命に、もうしわけない。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-03-29 23:11 | その他 | Comments(0)

オス猫の手術依頼が続いています(2012.3.25)

3月に入り、猫の手術の相談が続いています。
特にオス猫の去勢。

未避妊のメス猫の発情に合わせて、オス猫は発情します。メス猫を求めて遠出したオス猫が、それまで平和だった餌場に突然現れて、居座るようになります。餌やりさんたちの悩みの季節です。

オス猫は去勢しても縄張り意識が強い子は、なかなかケンカをやめません。
「オスは弱くなるから手術しない」という餌やりさん・飼い主さんがいますが、強い子はもともと強いので、去勢してもしなくても、あまり変わらないように見えます。あるいは「どうせオスはどこかに行ってしまうから、去勢しない」という餌やりさん、これはあまりにも無責任ではないでしょうか?去勢しないから、メスを求めてどこかへ行ってしまうんです。そして他の餌場に迷惑をかけているのです。現に去勢したオス猫は、あまり遠出をしません。

ケンカが弱いオス猫は、餌場を守りたいために強い猫に立ち向かおうとして、後ろ足や背中、後頭部などを噛まれてボロボロになってしまいます。それも去勢手術さえすれば、闘争心そのものが少なくなるのか、逃げ回り、ケガの程度は軽くすむように見えます。

また「オス猫は去勢すると尿道が細くなり尿道結石になりやすくなる」という説がありましたが、尿石ができるのは体質や粗悪な餌によるもので、去勢そのものはあまり関係ないようです。

ありがたいことに、メスだけではなく、オスも手術したいという方が最近、増えてきました。
オス猫の尿、特にマーキングのスプレーは強烈なアンモニア臭ですが、去勢すれば和らぎます。
猫によるトラブルのほとんどが、鳴き声や尿臭被害ですから、オス猫の去勢はそのトラブルを減らすのに、大いに役立ちます。

10数年前に比べ、清瀬の野良猫は明らかに減ってきていると、ほとんどの人が口を揃えて言います。
本日も近所の団地から相談の電話が入りました。少しずつ、みんなの意識が変わってきているのを感じます。メスはもとより、オスも手術を。餌やりさん、猫の飼い主さん、ぜひよろしくお願いします。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-03-25 19:48 | 活動 | Comments(0)

平成23年度会計報告

歳入の部
1.前年度繰越金0円
2.会費23,500円
3.寄付金(募金)344,468円
4.雑収入16,763円
5.受取利息12円
合計・・・・384,743円

歳出の部
1.運営費
・印刷コピー2,708円
・消耗品2,579円
・セミナー手土産3,780円
・通信(切手)400円
・郵送(セミナーパネル返送)1,270円
・諸会費(活動センター登録料)2,000円
2.活動費(セミナー講師謝礼)10,000円
3.不妊去勢手術助成金105,000円
4.振込手数料3,360円
合計・・・・131,097円

差引残高253,646円は次年度に繰り越し
[PR]

by kiyoseneko | 2012-03-25 18:58 | 会計報告(年度) | Comments(0)

2012年3月・募金寄付報告(2012.3.23)

2012年3月の寄付・募金は、
募金箱3,000円、寄付金2000円(A.Kさま)、計5000円でした。

募金箱の中には、以前、お手紙を入れてくださった東村山「猫マニア様」が、募金3,000円と共に、再び、心優しいお手紙を入れてくださいました。子育て、お仕事もあり、今はなかなか手伝えないけれど、東村山市でもいつか飼い主のいない猫を増やさない活動をしたいとのこと、お隣同士の市ですので、ぜひ連絡をとりあって、行政との協働をすすめたいですね。よろしくお願いします。それまで清瀬でも会を継続できるように頑張ります。猫マニア様、本当にありがとうございました。

それから、募金箱の場所が増えました!
大衆酒場「かぶら屋」秋津店(東村山市秋津町5-12-1)の店長夫妻が、不幸な猫たちのためにぜひ募金に協力したいとお話がありました。小さいお店ですが、アットホームで、仕事帰りにちょっと一杯、にピッタリのお店です。募金箱を置きに行ってくれたIさんご夫妻も、ご主人がすっかり気に入って下さったそうです。ダシ粉と青海苔がかかった、ちょっとめずらしい黒おでんがおすすめです。会計でお釣りがでたら、ぜひ、レジ横の募金箱へ♪よろしくお願いします。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-03-23 08:22 | ご寄付・募金の報告 | Comments(0)

第1回総会(2012.3.17開催)

1.開会あいさつ
2.議長選任
3.平成23年度活動報告
4. 平成23年度会計報告
5.平成24年度活動計画(案)
6.平成24年度役員紹介
7.確認事項(会則、活動センターの利用方法)
8.議長解任
9.閉会

その後、懇親会となりました。
皆さまお疲れ様でした。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-03-18 21:07 | 活動 | Comments(0)

総会が無事におわりました(2012.3.17)

本日、午後2時より、清瀬市民活動センターで初めての総会を開催いたしました。
3月の卒業シーズンとも重なり、また、寒さ続きで体調を崩された方もいて、出席は11名でしたが、あいにくの天気の中、11名もの方が駆けつけてくださったことに心より感謝いたします。

また、活動センターの土金理事長から「初めての総会、おめでとうございます」とご挨拶いただき、大変うれしく思いました。多くの会は、1年目は盛り上がりますが、徐々に活気を失っていきます。当会もそのような傾向はありますが、打ち上げ花火に終わらせず、地道ながら、会を継続していきたいと考えています。ルーキーは2年目が正念場と思っています。

本日、話はどんどん盛り上がり、せっかくの総会なので会則を見直しました。

そこで以前からの懸案事項であった会の名称変更です。

今までの「飼い主のいない猫を考える会」にも愛着がありましたが、もっと親しみやすい名称、子どもたちにも覚えてもらえる名称を、ということで、2年目を迎えるにあたり思い切って変更いたします。今年度、副会長兼会計になったHさん(本当はKさんですが、ファーストネームでHさんといつも書かせていただいてます)の発案で、
きよせ猫耳の会となりました!!!

飼い主のいない猫を手術した際、耳に印を入れます。カットであったり、入れ墨であったり、以前はピアスもありました。その猫たちの大切な耳を、会の名前に借りました。と、同時に、色々な方たちの話に耳を傾けようという意味合いもこめました。(実は猫の耳は、いやなことがあったり、いやな音を聞くと後ろにピタッと閉じてしまうんですが、私達は、常に前を向いて耳を傾けていきます!)

今後とも、飼い主のいない猫を考える会、改め、「きよせ猫耳の会」をよろしくお願いいたします。
どうぞ「ねこみみさん」と呼んでください。活動目的、活動内容に変更はありません。

総会の内容は、また明日。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-03-17 18:40 | 活動 | Comments(0)

総会のお知らせ(2012.3.16)

すでにトップページにありますが、明日3月17日に総会を開きます。
午後2時から、清瀬市民活動センター大会議室です。

会計のHさんは会社の仕事も年度末で忙しい中、会計報告してくれます。
できるだけ明日、年会費をまとめてお支払いいただければ、幸いです。

東京都社会福祉協議会のボランティア保険についてですが、前回の定例会で、会の予算から保険料を出してもよいのでは?と言いましたが訂正します。ボランティア保険は任意なのと、別の団体で入っている会員もいて不公平が生じるので、加入希望の方は保険料(コースごとに300円、500円、700円)をご持参の上、明日、お申し出ください。なにぶん初めてのことで、話が二転三転して本当に申しわけありません。

市民活動センター理事長にも、お時間があればご出席いただく予定となっています。
清瀬市主催の「飼い主のいない猫対策検討会」で座長を務めていただいてから、すでに3年。
以前と変わらず、困ったときには相談に乗ってくださる御年87才のボランティアの大先生です。

総会を早めに終わらせ、その後は、わいわい、猫談義に花を咲かせましょう。
よろしくお願いいたします。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-03-16 11:58 | お知らせ | Comments(0)

清瀬市の動物行政 担当部署変更について(2012.3.14)

「市報きよせ」3月15日号をご覧になりましたか??
市の組織改革により、動物行政の担当部署の変更がありました。

緑と公園課が「水と緑の環境課」となり「狂犬病予防及び動物愛護」に関する事務の所管は「環境衛生係」に移行となりました。「動物愛護」と明記されているところが、うれしいですね。

また8ページ上部に「犬・猫の飼い主の皆さんへ」というお知らせが掲載されています。
最後に、健康推進課で掲載してくださったのでしょう。

「(散歩の際)犬はリードでつなぎ、フンは必ず持ち帰ってください」
「猫を飼う方は、交通事故・感染症などを避けるため、屋内で買いましょう」
「万が一にも迷い猫にならないよう、首輪などに飼い主の身元を表示し」
「繁殖を望まない場合は不妊去勢手術をしてください」

さらに「動物を捨てることは犯罪です。ペットを捨てることは絶対にしないでください」とあります。実に明解です。

健康推進課の皆様、今まで本当にありがとうございました。
担当所管が変わると聞いたとき、また一からの出直しになるのだろうかという不安に動揺してしまいました。組織変更や異動は、致し方ないことと十分わかっているのですが、一抹の寂しさはぬぐえません。

沢山の方々の願いと労力により積み重ねられてきた動物管理・愛護に関する市の姿勢が後退することはないと信じ、猫の会としての活動を変わらず継続していきます。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-03-14 09:23 | お知らせ | Comments(0)

衰弱した猫ちゃん保護されてます!(2012.3.12)

b0220664_22585976.jpg
b0220664_22575885.jpg

清瀬市と新座市の境、こばと幼稚園近くで黒白の成猫を保護したと、清瀬市内でTNR活動をしている方から連絡がありました。以前元町で行方不明になった猫も黒白だったので、連絡をとり、見に行ってもらいましたが、残念ながら別猫でした。

本日保護された猫は道路の真ん中で動けなくなっていたそうで、大変痩せています。
とても人懐こく、膝に乗ってきて甘えるとのこと、どう見ても元・飼い猫。
お心当たりのある方、いませんか???

逃げ出したり、迷子になった猫がいたら、どうか探してあげてください。
市役所、警察署、東京都動物愛護相談センター、埼玉県動物指導センター等へ届けておけば、帰れる可能性は高くなります。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-03-12 23:24 | お知らせ | Comments(0)

東日本大震災から1年(2012.3.11)

1年が経ちました。
誰もがそれぞれの思いを抱えていらっしゃると思います。

再び私事で恐縮ですが、あの日、大学受験のために東北へ向かった息子と音信不通になりました。
彼の乗った新幹線は、地震発生わずか数分前に、仙台駅を出発していました。
翌日昼まで連絡がとれず、11日の夜は携帯を握り締めるばかりで、一睡もできませんでした。

大きい地震が起こるたびに電話回線がパンクしたというニュースが流れます。
「もっと冷静になればよいのに」と、今まで醒めた目で見ていた自分を恥じました。

家族が行方不明になり、音信不通になるということは、こういうことなのかと思い知りました。
気が狂いそうな心配に、食事は喉を通らなくなります。
何をしていても頭の中には連絡のとれない家族が思い浮かび、今、何をしているのか、どんな気持ちでいるか、そればかり気がかりで胸がふさがります。

いまだにご家族が行方不明である方々の、なんと多いことか。
その方々は、このような思いをずっとずっと抱き続けているのです。

本日、市内にも黙祷のお願いとして防災無線が流れるそうです。
午後2時46分、皆さんで黙祷を捧げましょう。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-03-11 08:55 | その他 | Comments(0)