カテゴリ:猫の健康と病気( 101 )

カヤのこと(2018.9.28)

10数年前。
ある家の庭の縁石に雑巾。
いえいえ。
頭と前足をだらんと下げた、黒っぽい生後2ヶ月ほどの子猫が1匹。

それがカヤとの出会い。

その家は、不妊去勢手術もせずに猫を増やし続けていました。
その家の前では、猫がよく車に轢かれて死んでいました。
(その後、夜逃げ同然で猫をすべて置いて引っ越してしまいましたが、それはまた別のお話。)

死んでいると思って抱き上げた子猫。
ゆっくりした動きで頭を上げました。
その両目は真っ赤に腫れあがっていました。
b0220664_13204814.jpg
急いで動物病院に連れて行くと、「眼球破裂の恐れがあり、そうなったら眼球摘出」とのこと。
ひとまず目薬と抗生物質で様子を見るように言われました。

しばらくすると、片方の眼球の表面にぽつんと丸いふくらみができました。
なんだろう??と見た目の前で、パシャっと音が(したような気が)して、眼球から勢いよく水のようなものが飛び出しました。
眼球が破裂した!
痛みで死んでしまう!!

そう思いましたが、意外にも子猫は平気な顔。
病院に連れて行きましたが、眼球はちゃんと残っていました。
あの水のようなものはなんだったんでしょう??

その後、目薬をマメにさし続けました。
やがて濁っていた眼球がきれいに透き通ってきました。
一部、白濁が残りましたが失明せずにすみました。

カヤと名付けたメス猫は、家の中を縦横無尽に駆け回り、人間を柱か足場と見なして垂直にかけ上がるので、私の体は傷だらけでした。

そんなカヤも年を追うごとにおとなしくなり、美しい毛並みの猫になりました。
b0220664_13210616.jpg
それでも甘えん坊は相変わらず。

カヤを保護して1年後、その家の主は猫を置き去りにして引越していきました。
同じ場所から保護した花子が亡くなったのが昨年。

そして1年もたたないうちに、カヤが逝ってしまいました。
前のブログ「悪性リンパ腫と言われて」から10日後。7月11日の明け方でした。

昨年、肥満細胞腫を切除して安心していたのに。
こんどは腸に腫瘍がみつかり、転移もみられたので、積極的治療をせずに緩和ケアだけで看取りました。
強制給餌も受け付けず、最期までカヤらしく、可愛らしく、強気で、猫らしく。
病魔から解き放たれ、静かに旅立ちました。

[PR]

by kiyoseneko | 2018-09-27 13:29 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

茶々復活⁉︎(2018.9.5)

完全に食欲をなくしてガリガリにやせ細ってしまった茶々。

もうこのまま・・・と考えていましたが、口元にフードを持っていけば食べるし、外で生き抜いてきたたくましさがあるし、まだやれることがあるのでは?と、思い切って距離を縮めてみました。

今まで食べたことなかったはずなのに。
ちゅーるが大好きでした。
b0220664_22054583.jpg

網に入れないでも、抱っこして簡単に点滴もできるようになりました。

もう少し、一緒にいられるかな。

唯一の問題は、トイレの中で寝るのがクセになってしまったこと。

それならと、寝床用のダンボール箱を入れたら、そちらをトイレにして、やっぱりそっちで寝てる。

不思議な茶々ちゃんです。

折しも、もともと茶々が住んでいて、飼い主さんがお亡くなりになった後、空き家になっていたおうちの取り壊しが始まりました。

みんな思い出と共に消えていきます。
茶々の小さな命の灯。
いずれ燃え尽きるにしても、
今は救いの光です。

[PR]

by kiyoseneko | 2018-09-05 21:54 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

手からご飯を食べた茶々(2018.8.23)

茶々のことを書いたブログ→まるちゃんと茶太郎、そして茶々のこと
茶々の保護時はこちらのブログ→茶々婆ちゃんが来た~
保護後の経緯はこちらのブログ→野生猫・茶々との攻防

「野生猫」という言葉はもちろん比喩です。
全く懐いてくれないことに絶望したくなるぐらい、凶暴な猫でした。

点滴も一苦労。
ご飯を食べなくなると、頑として受け付けません。

先月、別の病気の猫を看取ったり、
17歳の老猫のボケっぷりに振り回されたり、
そんなこんなで、あんまり茶々を構ってあげられなかった。

ごめんね。

8月初旬の検査でもともと悪かった腎臓と肝臓の両方の数値がさらに悪くなっていました。
また毎日の点滴、強制給餌。
もう茶々はあまり抵抗しません。

そして、
自分の運命を知っているかのように、
手からご飯を食べてくれました。

ありがとうって、言うように。
こちらこそ、ありがとうだよ。

頑張らなくていいから。
無理しないで一緒に楽しく過ごそうね。
b0220664_12053748.jpg


[PR]

by kiyoseneko | 2018-08-23 12:09 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

野生猫、茶々との攻防(2018.7.10)

長年外で暮らしてきて、大怪我が元で保護された茶々婆ちゃん。
相変わらず、まったく馴れず、心を開いてくれません。
退院後、順調にご飯を食べていましたが、何が気に食わなかったのか、突然パタリと食べなくなりました。

2日間、食べた様子はありません。
腎臓が悪くて多飲多尿だったのに、器にたっぷり入れた水がほとんどそのまま。
このままでは死んでしまう!!
抱っこできない猫だけど、強制給餌開始です。

まず太目のシリンジにフードをたっぷり詰め込みます。
腎臓が悪い茶々にはk/d缶をほぼ1缶分。
b0220664_21084961.jpg

茶々は怖くなるとケージの中に入れたキャリーに逃げ込みます。
3段ケージなので、一番下に置いたキャリーに追い込むのが一苦労。
入ったところで、外側から扉を閉めます。
内側から猫パンチされるので、結構こわい…。
b0220664_21111283.jpg

入ったら、洗濯ネットを扉側にすっぽり。
こうなると、茶々は静かになります。
b0220664_21132230.jpg
で、ここから先は、撮影禁止。というか、全部一人でやってるから撮影できません。
簡単に書くと、洗濯ネットをかぶせたまま扉を開け、キャリーを立てて茶々をネットに落とし込みます。
茶々は完全に諦めモードで、素直にネットに落ちてきます。
(ネットに入ると気が狂ったように大暴れする猫もいます。このやり方は無理に真似しないで下さい。茶々の場合、一旦ネットに入れてしまえば、おとなしくなります)

茶々、不本意ながら、このような状態になりました。

b0220664_21205663.jpg
この後、洗濯ネットのジッパーを少し開け、首根っこをつかまえて、一番最初に用意したフード入りのシリンジを口の中にいれてブシューっ。
不思議なことに、茶々は、嫌がらずに飛びつくように食べてくれます。
(だったら自分から食べて下さい、と言いたい)

食べて、点滴も終わって、ケージの中に解放!!
生きるためとはいえ、ひどい目に合いましたね…。
とほほ顔の茶々。

b0220664_21340433.jpg

あの女、許せん…。
でもお腹はいっぱいになったのにゃ。ぺろぺろ。
b0220664_21353813.jpg
このような攻防を何日か続けた後、口元にフードを持っていけば食べることを発見しました。

ケージの外から、100円ショップで購入したマジックハンドのようなものを使い、またはケージの扉を少し開けてフード入りのシリンジを口元に持っていくと自分から口を開けるので赤ちゃんのように食べさせてやったりを数日・・・。

また突然、自分から食べはじめた茶々なのでした。

b0220664_21500761.jpg
こうして、野生猫、茶々との攻防はひとまず幕を閉じたのでした。

追記:この方法は茶々を緊急入院させてくれた動物病院の看護師さんから教わりました。茶々のせいで看護師さんは腕が傷だらけ。茶々を生かすために、、、。本当にありがとうございまきた。


[PR]

by kiyoseneko | 2018-07-10 19:49 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

悪性リンパ腫と言われて(2018.7.1)

犬や猫の看取りは、何度経験しても、慣れることはありません。
年をとって涙もろくなったぶん、つらいと思うことが増えてきました。

12歳になったカヤ♀。
リンパ腫で積極的治療はせずに緩和ケアになりました。

下痢が続き、血便になっていることに気付いたのが2週間ぐらい前。
多頭飼育の大きな欠点はトイレが共用であること。
排泄物の落とし主がはっきりするのは、いきむ現場を目撃したときのみ。

軟便があるとは思っていたのです。
でも違うフードに切り替えたばかりだったので、一時的なものだろうとさほど気にとめていませんでした。

カヤは昨年、肥満細胞腫の切除を行った直後は痩せて、その後、また太っていました。
それがまた毛艶が悪くなり、痩せてきたので、今年に入って健康診断したときは異常なし。
もしかしたら、その時がリンパ腫発症直後だったのかもしれません。

血便は徐々に真っ赤になり、吐いたものに血が混じっていたので、ただ事ではないとわかりました。
ヘマトクリット16パーセント(猫の正常値は30以上)の重度の貧血、しかも血小板ゼロ。
先生の触診で腸壁の肥厚が見つかり、内視鏡で内側から組織をとれば検査できるはずということで、大学病院に。

超音波検査で脾臓、腸、腹部リンパ節に異常があることがわかりました。
衰弱しているため、内視鏡は行わず、総合的に判断してリンパ腫の複数転移という診断。

通院・検査を繰り返し、カヤはいつも車の中で鳴き通しでした。
帰宅するとぐったりして食欲もなくなってしまいます。
通院治療の毎日は、カヤは望んでいないはず。
「積極的治療は行いません」とその場で決断しました。

リンパ腫には抗がん剤がきくけれど、肥厚した腸壁はボロボロになっていて、薄くなった途端、穴が開くこともあるそうです。
積極的治療しない選択は、そういう点でも間違っていないと大学病院の先生はおっしゃっていました。

完治しない治療で寿命が数ヶ月延びたところで、カヤにはつらいだけでしょう。

大学病院にいってから1週間。
ステロイドで炎症を緩和してやることしかできませんが、貧血は改善して食欲も少しは増しているようです。
みるみるうちに痩せてしまいましたが、体を大きく伸ばして寝ている様子を見ると、今はまだ体のつらさはさほど感じていないようです。
少しでも穏やかに楽しく過ごせるようにしてやることしかできません。

小さかったカヤ。
ある家の庭先でぐったり頭を下げて横になっていました。
その家はノラ猫に餌をやるだけで、増やして、死んでもそのままにしているような家でした。
死んでいると思って抱き上げると、両目が腫れあがり、眼球は真っ赤でした。
その家を何度もピンポンしたけれど誰も出てこない。

無邪気に眠そうにフニャフニャと鳴くカヤを、私は人から借りたエコバッグに入れて連れ帰ったのでした。
カヤはお転婆で、私の体を垂直に駆け上り、家中、ピョンピョン飛び跳ねる猫でした。
その後、保護した子猫の世話も積極的にしてくれました。

あれから12年。このような形で看病することになると思わなかったけど、カヤはきっと最後まで、可愛いお転婆カヤちゃんでしょう。
b0220664_16410758.jpg



[PR]

by kiyoseneko | 2018-07-01 16:45 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

茶々婆ちゃんが来た〜(2018.5.24)

野生猫、茶々婆ちゃん。

猫好きならわかる、
茶々婆ちゃんの気持ちの変化。

退院直後。
b0220664_11030581.jpg

1週間後。
b0220664_11035866.jpg

重度の腎不全。
いつも外で会うだけだったけど、
これから一緒だね。

[PR]

by kiyoseneko | 2018-05-24 11:01 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

猫の繁殖の季節到来!!(2018.2.12)

日陰のあちこちに溶け残った雪がまだ見られる清瀬市。
寒風吹きすさぶ中にも陽射しだけは春めいて、土の中からチューリップや水仙の芽が顔を出しています。

さあ、猫の繁殖の季節が再びやってきます!!

未手術の飼い猫は脱走してどこかで交尾して帰ってくるかもしれません。
オスだから関係ないというのは無責任です。
病気をもらったり、どこかのメス猫を孕ませているかも??
(知らぬは飼い主ばかりなり。)

飼い主のいない猫もメスは交尾すればほぼ100%妊娠します。
一回の出産で3~7匹誕生、この子猫たちも半年過ぎればまた交尾・出産。

オスは春になると餌場から突然行方不明になったり、
メスを追いかけて交通事故に遭うことが多いのもこの季節です。

不妊去勢手術していない猫の世話をしている方がいらっしゃいましたら、
できるだけ早めに手術することをお勧めします。

※市の「飼い主のいない猫不妊・去勢手術」一部助成金は4月から新たに再開予定だそうです。
 詳細は市役所にお問合せください。

※飼い猫は動物病院と相談の上、飼い主の責任で不妊去勢手術を行ってください。
 飼い猫の不妊去勢手術は飼い主の義務ではありませんが、飼い猫から生まれた子猫にも終生飼育の責務が生じます。
 捨てたり、外に出して飼うなど、飼い主のいない猫を増やす行為は絶対にやらないください。


[PR]

by kiyoseneko | 2018-02-12 12:46 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

肥満細胞腫が悪さする前に(2017.9.13)

ずっと前からカヤの右脇腹付近に、
小さく脱毛した箇所があることに気付いていました。

平べったいので針が刺せず、
病院では様子を見てくださいと言われていました。

ずっと大きさが変わらなかったのに、久しぶりに触ったら、、、

あれ?

膨らんでいる。
大きくなってる。

それでようやく針が刺せる大きさになり、肥満細胞腫とわかりました。

皮膚型は良性もあるけれど、
急に悪性化したり、
内臓に腫瘍を作ることもあるそうです。

早めに切除できたから、
予後は良好だといいな。
抜糸まで10日間。

服は窮屈かもしれないけど、
傷口を舐めるから脱げません。
いつもより、おしとやかなカヤの、
2パターンのファッションショー。
b0220664_01572698.jpg

b0220664_01572647.jpg




[PR]

by kiyoseneko | 2017-09-13 21:07 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

朝に来た、あさちゃんのこと(2017.8.28)

b0220664_16244983.jpg
先月、22日(土)、きよせの環境・川まつりの朝、保護された猫。
朝に保護したから「あさちゃん」と名付けられました。

病院に連れて行ってくれた保護主さんからの連絡は、脱水、腎不全、推定12~13歳の老猫ということでした。

きっとどこかから逃げ出して、帰れなくなっているのだと、周辺にポスターを掲示。
役所や警察にも届けて、飼い主さんからの連絡を待ちました。

元気になってきたあさちゃんについて、
とんでもないことが判明しました!

夜中に絶叫~~~~!!!!!!
それも、保護してくださったおうちのご家族みんなが寝不足になるほどの大声、大絶叫。

動物好きのご家族も、さすがにこれはたまらないと、、、、、。
保護放棄も仕方ないかなと思ったら、病院に相談して、動物用の精神安定剤をもらってきたそうです。

これで少しは軽減すると期待しましたが、効果はあまり思わしくなく、
レントゲンやエコーなど、さまざまな検査をして、どうやら関節炎などの体の痛みがひどくて眠れず、
鳴き続けるのだろうという結論に達しました。

そして、もうひとつ、結論が出たのは、
この鳴き声を理由に捨てられた、あるいは、追い出されたのだろうということです。(想像です)

飼い主から連絡がないわけだ。(推測ですよ)

そして、保護主さんいわく、
「もし飼い主がポスターを見ていたら、保護してもらってラッキーと喜んでいるかもしれないよ」と、
知り合いの方が話していたそうです。(推測でしょうけれど、人の真実を表しているかも?)

どこにも迷子の届出が出されていないのですからね。

「愛猫が行方不明になって、必死で探している人がいるかもしれない。早く知らせてあげたい!」なんて、
こちらの勝手な思い込みだったんでしようか?お人好しにもほどがあると言われてしまいますね。悲しい。

捨てられた猫は、自分が置かれている状況がわかりません。
不憫でなりません。
高齢で病気になった猫を遺棄することは、
どんなに正当化しても、許されることではありません。

ご自分が病気になって屋外に放り出されたら、
それは仕方がないと思えますか。

猫だって同じ気持ちなんです。
想像できますよね。

保護してくださったご家族に、心から感謝の気持ちをささげます。

そして、猫を飼っている方にお願いです。
猫も人と同じように病気にもなるし、老化現象もあります。
高齢になればなるほど、癌や慢性腎不全、糖尿病、認知症などを発症し、
完治できないことも多く、その場合は、苦痛を取り除く緩和ケアしかできません。

猫の心身の状態をよく見極めて、定期的な通院が必要になる場合がほとんどです。
猫にそこまでできないと、今から諦めている方は、少しずつ、猫のために医療費を積み立てたり、ペット保険に加入する努力ならできるはず。
どうか愛するペットのために考えてあげてください。

そこまでやれるか!というのであれば、
捨てて人に押し付けるのであれば、
どうか猫を飼わないで下さい。

猫は電池で動くおもちゃではありません。
癒しの道具ではありません。
SNSに投稿するための素材ではありません。

最期まで適正に飼育できないのであれば、
飼わないことも愛情です。


[PR]

by kiyoseneko | 2017-08-28 16:40 | 猫の健康と病気 | Comments(0)

しのぶちゃん(2017.3.21)

猫白血病と猫エイズ。
どちらも猫にとって恐ろしい病気です。

猫エイズだけなら完全室内飼育でストレスのない生活ができれば
一生発症せずに、天寿を全うする猫も多いそうです。

一方、猫白血病はウイルスが体内に入っても、自己免疫力で排除できることがあるそうですが、
成猫になってから検査して、猫白血病陽性と結果が出たら、マイナスに転じることはないということです。

そして、猫白血病は猫エイズよりも感染しやすく、感染した猫のほとんどが必ず発症すると言われています。

両方のウイルスに感染している猫を、ダブルキャリアといいます。

しのぶちゃんはダブルキャリアです。

初めて会った時、やせっぽちで、他の猫の中でひときわ小さかったのをおぼえています。
片目がつぶれた様になっていて、鼻水を垂らしていました。
明らかに病気でした。

不妊手術をするはずが、白血病陽性が判明。
さらに重度の貧血だったので、手術は一旦中止してもらいました。
そのまま外へリリースできず、室内で保護して、ご飯をたくさん食べさせて、
ようやく不妊手術というときに、今度は猫エイズにも感染していることがわかりました。

そして、今では、わが家の一部屋が、しのぶちゃんのお部屋になっています。

他の猫と遊べないのはかわいそうなので、
暖かい日に、しのぶちゃんにリードをつけて抱っこして、
外に出ようとしたら、
「どこに連れて行くの!! やだやだやだー!!」と
私にしがみついて、パニックになって、散歩はあえなく中止となりました。

外では屋根に上っていたという、お転婆ネコさんは、
今ではカーテンレールの上で満足らしく、
私が部屋に入ると、遊んで遊んで~とまとわりつき、
部屋から出ようとするとドアの前で、
行っちゃダメとばかりに、ゴロンと邪魔をするのです。

そんなしのぶちゃんも、いずれ病気が発症するのかと思うと、
つらくて、悲しくて。

ビロードのような毛並みになったフワフワのしのぶ姫を、
私はただ、抱き上げて、大好きだよと言うことしかできない。

いつまでこうやって、一緒にすごせるのかな。
一部屋占領されてしまった不便さや、
他の猫たちへの感染リスクの心配もあるけれど、
そんなことよりも、しのぶちゃんが幸せに過ごせますように。


しのぶちゃんと、できるだけ長く過ごせますように。
b0220664_23413659.jpg

[PR]

by kiyoseneko | 2017-03-21 23:41 | 猫の健康と病気 | Comments(0)