2012年 09月 16日 ( 1 )

9月定例会(2012.9.16)

昨日15日(土)市民活動センターでいつも通り例会を開催しました。
出席者10名。

1.市民活動センター9月27日開催「ボランティア入門講座」のお知らせ。
2.市民活動センター開催10月27日・28日、市民活動団体展示会・発表会への参加。
3.社会福祉協議会への助成金申請の報告。
4.市民まつりフリマ説明(説明会に参加したI副会長より)。
5.11月のセミナー準備の進捗状況。
6.その他、各会員からの相談、活動報告など。
会員が保護せざるを得なくなった病気・怪我の猫が増えています。
猫の保護には、多額の費用、時間、労力がかかります。当会では、会員の生活を守るためにも、猫の保護は会の活動内容にはしていません。猫の保護は自己責任・自己負担でお願いしていますが、保護せざるをえなかった会員には、会からも少額ながら一定額の援助を始めました。

ただ、不妊去勢手術の普及啓発こそが、不幸な猫、保護しなければならない猫を減らす第一手段であるということを常に念頭において、活動していきたいと思います。今の段階では、まだまだ、市内に猫の不妊去勢手術は浸透していません。これからも怪我や病気の猫はますます増えるでしょう。

蛇口を締めるのが先か、流れ落ちる水を掬い取るのが先か。
まずは蛇口を締めなければ、水はどんどんあふれ出ます。

さて、秋になり、市内では様々なイベントが開催されます。
清瀬市は小さい市ですが、多くのグループやサークル、市民団体が存在し、賑やかに独自の行事を開催します。都心に行かなくても、市内だけで十分楽しめる・・・という人もいるほどです。猫の活動だけではなく、色々なグループに顔を出して楽しみつつ、たくさんの人と知り合いになることで、それが(意図的にではなく)結果的に猫の輪、人の輪を広げることにつながります。

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋。そこに猫も加わって。楽しみましょう。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-09-16 09:21 | 活動 | Comments(0)