もうすぐ会報発行です!(2017.3.15)

今年度の最後の会報の編集がほぼ終わりました。

あとは最終校正とレイアウト修正を加えるだけ。

猫耳の会ができて6年目になります。
どうして会ができたのか??
その顛末をよくご存知の方に、特別に寄稿してもらうことができました。

最初から何もかもうまく行ったわけではありません。

地域猫活動が正しく理解されるには時間がかかります。

猫の保護活動だと誤解されたり。
熱狂的猫愛護家だと思われたり。

会の活動も、あっちへフラフラ、こっちへヨロヨロ。

でも最終的にはみんなで「人と猫とのより良い共生とは?」を話し合い、軌道修正しながら、各会員が様々な経験を積み上げて来ました。

「あんた、猫のボランティアなんてくだらないことやってないで、もっと人のためになる事をやれよ」と言われて、悔し涙を流した日々を思い出します。

野良猫、減ったでしょ。
猫の被害を受ける人も減りました。
不幸な猫を見て悲しむ人も減りました。
猫を巡って、人と人とが争う場面も減りました。

でも、人への被害は減ったけれど、不幸な猫は未だにいます。

そんな話をひっくるめて、
内容の濃い会報ができました。
18日発行の予定。
乞うご期待!

この活動は人のためなんですよ。
人が幸せじゃなければ、人社会で生きていく猫も幸せになれない。

いい按配で猫がのんびり生きている場所は、不思議と人ものんびり寛容で大らかです。





[PR]

by kiyoseneko | 2017-03-15 23:35 | Comments(0)