恐怖の白ゴマ(2016.6.20)

b0220664_13531445.jpg

6月18日のブログに載せたシノブちゃん。
ノミの駆除はほぼ大丈夫のようですが…

緑っぽいネトネトの鼻汁がまだ出ていて、
油断すると鼻の穴が詰まってしまって。
困ったな〜。

ということで病院に連れて行こうと思って、ふとみると、

b0220664_13531560.jpg

ケージの隅に何やらポツポツと。
まるで白ゴマのような同じ形のものが点々と。

ぎえ〜〜〜〜〜〜‼︎‼︎‼︎‼︎

これは間違いなくアレです。
アレ、アレ、アレ。大嫌いなアレ。

条虫、いわゆるサナダ虫。
そのカラダの節がプチプチ切れて、お尻から次々と出て乾いたものに間違いありません。

で、集めたらこんなにありました。
b0220664_13531660.jpg


病院に連れてって先生に確認したら、間違いなく条虫でした。条虫専用の駆除薬を投与してもらい、まずは一安心。

昔、ノミと条虫の関係を詳しく教わりましたが内容は忘れてしまいました。

とにかくノミは条虫の宿主なので、ノミの駆除を怠ると大変なことになるよ!ということです。

サナダ虫は人にも寄生するし、ノミは人を刺します。駆虫は大切!そう覚えておけば間違いありません。

シノブちゃんは虫だらけで、ウイルス感染してて、踏んだり蹴ったりです。

こんな子達を増やさないように、とにかく猫には不妊去勢手術を徹底させるべきと、改めて思います。
[PR]

by kiyoseneko | 2016-06-20 13:33 | 猫の健康と病気 | Comments(0)