昨日の新聞に(2016.5.30)

最近、猫ブームに乗って猫に関する様々な情報が流れています。

昨日の朝日新聞朝刊にビックリ!
喜びのビックリ!

タイトルが目にどーんと飛び込んできました。

「子猫 救うには」。

これこれこれ!
まさにこれを広めて欲しかったんです‼︎

今後、子猫の保護に関して説明する必要はなさそう。この記事のコピーを渡せば済みます。記事の署名は「誰が犬を殺すのか?」の著者の太田匡彦記者。

子猫の相談は「拾いましたので引き取ってください」(昨年はうちの前に知り合いが置いていったこともありました)、「庭に野良猫が産んでしまった」が多いです。

最悪なのは「餌をやっていた野良猫が産んだので公園や川に捨てた」「どこかの野良猫が庭に産んでいて、居着かれたら困るし増えると困るので子猫だけとりあげて捨てた」。これ、遺棄犯罪になる恐れ大アリです。

さらに、もう少し良識のある方になると「子猫が捨てられていたので警察や行政に通報しました」があります。でも乳飲み子は世話に手間がかかるので、役所に引き取られたらほとんどが殺処分になります。あとから「返して」と言っても、まず不可能です。

そうなる前に、子猫を救うには??
これが当たり前の世の中になってきたのですね。世の中全体が小さな命を大切にする事を考えれば、一部のボランティアが苦労する事もありません。

記事には「またたび家」の代表さんや、野良猫の手術でお世話になっている動物病院の先生方のコメントも載っています。

何よりも大切な親猫の不妊去勢手術のことも説明してあります。これをしなければ、子猫だけ保護しても同じ繰り返しになりますね。

朝日新聞デジタルでもご覧になれます!
b0220664_12363589.jpg



[PR]

by kiyoseneko | 2016-05-30 12:35 | その他 | Comments(0)