ハナちゃん(2012.10.17)

3年前、清瀬市内の団地住民の車のエンジンルームに2匹の子猫が入り込みました。
2匹は複雑な機械にからまり、それに気づいた近所の人たちがレスキュー隊を呼びました。
1匹だけが助かりました。それがハナちゃん。
b0220664_22505252.jpg

団地の中で保護できる人がいなかったので、我が家に連れ帰りました。
機械油が体中にこびりついていましたが、時間がたつにつれ、ふわふわの猫になりました。

ご縁あって、大変優しいご家族のもとに行くことができました。
一度は「ハナが玄関から脱走して行方不明です!!」という連絡が入ったこともありましたが、懸命に探してくださって無事帰還。それも懐かしい思い出です。

久しぶりにハナちゃんの里親さんから連絡がありました。
「ハナが新聞に載りました!」
その日の朝刊の片隅に、可愛い顔が・・・。
b0220664_2256498.jpg


里親さんからのメールによると、今度は動画に挑戦だそうです。
清瀬生まれの、スター猫が誕生する・・・かも???
b0220664_22584662.jpg
これがあの小さかった子猫だと思うと、感無量です。猫の保護は、金銭的にはもちろん、体力的・精神的にも大きな負担がのしかかります。それだけに、よい里親さんにめぐり合ったときの喜びはひとしお。さらに、里親さんからのお便りには、いつも力づけられます。(写真提供Nさん)

追記:ハナちゃんのレスキューに関わった方から、この記事を読んで「ハナちゃんは間違いなくボスの子。目がそっくりで懐かしかった」とお話がありました。ボスとは長年に渡り、その界隈を縄張りにしていたオス猫でした。その周囲の子猫は、すべてといってよいほど、ボスの血を受け継いでいました。大変強いオス猫でした。他の猫たちはすべて不妊去勢手術しましたが、ボスは高齢でもあり、また、他のオス猫が流れ込んでくるのを防止するためにも去勢はしませんでしたが、昨年、交通事故で亡くなったそうです。長年同じ場所を縄張りとして、危険な場所も分かっていたはずですが、こういうことがあるのですね。公園の真ん中で、他の猫を捕獲したり、リリースしたり、人がバタバタと動いている中、ゆったり堂々と座っていたボスの姿を思い出します。ボスの血筋は確実に、他の猫たちに受け継がれているんですね。
[PR]

by kiyoseneko | 2012-10-17 23:11 | 里親さんだより | Comments(0)