迷子犬が収容されています(2012.8.31)

清瀬市から犬が収容されています。
おそらく迷子犬と思われます。
マイクロチップが入っているようです。

お心当たりの方、どうか連絡してください。
いずれ自分から帰ってくるだろうと思うかもしれませんが、東京都動物愛護相談センターでは、収容された犬や猫は、7日間の公示期間を過ぎれば、飼い主や引き取り手がない場合は、殺処分となります。

一旦飼いはじめた犬を、飼い切れないからと飼育放棄してしまう人もいます。
きゃんきゃん鳴いてうるさいとか、粗相をして家が汚れてしまうとか、子どもがアレルギーになってしまったとか。それは、犬のせいではありません。

「犬との楽しい暮らし」とか、「可愛い犬に癒される」とか、「驚くような賢い犬」とかがテレビに登場して、憧れを抱くこともあるかもしれません。

でも、それは飼い主さんのきめ細かなケアがあって、初めて実現することです。
動物を飼うには、時間も場所も費用もかかり、知識も経験も、そして何より忍耐が必要です。
「最初から飼わない」選択が、動物への愛情であることもあります。

今回収容されたワンちゃんは、きっと可愛がられていた子だと信じたい。
飼い主さん、どうか急いでください!!!
[PR]

by kiyoseneko | 2012-08-31 23:42 | お知らせ | Comments(0)