きよせ猫耳の会について

東京都清瀬市内で、飼い主のいない猫を増やさないように、市と地域住民との協働で、TNRの推進や、地域猫活動の普及啓発を行っているボランティアの会です。

会では市外での活動は行っておりません
※猫の問題は地域の問題です。お住まいの地域の方々や自治体〔行政)に働きかけ、協力しあって問題を解決することをお勧めします。

※おすすめHP
 ●Chiiki-neko
 ●ぜんこく犬猫助成金リスト
 

※清瀬市内の飼い主のいない猫への不妊去勢手術助成金
市の「飼い主のいない猫・不妊去勢手術助成金交付」については水と緑の環境課に直接お問い合わせ下さい。042-497-2099(直通)
清瀬市公式ホームページ


【きよせ猫耳の会参加イベント】
■10月21日(日)きよせ市民まつり無事に終わりました。
 ご来訪くださった皆様、ありがとうございました。

11月3日(土・祝)野良猫・飼い猫対策セミナー 終了しました!
報告はこちら→

■11月10日(土)きよせふれあいまつり
今年も「きよせの猫写真展2」終了しました。
報告はこちら→


【猫譲渡情報】
◎子猫3匹兄妹募集中→詳細ブログ
◎目に障害のある子猫。飼い主募集中!
正式譲渡決まりました。



◎猫を飼おうと思っている方におすすめ→動画「ボクの家にネコがくるよ」(東京都)


【清瀬市近隣の譲渡会】
●NPO法人キャットサポートさん→ブログ
●東久留米HAS→ブログ

【猫耳の会からのお知らせ】
定例会は毎月第3土曜日
次回定例会は12月15日(土)午後1時30分~
開催場所は、きよせボランティア・市民活動センター(上清戸2-6-10)です。
活動目的や内容、会費等の詳細は、「会則」をご覧ください。

※フェイスブックページはFacebook に登録しなくても誰でもご覧になれます。



【お願い】

※会には猫を保護できるシェルターがないので、猫の引き取りはしていません。また里親探しの協力(ポスター作成、ブログ掲載)は、猫をご自分で保護して責任をもって里親募集できる方に限らせていただいております。ご了承ください。

☆トップ画面は必要応じて、随時更新しています。
☆このブログは今後、会員からの投稿(最後に署名をイニシャルで表示)を含めて適宜更新していきます。
☆リンクはフリーですが、ブログの文章の転用はご遠慮下さい。

★きよせ猫耳の会では、市の助成金対象外の飼い主のいない猫への不妊去勢手術を「どうぶつ基金」様のチケットで実施しております。


[PR]

# by kiyoseneko | 2018-12-31 00:00 | お知らせ | Comments(0)

終生飼養ということ(2018.12.7)

清瀬に来て、数年経った頃の話。
当時の清瀬は、あちこちに猫がいました。「猫を飼いたければ、そこらで拾ってくればいい」。そんな感じでした。

2003年頃、近所をウロウロしていた猫。
b0220664_14345051.jpg
フケのような白い粉は体毛にびっしり付いたシラミでした。首に赤黒いできものがあるので毛をかき分けてよく見たら吸血して膨らんだマダニでした。

ガリガリに痩せ、よだれを垂らしていましたが、去勢済みで人懐こく、明らかに飼われていた猫でした。

当時は猫ボランティアのイロハのイも知らず、警察や役所への通報は近所の友人がすべてやってくれました。

地域の情報誌や市報に「迷い猫を保護しました」と載せてもらいましたが、飼い主は現れず、そのまま我が家の飼い猫になりました。(当時はスマホもSNSもありませんでした。)

血液検査でFIV(猫エイズ)陽性が判明していたので、他の猫から隔離して、何度も通院を繰り返し、数年後、様々な病気を併発して亡くなりました。

初めて看取った保護猫でした。
移動火葬車で、「飼い主さんの手で点火をお願いします」と促されるまま赤いボタンを押すと真っ赤な炎が丸い小窓から見えました。立ち上がれなくなるぐらい号泣して、体の半分が引きちぎられるような痛みを感じました。

みじめな姿で捨てられていたことが不憫で、ありったけの愛情を注いだつもりでしたが、助けられませんでした。

ペットは家族、とは、言葉だけではないはずです。一度飼い始めたら、最期を看取るまで大切にする。それが飼い主の責任であり義務であり、ペットへの最大の愛情の証です。

猫がどんな病気になっても捨てないでください。あんな惨めな姿で捨てられる猫を増やしてはいけない。

[PR]

# by kiyoseneko | 2018-12-07 08:15 | 猫・飼い方 | Comments(0)

猫対策・会の活動と転換点(2018.12.5)

先日、I会長と、会ができたばかりの頃の話をしました。
当時はみんな何をどうすればよいのかわからず、ああしよう、こうしようと、猫について話せるだけで楽しい時代でした。

7年経って、当時からの会員さん、そして猫たちにも大きな変化がありました。
会の方針と合わないからと退会したり、家庭の事情で来られなくなったり、副会長Kさんとのお別れは今でも信じられません。
TNRを手伝わせていただいた現場の餌やりさんが施設入所したり、お亡くなりになったケースも数え切れません。
もし当時の餌やりさんと今も会えたなら「まだ猫のことやってるの?あの時の猫はいないし、もうそろそろ、いいんじゃない?」と言ってくれるかもしれません。

7年前は、猫の話をしただけで「猫好きの変わり者」と白い目で見られる時代でした。
困っている人が沢山いるのに誰もやらないから自分達でやるしかない!という意気込みがありました。
今は「誰でもできる活動」「地域で協力し合う必要な活動」であることが周知されてきました。

そう、誰でもできることなんです。
会ができるずっと前から、TNRをやっていた人は沢山いました。
ただ、みんなが隠れてやっていたから「点」での活動でしかなく「面」として広がっていかなかったのです。
行政の理解やサポートも得られないままでした。もったいない!!

今は点と点がつながって輪ができて、面になりつつあります。
「猫に餌をやるなら不妊去勢手術」という「認識が常識に」なってきています。
これが清瀬全域に広がれば「会の目的は完了」です。

さらに欲を出せば、清瀬と隣り合う自治体(東村山、東久留米、所沢、新座)に広がれば、それで良いのです。
すでにそれぞれの自治体で猫対策が始まっています。

会はノウハウを正しく伝える役割を担っています。
時には立ち止まり、我慢して、地域に住む人の持つ力を引き出すことを考えています。
なにもかも「やってあげる」ことはボランティアではないからです。

それでも不安なのは、清瀬市の高齢化率は30パーセント近く、全国平均よりも高いということです。
ペットの適正飼育が、徐々に困難になる家庭が増えつつあります。

行き場のないペットの飼育を誰が引き継ぐのか。
飼い主のいない猫の問題から始まった会の活動。
転換点に来ています。

写真は平成24年に発行した会報第一号。
現会長と旦那様が作ってくれました。
シンプルですっきりしていましたね。
ロゴを作ってくれたKちゃん、お元気ですか?
b0220664_10422964.jpg
b0220664_10444091.jpg

[PR]

# by kiyoseneko | 2018-12-05 11:03 | 活動 | Comments(0)

新座市の飼い主のいない猫対策セミナーに参加(2018.12.2)

昨日は新座市の飼い主のいない猫対策セミナーに参加しました。

一般市民の方による個人開催です。講師依頼、日程調整、会場確保から広報、資料印刷、当日準備に片付け。どれほど大変だったかと思います。(新座市は後援)

7年前に清瀬で初のセミナーを開催した時と同じ講師陣だったので懐かしく、また、当時の迷いや痛みを思い出していました。

人が集まってくれるのか、講演内容をどう受け止めてもらえるのか、考えると眠れず、当日はふらふらになりながら奔走したのも、今は懐かしい思い出です。

今回、会場が新座駅近くだったので駅から歩いてみました。線路沿いに広がる自然が多い広大な風景。駅前は整備された道路と高層の建物。とにかく広い。清瀬とは比べものになりません。

新座市の議員さんによると、新座は住む地域によって利用駅が違うので、生活圏がまちまちなのだそうです。

新座駅、志木駅、朝霞台駅、北朝霞駅、清瀬駅、東久留米駅、、、。

その為、なかなかまとまらず、一つの対策を徹底するのは難しいそうです。

限られた団体やボランティアの手で新座市全域にいる猫のTNRをサポートするのは不可能です。

もともと地域猫活動は自分が住む地域での活動です。新座も近所同士でTNRを進めている地区があります。その成功が少しずつ広がれば大きな輪になります。

猫が外にいる事が悪いわけではなく、猫による被害が問題です。被害には糞尿や鳴き声など可視化できるものだけではなく、空腹で劣悪な健康状態の猫を見るのがつらいという心的外傷もあります。

猫に関するトラブルの原因は、元を正せば「猫の増えすぎ」。
前からこのブログ内でもずっと言い続けています。
それが原因で住みづらいと感じるなら、地元の方々が自主的に行動し解決してほしいと思います。こんなことを書くこと自体、大きなお世話かもしれませんが、解決のノウハウがほぼ確立してきたからこそ、それを紹介することが猫対策セミナー開催の一番大きな意義だと思います。

昨日は計40数名もの参加があったそうです。行政の方々も参加しておられました。民間の方が個人でセミナー開催を頑張ったのですから、今後は市の体制が整うことを期待しています。

誰も何もしてくれないと嘆く前に、今回の主催者のように、セミナー開催を最初の目標としてお住いの行政に働きかける事もできます。

セミナーには他の自治体からも参加があり、自分の町で開催するセミナーの下調べをしている方も多く見受けられます。

勇気を出して。
第一歩を。

本当にお疲れ様でした。
b0220664_15140124.jpg
開催準備前の写真です。ここからたくさんの方々が集まりました。







[PR]

# by kiyoseneko | 2018-12-02 12:45 | 地域猫・TNR活動 | Comments(0)

明日、新座市で猫セミナー開催!

明日12月1日(土)午後1時半から新座市で飼い主のいない猫対策セミナーが開催されます。

主催者は新座市に猫対策を広めたいと願って数年前から各方面に働きかけてきました。

その道のりは険しく、何度も挫折しそうになりながら、ここまで頑張ってきました。

自分が住む街で、何もないところから新しいことを始めるのは大変なことです。

新座市の皆様、猫に困っている方、どうすれば良いのか悩んでいる方、ぜひご参加ください。

誰かにやってもらえるのを待つのではなく、セミナーを聞いて、それぞれお住いの地域のみんなで考える。

まずはそこから始めてみませんか。
b0220664_08442740.gif






[PR]

# by kiyoseneko | 2018-11-30 08:21 | お知らせ | Comments(0)